結婚したら豹変!「文句あるならお前がやれば」の“子供返り”対処法

思い通りにならないと逆ギレする人

Photo by Liza Summer

結婚(交際)するまでは普通の大人だったのに、結婚して”家族”になった瞬間子供返りしてしまう……皆さんも目の当たりにしたり、友達から愚痴を聞かされた経験はありませんか?

たとえば、間違ったやり方を正しく教えたら『は?じゃあもういいわ。一生やらねーわ。文句あるなら全部お前がやればいいじゃん?』と、そんな感じの逆ギレをする人です。

私の周りでもよく聞くのが、子供のミルクの作り方を間違えていたから正しいやり方を教えようとしたら「は?文句あるなら今後は全部お前がやればいいじゃん」と逆ギレ&育児放棄されたとか、使用後のキッチンが油でベタベタだったので使った後は布巾でさっと拭いておいてねと伝えたら「じゃあもう一生料理しませーん」と拗ねられたとか……そういった些細なアドバイスへの逆ギレです。

アドバイスを素直に受け入れてもらえず、自分の思い通りにならないと怒って全てを放棄したり、ひどい場合だと腹いせに状況をめちゃくちゃにされたり……そんな相手と一緒にいると非常に気を遣いますし、精神が疲弊しますよね。

前回の記事で紹介した「不機嫌で相手をコントロールする人間」に共通しますが、とにかく自分の思い通りにならないと怒る人間というのは一定数いるのです。

逆ギレして拗ねる「子供返り」とは?

子供返りがはじまるタイミングで多いのは「相手はもう自分から離れられないだろう」と確信した時です。きっかけとしては同棲や結婚、出産が多いでしょう。「そう簡単には離婚できないはず」とか「子供がいるから俺から離れたら生活できなくなるはず」とか、そんな気持ちから子供じみた振る舞いが始まります。

もう一つのタイミングは“自分が1番じゃなくなった時”です。

たとえば子供が生まれる前までは、自分の方が高学歴・高収入で、どちらかというと教える側の立場だったのに、育児に関してはからっきし注意されてばかりでプライドがそれを許せない、など。これまでは自分が上だったのに、いつの間にか下になっていたことに我慢ができなくて逆ギレしてしまうのです。

どちらもにも言えるのはとにかく“プライドが高い”ということ。プライドが高めの人と付き合う際には、子供返りしそうな素振りがないかよく観察した方が良いかもしれません。