• special
  • 2012.11.15

他人のコメント欄で自己主張する女たち(3 )

  Facebook・ツイッター使っていると、一部の女性の投稿やつぶやき、コメントなどに何ともいえない嫌悪感・イライラを感じることがありませんか? こちらの企画ではそんな人に不快感を与えていることに気づかない女たちの痛いところをどんどんついていきます!

あなたの近くにもいませんか? コメント欄で自己主張する女

脱いいね 恋愛 RT 同士
By Robynlou8

  今回は、少し趣向を変えて自分から発進というよりは、なぜかコメント欄で自己主張するタイプを紹介したいと思います。


 一番多いのがちょっと有名だったり、大企業に勤めて面白い活動なんかをしていそうな人に真っ先にコメントをつける女です。
 心から素直な気持ちによる賛同ならもちろんいいのですが、たまにその人との関係をアピールしたいがために、いちいち内輪の内容を書いたり、そこで楽しげに会話しようとするタイプが現れます。
 他人の成功を見て、自分もそれと一緒にいさせてほしい、同等の価値だと思われたいというような気持ちが透けてみえてしまって、見ている方はなんとも寒々しい気持ちになってしまうのです。

SNSで見かけるさらす必要のない内輪感

  内輪で盛り上がることは本当に楽しいですし、どんな人も盛り上がったことがあるでしょう。


 しかし、それがSNSとなると楽しさ・素敵さの押し付けのように感じられてしまうのです。少しでも、私たちこんなに楽しいんだよ? どうこのメンバー? という気持ちがあった場合、それを目にする人にはバレてしまっているので、気をつけた方が賢明でしょう。


 その内輪感がたとえば有名人であれば見ている方も楽しいですが、一般人の内輪ネタが面白いことはほぼ皆無です。

なぜSNSで予定を調整する必要が?

 また、まれにSNS上でコメントをつけあったりメンションを飛ばしながら、飲み会や女子会の予定の相談をしている人もいます。
 これも、純粋にその方が便利だから、という理由なら何も悪いことはないのですが、その場でやる必要が絶対になさそうなケースも見受けられます。
 それは、女子だけじゃ確実につまんないから誰かが混ざってくれないかな? とか、好きな男に小洒落た用事を見せ付けたい! というような色々な気持ちがあるとは思うのですが、冷静に考えればどう見ても暇そうだし、モテなさそうに見えます。やりがちですができれば避けたいですね。

男女関係なく、コメント系はさりげないアピールと捉えられてしまいがちなので、年末のイベント期間にむけてぜひ気をつけてみてください。

Text/AM編集部

関連キーワード

今月の特集

AMのこぼれ話