付き合いはじめの彼に何をあげる?絶対喜ばれるプレゼント10選

by CHUTTERSNAP

異性へのプレゼントって悩みますよね。長く付き合っている恋人や配偶者、家族など、趣味趣向を把握している相手なら何を贈れば喜んでもらえるかおおかた想がつきますが、付き合い始めて間もない恋人や、同僚、上司などそこまで親しくない間柄の人へ贈るプレゼントに悩む人も多いと思います。

AMの読者層は女性が多いので、今回は「男性へのプレゼント」をテーマに私流のプレゼントの選び方を紹介したいと思います。

まずはプレゼントを選ぶのが苦手という人のために、選び方のコツを3つ紹介します。

①相手が日頃好んでいる銘柄をあえてプレゼントする

たとえば日本酒が好きな相手には「日本酒を贈れば喜ぶだろう」と思いつくかもしれませんが、実はハードルが高いです。日本酒が好きということは当然好みやこだわりがあるはずなので、社交辞令で喜んで見せたとしても「これじゃないんだよなぁ……」と心の中ではガッカリしている、そんな場合も少なくはありません。
だから私は相手が日頃好んでいる銘柄をあえてプレゼントするようにしています。

銘柄を知らなければ、「日本酒がお好きだと仰ってましたけど、普段は何を飲んでいるんですか?おすすめがあったら教えて欲しいです」……こんな具合にさりげなくリサーチします。普段好んで嗜んでいるものを贈られても目新しさはないかもしれませんが、もらって困ることはありませんし、好みじゃない物を贈られるよりも絶対に嬉しいはずです。お酒、珈琲、煙草、文房具、食品など、何にでも応用できるテクニックです。

②自分の好みではなく、相手の好みを考えて贈る

冬のシーズンになるとよく「大きなハートモチーフのネックレスをもらったけど恥ずかしくて使えない」なんていう女性の嘆きが聞こえてきますよね。これ、男性も同じです。「彼女がくれたネクタイが派手すぎて恥ずかしい……でも、なんで使わないの?って聞かれるから着けざるを得ない」そんな声が意外と多く挙がっています。好みに左右されがちなファッションアイテムは一緒に買いに行った方が無難かもしれません。

③物にこだわる必要はない

“プレゼント”と言うと形あるものをイメージしてしまいがちですが、別に物である必要はないのです。スポーツの観戦チケットやテーマーパークの入場券、ちょっといい食事やちょっといいホテルなど、相手の好きな場所や行きたがっていた場所に招待するのも1つの手です。

この3点を踏まえてプレゼントを選ぶと、より相手の気持ちに寄り添ったプレゼントが贈れるはずです。

前後の連載記事