死に物狂いで求めた愛でも不安は拭えないなら…/『女子をこじらせて』雨宮まみ×『世界婚活』中村綾花(2)

 日本から単身『世界婚活』後、フランス人と国際結婚しパリに住んで3年目の中村綾花さんと、新刊『ずっと独身でいるつもり』が大好評のこじらせ女子コラムニスト雨宮まみさんの対談が下北沢B&Bで行われました。
その模様を第3回にわたってレポートします!
日本にいると自分らしくいられない、恋愛がうまくできない、という方、今回はぜひ全部読んでみてくださいね!

 第1回「で、ぶっちゃけ女子の幸せって何?」もあわせてどうぞ。


自分が本当に求めていたものがわかった!

雨宮まみ 中村綾花 世界婚活 ずっと独身でいるつもり? B&B イベント トークイベント 独身 海外旅行
左から、中村綾花さん、雨宮まみさん

中村綾花さん(以下、敬称略):私は日本にいた頃、結婚するなら非難されない人と…という考えにすら及んでなかったですね…。雨宮さんが、『だって、女子だもん』の中で「こじらせ女子ヒエラルキーの図」を考えていたじゃないですか。
私はその中でも「ボロ雑巾」だったもので…。

雨宮まみさん(以下、敬称略):「ボロ雑巾」ってカテゴリないですからね!(笑)

中村:いやあもう下の下だったんですよ。相手にもされなくて。真ん中のほうはセフレといってもセックスできてるじゃないですか。私なんて見られてない、ゆるふわしかモテないって本気で思ってました。私の心の居場所はないんだと。

雨宮:「パリに移住して結婚」と聞いて、もうしがらみから解脱されたんだと思っていたのですが、お話をうかがってるとそうでもないんですかね?

中村:パリでは大丈夫なんですけど、日本に帰ってくると独身時代の気持ちに戻ってしまいますね。
パリはでかい帽子かぶっている宗教の人がいたり、アフリカ系の布を巻いているおばちゃんがいたりと、まぎれられる感じがするんですよね。色んな人がいて、私はその中の一員なんで、「ああ目立ってない!」みたいな。安心するんですよね。 あとは肯定してくれる旦那が家にいますし…ってこういう話するとやっぱみんな「ケッ!」って思うのかな…。

雨宮:その突っ込みやっぱり常に入りますね!(笑)独身時代の中村さんが常に今の中村さんを見ているんですね。

中村:そうなんです…だから怖くてブログも更新できず。
幸せで申し訳ないって思っちゃうんですよね。実際はものすごく貧乏な暮らししてますけどね!隅っこで…。

雨宮:でも、幸せなんでしょう?

中村:はい…。もう自分が何がほしいかはっきりわかったので。「男に愛されて肯定されたい」ってね。
こんなこといったらまだそんなこと言っている女がいるのかって言われそうですけど、それが私なんですよ。貧乏でもなんでも、死に物狂いで愛を求めたので。

雨宮:ひとつ気になっているのですが、死に物狂いで追い求めた愛は持続するんですか?持続させるために、何か努力はしてますか?

中村:やっぱり相手は外国人なので、何考えているか完全にはわかりませんね。
まあ、男と女という時点でわかりあえないので、理解できないし、外国人ということで余計わかんないですよ。だから、こんなに毎日毎日「猫ちゃん」って言われて可愛がられていても、いつか私のことを急に切ってしまうのでは、というのは常にありますね。
でもそれを言ってしまうと結婚しても何してもずっと幸せ探しになってしまうのでね…。

雨宮:猫ちゃん…! あまり疑っていても不幸を呼ぶだけだから、不安は切り捨てて、目の前の幸せに集中するということでしょうか。

中村:そうですね。過去の自分も結婚したいってさんざん悩んでいましたけど、「いやもうその先にもっと色んなことがあるから…」って。結婚しても、一人になるかもしれないという不安はなくならないんですよね。