志摩純一のあなたの恋愛のカタチ「超」変えてみせます!

ちょっとPRも兼ねて

情緒や言葉・・・


小さな頃から

育てられるものなら

是非、育てておきたいものです


「言葉遣いについて

凄くうるさい家庭だったんですよ」

こう話す女性は、咄嗟に出る言葉も

とても美しいものです


団体でバスに乗っていた時のこと

急なカーブで彼女の目の前に

大きなバッグが降ってきました


みんな、一斉に「きゃー、大丈夫?」

と叫ぶ中


おっとりと・・・笑いながら

「ありがとうございます~。

わたくしは大丈夫です。

皆様はご無事ですか~?」

と回答が


こんな言葉に緊張が解けて、

皆で大笑いです


咄嗟に

「ちょっと、どんな運転してるのよ

危ないわねえ!!」

と、叫べば楽しい旅の気分も

ほんの少し違った雰囲気に

なるでしょう


大人になってから言葉遣いについて

悩む女性も少なくはありません。


言葉は一つで、良い運気の波に

乗れる事もあれば、

乗りそこなうこともあります。


もしも、まわりに小さな子供が

いらしたら、貴女がかける言葉は

豊かで、愛のある言葉であると

良いですね。




ここで、ちょっとPRさせてもらいます。


時々、医師として幼児の情緒や

言葉を育てるプロとお話をさせて

頂きますが、幼児雑誌と言うのは

本当に諸々の工夫を施して

子供の情緒を引き出すキッカケ

つくりをしていらっしゃるんですね。


そんな子供の雑誌の編集をしている

知人の絵本  です。

可愛いイラストと、言葉遊びの本ですが


ご祝儀に1ダース購入して知人や友人の

子供達にこの絵本をプレゼントしたところ

大盛況でした。


「あ」から始まる絵本だから

「自分でも読めるんだよ」と

誇らしい気持ちになれるみたいですね。


小さなお子さんへのプチプレゼントに

いいかもしれません。

どこかで見かけたら手にとってみて

ください。


志摩より