優しさアピールは要注意!結婚すべき「本当に優しい男」の特徴

優しい男と結婚すれば本当に幸せになれるのか

よく婚活やパートナー探しで「優しい人」を条件に挙げる人がいますが、そもそも優しさは人として当たり前のことではありませんか?

「モテない男性は浮気しない」は大きな間違い

よく世間は勝手に「あまりモテないタイプと付き合えば、刺激はないかもしれないけど、浮気とか喧嘩とかなさそうだし平和なんだろうな」と想像しますが、人の心はそんな単純なものではありません。

私の周りには“男子比率の高い学校を卒業して、男性比率の高い職場に就職し、女性と接触する機会が少なく、正直言ってモテるタイプではない”男性や、そういう男性との交際経験のある女性がそこそこいます。

そういう男性の多くは「自分はモテるタイプじゃないけど優しさには自信がある」と言い、彼らと交際する女性の多くは「正直刺激のない人だけど真面目だし、優しいし、浮気しなさそうだし安心感がある」と言って交際をスタートするのですが、半分くらいは泥沼破局を迎えているイメージです。

もちろん「この機会を逃したら自分を好いてくれる女性に2度と出会えないかもしれない!」といって誠心誠意女性を大切にする男性も大勢います。そういう男性に出会えたらラッキーです。泥沼破局を迎えるのは、“モテない男性が変な自信を持ってしまった”場合が多いです。「自分は女性と交際(結婚)できた」という成功体験に加え、交際初期に女性から「あなたは素敵」「一緒にいられて幸せ」「大好き」などと自分を褒めるような言葉を与えられることを、まるで世の女性からの総評であるかのように受け取ってしまい「自分って実はイイ男なんだ」「もっとレベルの高い女性とも付き合えるんじゃないだろうか」と勘違いしてしまうようです。そうしてせっかく自分を好いてくれた女性をぞんざいに扱い、泥沼になるのです。

“優しさ”を売りにする=長所がない

そもそも“優しさ”は人として当たり前のことです。誰にでも優しくする必要はありませんが、大切な人に対して優しさを与えない人はほぼいないはずです。

優しさを売りにする男性の多くは「自分だったら浮気なんてしない」とか「自分だったらD Vなんてしない」とか、世間のよくない事例と比較して「それをしない自分は優しい人間ですよ」と自分を売り込んでくるのですが、私はそれを聞くたびにもやっとするのです。だって“相手の嫌がることをしない”というのは恋愛に限らず、他者と関わる基本原則です。「自分は○○しないよ」と売り込むより、何ができるかを売り込むべきですし、そんな当たり前のことしか売り込めないということは、それ以外にこれといって長所と言える部分がないのです。