恋愛経験値デトックスに最適

 キスシーンこそあるものの、ピュアさゆえのクリーンさにこっ恥ずかしくなります。もちろん、そこにはエロさやセクシーさはありません。
つまり、大人の恋愛としては普通に存在する行為がこの映画の中にはありません。意識的にではなく、自然と存在しないのでしょう。ある程度の恋愛を経験してくると、このクリーンでピュアで下手くそな駆け引きにむしろ好感が持てると思います。

たけうちんぐ at home 映画 (C)2015 映画「ヒロイン失格」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

 恋愛だけでなく、仕事や家事などでも経験値が積まれてくると無意識に物事を難しく考えるようになります。「男って◯◯」や「女って◯◯」、「これだから男は」「これだから女は」など、自ずと割り切りや価値観をあなたの判断基準に加えていませんか。
それは人生をより良く生き抜くためのプラス思考でもありながら、目の前の人を自らが設定した色眼鏡で価値判断してしまう危険性も伴います。

 映画『ヒロイン失格』の登場人物たちにはそれがありません。一見クールに見繕っていても心の弱さが透けて見えてくるし、弱い自分を装って心配をしてもらおうとするあざとさもバレバレ。
傷ついて流す涙、求める人の温もり、認めてほしいという欲求。そういった溢れる感情に触れることで、私たちがかつて経験したピュアな思い出を呼び起こしてくれます。
つまり、あなたがどんどん積んできた恋愛経験値をデトックス、浄化させてくれるパワーも秘めているのです。

前後の連載記事