ダヨリン★普通日記

自分が何フェチであるかは他者との対話で明らかになる

photo:08


自分が何フェチであるかは
他者との対話で明らかになる。

…ということを
先日、女4人の集いで改めて実感。

なぜなら、皆それぞれに
自分の趣味嗜好を
「普通」だと思っているから。

で、皆の前で話してみると
全然同意してもらえない。

そこで、あぁこれは
自分のこだわりなんだな、と
フェティシズムを
自覚するわけです(笑)。


ちなみに、そもそも
フェチとは何か?
「好み」とか「タイプ」とは
どう違うのか?
何をもってフェチと認定するのか?
論点もあると思うのですが、

「ついじっと見てしまう」
「見ると得した気分になる」
「相手がその属性を持っていると
魅力が3割アップする」

…あたりが該当すれば、
フェチと言っていいんじゃないか、
くらいにザックリと考えてます。
(あまり難しく考えると
面白くないんで。笑)

photo:05


昨日出たフェチの中で
「えっ、それがいいの!?」
と皆から詰め寄られていたのは、
とある女子の
「半袖シャツ」という回答。

彼女曰く、
ボタンダウンはダメで(なぜ・笑)
開襟もダメ。
柄はチェックがベストで
Tシャツを着た上から
シャツジャケット風に
はおってるのがいいらしい。

その着方はワタシも嫌いじゃないけど
半袖じゃなきゃダメだという点に
彼女のフェティシズムを感じます(笑)。

ちなみに、最初は彼女が
どういう半袖シャツ男子を
理想としてるのかが全く掴めず。
皆でスマートフォンを使って
「半袖シャツ 男性」などと
画像検索しまくった結果、
どんな感じかが分かりました。

(…って、これ読んでる皆さんには
分かってもらえているでしょうか・笑)


photo:06


…他にも、ここで書けない話を含め
お互いのフェチばなしで
お腹が痛くなるほど
笑った夜でした。

photo:07


ちなみに、ワタシは自覚している
2つのフェチを発表したのですが。

一つはまぁフェチというか
別に普通だろう、と思い
「まずは皆が同意してくれそうな
やつから行くねっ」という前置きと共に
「腕の筋(すじ)!」
と高らかに宣言したら、
誰も同意してくれず。

「あれ。あれあれあれあれ!?」
と騒ぐワタシと、ウケる皆。

筋というか血管……
腕とか首とか手首とかに浮き出る…。

みんな好きだと思ってたよ!(笑)