真のモテ男はやたらに「優しくしない」!自分ファーストな態度で射止めよう

by Krists Luhaers

モテる男性は、モテない男性と比較して何が違うのでしょうか?

「モテる人はきっと普通の人がやらないような、何か特別なことをしているのだろう」と考える人も多いでしょう。でもむしろ逆で、モテる人ほど“余計なことをしない(言わない)”のです。

「何をするか」も気遣いだけど「何をしないか」も気遣い

男性に自分のちょっとした悩みを話した時に、やたらとアドバイスされたり、説教臭いことを言われたり……それで嫌な気分になった経験のある人は意外と多いのではないのでしょうか? 話した本人としては別に相手に解決なんて求めておらず、ただ話を聞いて、優しい言葉を掛けて欲しかっただけなのに……。

考えてみてください。自分が友達や恋人に悩みを打ち明ける時、助言や解決を求めているでしょうか? 専門家に相談するのであれば解決を求めて話をするでしょうが、専門外の人間に相談したところで解決の糸口はほぼ得られません。親しい間柄の人に相談する場合はただ話を聞いて「がんばってるね」と言って欲しかったり、愚痴を聞いて「うわーそういう人ってどこにでもいるよね!腹立つね!」と共感して欲しいだけではないでしょうか。

モテない男性ほど「女性が悩みを打ち明けてくれた!何かしてあげなきゃ!解決してあげなきゃ!」と躍起になってしまうのですが、モテる男性は「うんうん、そっか、それは大変だったね」とただ寄り添うことができている印象です。言葉を発する前に「自分だったらどんな言葉をかけて欲しいか」を考えているからこそ、相手が欲しがっている言葉を与えられるし、その結果モテるのではないでしょうか。

優しさをむやみやたらに配らない

「いい人だけど、恋人にするのはちょっと……」と言われる人、周りに1人くらいは居ませんか? 人を助けずにはいられない性分の人です。そういう男性は、大抵の場合は“感謝されること”の中毒になっていて、自分が多少の犠牲を払ってでも“感謝されること”をやめられません。そして自分を大切にできない人は、恋人のことも大切にできません。度が過ぎると身内を犠牲にしてまで人に感謝されようとし始めます。だからモテないのです。

モテる男性というのは自分のことをまず第一に大切にしますし、恋人や家族がいれば自分と同じように大切にします。その上で余裕があれば他人に優しさを与えたり、助けたりするのです。