安易なモテはモテ依存の始まり!自己肯定感の高め方3選

彼氏候補をストックする女、誰の本命にもなれない女、彼氏に過剰な愛情を求める女…など裏アカウントで恋愛の悩みを吐露する女性達。彼女たちに共通しているポイントとは?どうしたら苦しい悩みから抜け出せるのか、「絶対に終電を逃さない女」さんに教えていただきました。

自己受容感を高めている女 by Huy ProShoot

 自己肯定感の低い若い女性はたくさんいる。容姿が優れていたり、一見スペックが高くても実は自分に自信が無かったりする。そんな女性たちの自己肯定感の低さゆえの承認欲求を満たすのに便利なのが、モテることだ。しかし、自己肯定感の低い女性が安易にモテに走ると、常にモテることだけで承認欲求を満たそうとする、「モテ依存」に陥りやすい。

モテ依存に陥る女たち

 以前、自己肯定感の低いモテ依存女子大生によくTwitterをフォローされていた。彼女たちは全員匿名のいわゆる「裏アカウント」で、アイコンは人気女性アイドルや美人女優の画像が多く、ツイートの内容は恋愛や性、容姿の美醜、美容の話題がほとんど。

 彼氏が途切れないように彼氏候補をストックする女、誘われたら断れず複数の男と関係を持ってしまい誰の本命にもなれないと嘆く女、彼氏に過剰な愛情表現を求めて応じてくれないと発狂する女、避妊すらしてくれない彼氏に愛されていると信じている女など…。

 その中には、元々はモテなかった人もいれば、元々美人でモテるような人もいた。性格や恋愛の形は少しずつ違えど、彼女たちに共通していたのは「モテること」に執着している点。モテることでしか承認欲求を満たせず、自己肯定感を保てないため、男性から恋愛・性的対象として好かれることを過剰に求め、それが途切れることを恐れている。

 その結果、対等な関係を築けず相手も自分も傷付けるような恋愛ばかりしてしまったり、常に他人と比べて自分がモテていることを確認して他人にアピールしたりと、マウント合戦で消耗しているようだった。

 決して「モテること」自体は悪いことではないが、このようにモテることをやめられないモテ依存は、最終的に自分の首を絞めることになってしまう危険性が高い。

自己肯定感の高め方

 モテ依存に陥らない、もしくはモテ依存から抜け出して自立するためには、モテること以外にも承認欲求を満たす方法を増やし、徐々に自己肯定感を高めていくことが重要だ。

①外見を磨く

 自己肯定感の低い女性は、容姿にコンプレックスがあり自信を持てないというパターンが多い。内面を変えるよりも外見を変える方が簡単なので、とりあえず外見を磨くことで自信を付けるのもひとつの手段。ただ、流行や自分の憧ればかりを追うのではなく、自分に似合う髪型やメイク、ファッションを考えることが大切だと思う。例えばコンプレックスを隠すよりも、それを個性と捉えて生かせるようにした方が、自分の容姿を肯定しやすいからだ。

②自己肯定感を下げる人とは距離を置く

 人を蔑んだり傷付ける言動をしてくる人とはなるべく関わらない方がいい。そのような人も自己肯定感が低く、他人を見下すことで相対的に自分を肯定しようとしている場合も多いので、無理して相手にする必要もない。自分を褒めてくれたり、自分の存在そのものを肯定してくれるような人との関わりを優先する。

③自虐や卑屈になるのをやめる

 ネタで自虐に走ってしまう人も少なくないが、文字通り自分で自分を虐めたり、卑しむことは、他人にされたら傷付くのと同じように傷付く。まずはできる限り今のありのままの自分を否定せず受け入れ、自己否定を繰り返している状態を断ち切る。

 このように、他人からの承認だけではなく自分が自分を承認できるようなやり方で、様々な面で少しずつ自信を積み重ねることが自己肯定感に繋がっていくのではないだろうか。

 それでも、あまりにも自己肯定感が低く「自分には何の価値もない」「何も認められるような部分が無い」と思い込み、何もできなくなってしまうこともあるだろう。その時は、考え過ぎず、とりあえず環境を変えてみたり、新しいことを始めたり、今まで関わったことの無いタイプの人と関わってみるのもいいかもしれない。自分の周辺を変えることで視野が広がり、良いきっかけを与えられることもある。

 多くのメディアが「モテ」を煽り、私たちは勝手にモテ度を測られて格付けされてしまう。そのせいで選択肢を奪われ、苦しんでいる人も多いと感じる。恋愛至上主義やモテ主義に縛られずに、自分にとって何が大切なのかを考えてみることも必要ではないだろうか。

TEXT/絶対に終電を逃さない女