• love
  • 2017.03.24

あなたは50年後どうしていたい? 結局、最期はみんな 「おひとりさま」

「50年後の自分=グランドマザー」、あなただったらどんな姿を想像しますか?

おひとりさまのゲームの規則 チェコ好き
by Hernán Pinera

 今はおひとりさまかもしれない私や読者のみなさんも、いつかは結婚ないし生涯をともにするパートナーを見つけて、その人と一緒に老いていく道を選択することもないとは限りません。
そして、私はそんなみなさんにぜひ聞いてみたいことがあります。もし、最愛のパートナーと「最期」まで一緒に過ごすことになったとき、あなたはパートナーを残して先に死にたいですか?それともパートナーに先に旅立ってもらい、自分はその後も生き残りたいですか?私はこれを、男女関係なくいろんな人に聞いてまわってみたいなあと常々思っているのです。

 婚活したり、恋愛したり、結婚して家族になったりしている間はすっかり忘れているけれど、基本的にはどんなに大切なパートナーであっても、同じタイミングでこの世を去ることは難しいです。必ずどちらかが先に旅立ち、どちらかが後に残らなければなりません。
そして現在の日本の平均寿命を考えると、私たち女性が「後に残る」立場になる可能性のほうが、圧倒的に高いです。
未婚だ既婚だ、子ありだ子なしだ、モテるだモテないだと日々喧々諤々とマウンティングをくり広げているけれど、なんてことはない、「最期」はだれだってみんなおひとりさまです。あの世にはだれも一緒に来てくれないし、何も持っていけません。

 ちなみに冒頭の質問に自分で答えるならば、私はパートナーには先に旅立ってもらって、自分はその後を悠々自適におひとりさまで過ごしたいなあと思っています。
自分が先に死んでしまったら、パートナーのその後が心配で心配で成仏できません。私はおひとりさまでもやっていけるけど、彼にはちょっと無理なんじゃないかなーなんて、余計なお節介をつい焼いてしまいます。まあ、とはいいつつも残念ながら死期は自分でコントロールできないんですけどね。

「50年後の自分」を想像してみてわかる男女差

おひとりさまのゲームの規則 チェコ好き やなぎみわ―マイ・グランドマザーズ
©やなぎみわ―マイ・グランドマザーズ

 さて前置きが長くなりましたが、今回はみなさんに、やなぎみわさんの『マイ・グランドマザーズ』という写真集を紹介したいのです。インターネット上で公募した女性モデルに、「50年後の自分=グランドマザー」を想像してもらい、それを具現化した作品集なんですが、このグランドマザーたちが個性派ぞろいで、見ていてまったく飽きません。
森のなかに1人寝転がり、静かに耳を澄ますおばあちゃん。SM女王を引退し、新たな女王となりつつある若い女の子に説教をかますおばあちゃん。遠い国の占い師になって、村の娘たちの凡庸な将来を当て続けるおばあちゃん…
…だいぶ妄想が入っていますが、どんな内容であれ想像するだけならタダだし犯罪にもなりません。

 この写真集についてある学芸員の方は、もしこれが「マイ・グランドファザーズ」という男性モデルを主体とした作品集であったら、ここまで多様で面白いものにはならなかったのではないかと話していました。男性の想像する50年後というのは多くの場合、「どこぞの大企業の社長になって、妻や娘や孫に囲まれて裕福に幸せに暮らす」とか、平凡なものに収束していってしまうのではないかと。
いわれてみれば確かに、男の人が妄想のなかでおじいちゃんとなっても、髪の毛を真っ赤に染めて若い恋人とタバコを片手にツーリングしたり、小さな舟を漕いで少女たちの水先案内人になったり、雪が降り積もる異国でたくさんの子供と戯れたり……そういうことは、あまり考えないような気がします。

 この写真集、女同士で眺めながら「どれがいい?」なんて話をすると、意外と楽しめるのでおすすめです。

最期はみんな、おひとりさま

 ところで今思い出したんですが、この写真集、「おじいちゃん」が1人も登場しないんですよね。例外的に、一緒にツーリングをして楽しむ「若い恋人」は登場するのですが、生涯をともにしたと思われる「おじいちゃん」が、見事に1人も出てこないのです。もちろん、やなぎみわさんの企画に応募するような女性ということで、だいぶバイアスがかかっているとは思うのですが、それにしても不思議だなあと今思いました。

 でも確かに、私もこの企画でモデルを務めることになったら、「おじいちゃん」にはちょっと席を外してもらうかもしれません。だって、こんなに生き生きと他のモデルたちが思い思いの姿に化けているのに、じいちゃんと縁側でお茶飲んでるなんてちょっともったいないような気がして。女性たちは、「最期はおひとりさま」ということを、意識的にせよ無意識的にせよ、やっぱり想定しているのかもしれません。

 私や読者のみなさんがアラサーだとして、50年後は80歳ですか。女の人生はまだまだ長いです。1人になったり、2人になったり、また1人にもどったり。もちろん自分が先に死ぬ可能性だってあるのだけど、たったひとりで死ぬ覚悟と、準備と、楽しみを、今のうちから用意しておいてもバチは当たらないんじゃないでしょうか。


この記事をSOLOで読む

Text/チェコ好き
From/SOLO

今月の特集

AMのこぼれ話