ニューレディー入門 -淑女への道-

東京の片隅でひっそりと生き続けるニューレディー、肉乃小路ニクヨさん。 ニューレディとはニクヨさんが提唱する「新しいタイプの淑女」です。 ニクヨさんのアドバイスからニューレディとしての生き方を指南する連載です。

ニューレディー入門 -淑女への道-
love

オリンピックで誇示される「健全さ」の隠れ蓑

  •  今年はオリンピックが開催されましたね。世界でも最大級のスポーツイベントで多くの方が熱中したと思います。 そしてこのイベントが4年後には東京で開催されます。 私も露出が多い競技、ボディーラインがハッキリわかる競技を中心に、生温かい目...
  • 2016.08.23
love

親子の縁だけではない相続、かたちを伝承させるマイノリティの終活

  •  盆ジュール(お盆ならではのご挨拶)! 昔、働いていた会社の先輩に、相続というのは、お金や家をもらうことではなく、相(ものの姿、かたち)が続くことを意味するのだよ、と教えてもらったことがあります。  現代社会では相続と言うと一般的...
  • 2016.08.16
love

憎しみは変革の糧に!自分を惨めにしないための方法

  •  このところ、世界では悲しい事件が続いています。 ヨーロッパやアメリカ、中東で頻繁に繰り返されるISのテロ。 日本でも自分の弱さを世界や周囲のせいだと転化して起こる、暴力的で悲しい事件が多発しています。  そういった事件を目にする...
  • 2016.08.09
love

弱さを覆いストーリーを身につける、私のためのコスメティックパワー

  •  厚化粧の年増女(装)なんてご意見、私もよくいただくんですが、意に介さず、相変わらずの厚化粧です。ふふふ。 そういえば女装のイベントは厚化粧の大年増しか居ませんわね。 年末恒例の女装紅白歌合戦なんかは特に。 厚化粧の効能か、女装は息...
  • 2016.08.02
love

自由にのびのびと人生を謳歌するために必要な覚悟

  • 自由を謳歌する覚悟  私は新宿で一人暮らしをしていて、 好きな時に女装をして、 ふらふらっと出かけることができます。  東京で伸び伸び暮らしやがって、好き放題できてイイね。 なんて言われることもありますが、それなりに代償も払っていま...
  • 2016.07.26
love

謝れないおじさんには「女装」が効果的?自分を客観視する方法

  • エラくなったおじさんへの処方箋  前の都知事さん、怒ったままやめちゃいましたね。 あんなに解かりやすく怒りや憤りの感情をあらわにできるって、あんまり腹黒な人じゃなかったんじゃないかと私は思いました。  社会に出て働いた人なら、面従腹...
  • 2016.07.19
love

自分を押し殺すことは人生を踏みにじること――マイノリティへの幻想

  • 自分の居場所を見つけられるか?  ちょっと前、フロリダのゲイクラブで大量無差別殺人が起こりました。 事件が起こった当初、ISによるテロだとか、ゲイに対するヘイト(憎悪)による殺人だとニュースで伝わってきましたが、詳細を追っていくと、ど...
  • 2016.07.12
love

英国のEU離脱から考える、求められる“成熟したレディー”の姿

  • 他人事ではない哀愁  Brexit(ブレグジット=英国のEU離脱)で世の中がざわついていますね。投資もしていないし、関係ないと思っているアナタ。 他人事ではありませんのよ。 あらゆることが良くも悪くもつながってしまった世界では、アナタ...
  • 2016.07.05
love

「自分らしさ」とは「自分ならでは」のことができるかどうか

  • 自分らしさの檻  以前、テレビの取材でインタビューを受けたことがあります。 その中の質問で、ニューレディー時とおっさん時のどちらが「自分らしい」ですか? ということを聞かれました。  私は「自分らしさ」にこだわることにあまり興味があり...
  • 2016.06.28
love

言い掛かりをつける相手にあなたはどんな対応をしますか?

  • お客様は神様ではない  社会人経験20年近く、年齢も41歳ともなると、色々なクレーマーというのを見てきました。 対応する側にも回りましたし、同じお客として見たこともあります。  私自身はクレーマーではありません(あくまで自分の認識です...
  • 2016.06.21