今から10数年前の社会人になりたての話


OLIVIA:今から10数年前の社会人になりたての頃、引っ越しをしたんですけど、そのときに、当時の男友達三人に手伝いを頼んだんですね。
それで夕方になって新居に移動して、まだ電気がついてなかったから薄暗くなってきて。
私が友達の一人に「懐中電灯がそこらへんにあるからつけて」って頼んで、友達が皆の前でパッと出して、カチッとスイッチを入れたんです。
そうしたら、うぃ~んうぃ~んって動き出して(笑)。
懐中電灯ではなく、当時の私のデビューバイブ、ラビットミントっていうバイブレーターだったんです。
それが動き出してしまったんですね。

 しかも、その取り出しちゃった男の子はたぶん女性経験もあんまりなさそうな、うぶな子だったんですよ。
それで、まさか使用済はカミングアウトできないから、「最近買ったんだけど、それまだ使ってないよ」って言って、とりあえず恥ずかしいから取り上げて、「でもね、今のバイブレーターって色んな種類があってね。クリトリスの方は6種類、本体の方は、この3種類の動きがあるんだよ」って説明してしまって。
「あ~本当にやだ」って思いながら、引っ越しソバを食べて解散しましたね(笑)。
そういえば、みなさんバイブレーターの保管場所とか処分とかどうしていますか?

Betsy:私はガムテープで形が分からなくなるまでくるくる巻いて、袋も何重にしてから捨てています。
昔は、エロ本とかはガムテープで分からないようにして、近くのコンビニとか、電話ボックスに入って、さっと置いてきたりしていました(笑)。

遠藤:たまになんでこんな所にエロ本がって思っていたんですけど、それってBetsyさんみたいな人が置いていたんですね(笑)。
私は、実家にいたときに、地域のごみ袋が透明だったので、ガムテープか、グッズ事態をバラバラにして捨てるんですけど、やっぱりディルドとかちんこを切っているみたいでいやですよね。
「痛い~」って思うじゃないですか(笑)。
エロものをどこに捨てるかって永遠のテーマですよね。