男心と女心 男女の心理の違いを鋭く解説!

結婚すると浮気をしにくくなる

イラスト:上田 城


マキ:「実はねぇ、結婚する前は浮気されるんじゃないかって心配してたんだ」トオル:「え、浮気なんかしようとも思わなかったけど、なんだか面倒だし」マキ:「うん、なんか結婚してから街中を歩いていてもかわいい 女の子をじっと見るってことが減ったよね」トオル:「う、、、そ、そんなところを見てるんだ・・・」


なにはともあれ、浮気のない夫婦で仲が良いようです。

■浮気心は減るか?

男の浮気は甲斐性、とよく言います。そして、男性は「ばらまく性」とも言われており、自分の子孫を確実に作るには複数の異性と関係を持った方が確実性が増す、という生き物としての仕組みを持っています。

男性は素敵な女性をみるとテストステロンという男性ホルモンの濃度が上がるようになっています。この
テストステロンの濃度が上がると、恋心や性衝動が芽生えやすくなります。

ところが、結婚をすると、女性をみたときのテストステロンがそれほどあがらないようになります。男性の浮気は「性衝動」から生まれることが多いので、
結婚は一種の浮気を止める装置になるのです。

男性は「男」であるとともに「人間」でもあります。人間は、グループ行動をする生き物なので、「家族」というグループができるとそのグループ関係を守るような仕組みにカラダも変わるのですね。

■女性は?

ちなみに、女性をみると「孤独」が浮気の原因になることが多いです。ちなみに、女性の性衝動はオキシトシンといわれる女性ホルモンが関係していますが、オキシトシンが分泌されると抱きしめ・抱きしめられたくなります。

女性の浮気理由が「寂しかったから」というのも、ホルモンから見るとまさにその通りだ、ということもわかります。