ニューレディー入門 -淑女への道-

東京の片隅でひっそりと生き続けるニューレディー、肉乃小路ニクヨさん。 ニューレディとはニクヨさんが提唱する「新しいタイプの淑女」です。 ニクヨさんのアドバイスからニューレディとしての生き方を指南する連載です。

ニューレディー入門 -淑女への道-
love

恋愛至上主義時代は終わった!「できないんじゃなくて、しない」処女童貞たち

  •  お店に来てくださる若いお客様のなかで、処女童貞の方が増えている実感があります。 処女童貞でなくてもお付き合いしていない男女の割合は非常に高いです。 そういう状況を若者の草食化と言って嘆く人もいます。 でもそれは本当に、若者の気質だけ...
  • 2016.11.01
love

ハロウィンでコスプレを楽しむ背後に透ける日本人の宗教観

  •  ハロウィンがあれよあれよという間に市民権を得て、ここ5年くらいはイベントとしてかなり定着してきましたね。 10年くらい前から、10月になるとオレンジ色のかぼちゃのランタンがディスプレーされるようになりましたが、 最近はディスプレーだ...
  • 2016.10.25
love

ハラスメント乱立時代が到来 その仕事観、もう時代遅れかも?

  •  先週に引き続き、ドラマ『エイジハラスメント』を見た余波で書きます。 ちょっと昔まではセクハラだけだったのに、気がつくとパワハラ、モラハラ、マタハラ、パタハラ、マリハラ、そしてエイハラと、ハラスメント問題も多様になってきました。  ...
  • 2016.10.18
love

ハラスメントをはねのけろ!不毛な争いから抜け出す賢いやり方

  •  最近、Huluで「エイジハラスメント」というドラマが解禁になったので、一気に観ました。 私が敬愛したり生温い目で見たりしている内舘牧子先生のドラマです。 簡単に言うとショムニとハラスメント問題に恋と不倫をプラスしたお話です。 艶か...
  • 2016.10.11
love

その報道はセカンドレイプそのものです――2世俳優の不起訴処分を考える

  •  女優さんのご子息が突然、強姦容疑で逮捕されて、大変な騒動になったことが今年の8月にありましたね。 結局は示談による不起訴処分。 親がお金持ちだから凄腕の弁護士を雇って金で解決したという批判もあるようですが、同時に警察に通報する際に登...
  • 2016.10.04
love

別れと終わりの受け入れ方 「父の葬式」で感じた新しいはじまり

  •  25年も続いていた男性アイドルグループの皆さんが解散されるようですね。 私は特にファンではなかったので「あ、そうなんだ」というくらいですが、 新聞は一面を飾るし、ニュースでもたくさん取り上げられていて、私と世間のズレのようなものを感...
  • 2016.09.27
love

売名と寄付の両立はできるのか――わたしがTシャツを売る理由

  •  ニクヨちゃんTシャツ2016というものを作って売っています。 1枚2000円で私の美しい横顔がオリンピック風金文字ロゴで囲まれている、紺色ベースのTシャツです。  昨年私は40歳を迎えたので、40歳記念でTシャツを150枚作って、...
  • 2016.09.20
love

感動ポルノは誰が生む?スポーツにもチャリティにも涙を求める私たち

  •  感動ポルノという言葉を最近よく聞きます。 毎年、夏の終わりに某テレビ局で大掛かりなチャリティーイベントがあるので、 皆、そこで自分の中にある愛や正しさを考えるキッカケになっているからだと思います。  ちなみに私、この大掛かりなチ...
  • 2016.09.13
love

アウティング事件から考える、「孤独」の先にみつけた自分の居場所

  •  ゲイの大学院生が、友人にアウティングをされたショックで亡くなったという事件が今年の夏に起こりました。  人それぞれ痛みの感じ方は違いますし、人が自らの命を絶つ権利について、私はあると思っているので仕方がないことなんでしょうけど、と...
  • 2016.09.06
love

人付き合いレベルを左右する?自分の立場に応じた「慇懃」な言葉遣い

  •  「慇懃無礼」という言葉を辞書で調べると、言葉や態度などが丁寧すぎて、かえって無礼である様子とか、あまりに丁寧すぎるとかえって嫌味で誠意が感じられなくなる状態、なんて書いてあって、良い意味で使われることはありません。 「無礼」なので...
  • 2016.08.30