SNSは情報の宝庫?ストーカー被害でわたしが対処したこと

by Charles Deluvio

“ストーカー被害”と言うと大ごとに聞こえますが、恋人がなかなか別れてくれなくて苦労した、痴漢の被害にあった、外出先で知らない人に声をかけられた、あとをつけられたなど、被害の程度に差はあれ怖い思いをした経験のある女性は決して少なくないはずです。

今回の記事では女性たちの何かの参考になればと、私の体験談を紹介します。

家の中を簡単に覗かれてしまう

通常ドアの覗き穴は外から覗き込んでも何も見えなくなっていますが、特殊な単眼鏡を当てると外から中の様子を見られるようになります。

実は私は学生時代、ワンルームに住んでいた時にこの被害に遭いました。大家さんが「時々あなたの家のドアに張り付いている男性がいるんだけど……」と尋ねてきて発覚。大家さんと一緒にすぐに警察に相談に行き、しばらくして捕まったのはサークル活動で知り合った他大学の学生……2、3言話したことがあるだけの、特に親しくもない男性でした。

「(私)さんに彼氏がいるか、私生活はどんな様子かを知りたくて部屋を覗いていた」と言います。家の中というのはとてもプライベートな空間です。そんな中の様子をずっと見られていたと知って、本当にゾッとしました。

対策としては覗き穴専用のカバーを取り付けたり、覗き穴の上にフックを付けてマスコットをぶら下げるなどして使用時以外は塞いでおくことをお勧めします。

鍵の複製は誰でもできるってほんと?

鍵を見ると番号が振られていると思います。実はその番号で、誰でも合鍵を作成できてしまうのです。また、形が分かるだけで合鍵を作れてしまうものもあります。

よくロッカールームのない職場で財布だけ金庫に預け、バッグは共有スペースにそのまま……という話を聞きますが、鍵も財布と同じように厳重に管理した方がいいでしょう。

防犯性の高い鍵でもサムターンを回されては無意味

どんなに防犯性の高い鍵を取り付けても、サムターン(鍵のつまみ)を内側から回して外すことが可能だと知っておきましょう。

以前鍵を忘れて家に入れなくなってしまったことがあるのですが、近所のドンキで使えそうなものを調達し、覗き穴を壊してそこから自作の道具を入れ、サムターンを回して解錠に成功した経験があります。その時は「家に入れて嬉しい」という気持ちでしたが、冷静に考えると素人の私ですら解錠できたということは誰でも簡単に侵入できてしまうということ。怖くなって、サムターン回しを防ぐためのカバーをすぐに設置しました。

SNSはストーカーにとって情報の宝庫

最近のストーカーはSNSを巧妙に使いターゲットの情報を入手します。自分では個人情報を載せていないつもりでも、情報を読み取られている場合があるので注意が必要です。

顔の分かる写真は何よりの個人情報ですし、アカウントIDに生年月日を使用するのも危険です。また、賃貸の場合は写真に写り込んだ家の間取り、壁紙、床の材質などから自宅を特定される場合もあります。非公開アカウント、いわゆる鍵垢の場合も「鍵垢だから安心」ということはありません。

知らない人に渡される紙に要注意

電車や街中でバッグに『連絡ください!LINE ID:XXX』といった紙を渡されたり、押し込まれた経験はありませんか? こういった紙を渡してくる人の中には、実際には連絡先ゲット以上の目的がある場合も多いです。そういう紙を渡されると、「こんな紙渡された!気持ち悪い!」と写真を撮ってSNSで晒す人も中にはいます。しかしそれこそがストーカーの目的で、ストーカーはその投稿を探し、そこからアカウントを特定して情報を得る気なのです。

前後の連載記事