杉浦里多と賢人たちのイケダン育成ブログ

恋の種まき。



こんにちは。後藤恵です。
3歳男子&2歳女子、ふたりの子どもを育てながら、自分の会社とマーケティングコンサルティング業、2足のわらじを履いています。ライフとワークを輝かせるのに少しでも役立つ情報やヒントをお伝えしていきたいと思っていますので、よろしくお願いします!





さてさて、昨日地下鉄に乗っていて、雑誌の中刷り広告にドキッとする言葉を見つけてしまいました。

“ときめかない症候群” 

が増えているんですって。

“彼がいない、50%。彼を欲しいとも思わない、70%”って… ほんとに!?

「草食系男子」が増えたりしているせいで、魅力的と思える男の人が周りにいないから、かしら。




詳細はあとで本誌をチェックするとして、私はよく聞きます、「とにかく出会いがないんだよね〜」という女子の声を。

主人と出会うまでは「うんうん、そうだよね〜」と答えていました。けれども今はこう言っています



「出会いのチャンスはたくさんあるのに、自分で探しに行ったり、つかんでいないだけかもよ?」

  
私や友人たちの経験から思うのですが、待っていても、出会いは訪れないことがほとんどです。ハッピーな恋愛や結婚をしている人、つまり自分の求めるパートナーと過ごしている人はみんな、出会いを積極的に見つけに行ったか、色んなとっころで“種まき”をしてきています。



自分から積極的にいくのはちょっと…と思う人にオススメしたいのが、この“種まき”です。私は“恋の種まき”っ て呼んでいます。例えばあなたが新しいスポーツを始めたとします。ここではゴルフにしておきますね。まず、お友達や会社の同僚に、「ゴルフを始めたんだけど、一 緒に打ちっぱなしに行ってくれたりするヒト、いないかなあ」って話すんです。そうしたら、『○○がゴルフ好きだし、いま彼女いないよな。聞いてみるか』って 思ってもらえるかもしれません。すぐにはそうそう事は運ばないかもしれませんが、色んな種類の種をいろんなところで蒔いておけば、ひとつふたつは実がなります。


そして大切なのが、この種をピンポイントなものにしておくこと!「30代で、会社員で、たばこを吸わない」といった大まかなものではなく、先ほどのゴルフをやっている人、のようなはっきりとしたものにしておきましょう。そのほうが心に残りやすいし、想像もしやすいです。






ぜひぜひ今日から“恋の種まき”、してみてくださいね。

そして、やってみたよ!という声を頂けたら嬉しいです。





無料相談や知恵の交換ができる掲示板はコチラ

http://delice-delice.com/