• special
  • 2012.11.14

Facebookをやっていたらセックスできない/雨宮まみの脱・いいね!(1)

自身も元・Facebook廃人だったという雨宮まみさんが語る「いいね!」に執着することの怖さ。いまやSNSを利用した出会いも当たり前ですが、出会えるからこそ陥る恋愛に発展しないことの怖さを語ります。

 恋愛履歴についてインタビューさせていただいた、雨宮まみさんに今月の特集テーマ「脱いいね!」についてお話いただきました。
元Facebook廃人だった雨宮さんから見た、Facebookの魅力と恐ろしさとは─。

Facebook廃人だった過去を雨宮まみさんが激白! 

雨宮まみ Facebook廃人 Facebook フェイスブック いいね! 脱いいね!

─今月の特集テーマは「脱いいね!」と題して、ネット上だけで完結してしまう恋愛を含めた人間関係や、表面上のやりとりをやめようという企画なんですけど、雨宮さんは「脱いいね!」についてどのように考えてらっしゃいますか?

雨宮まみさん(以下、雨宮):これ、私、熱いですよ。1年ぐらいFacebook廃人だったので。本当にいまだにFacebook中毒なんですけど(笑)。
去年の夏くらいまで、1年間くらい引きこもりでFacebook廃人だったんです。Facebookがあれば、ほとんどどこにも行かなくていいくらい。
3.11の大震災のときも、揺れながら、「揺れた」ってFacebookに書き込んでいて、逃げろよっていう状態で…。

Facebookってよくツイッター側の人から、「Facebookってリア充自慢ツールでしょ」ってディスられるんですけど、そんなことはないと思っています。
ニュースフィードがリア充ポストで埋まっている人って、要するにその人本人がリア充なんですよ。

私の友達で「周りの人たちがリッチな食事とか、手の込んだ食事とか、インテリアの写真とかもう、いちいち素敵な写真ばかりアップしていて、気軽に自分の写真をアップできない」みたいな悩みを相談してきた人がいたので、ちょっとその人のフィードを見せてもらったんです。
そしたら、すごいキラ星のような…元ミスユニバースとか、すごい人たちのポストが並んでいて、これはたしかに…と。
でも、その人たちと付き合いがある時点で、その人もリア充ですよね。
「私のニュースフィード全然違うよー。ほらー」って見せたら、ビックリしていました。
ほとんど文字しかないし、たまにあがっている写真が“紙コップでソーメン食べている写真”とか……もうひどい(笑)。他もカレー、ラーメンとかB級グルメ率が高い。だから、私のフィードはリア充で埋まるっていうことはないですね。
こんな非リアなニュースフィードに、たまにキラキラしたポストが出現すると、心から「いいね!」が押せますよ。

リア充ポストを見るのが苦痛なんだったら、表示させないようにもできるんですけど、「Facebookが苦痛」って言ってる人たちは、そもそもそこまでFacebookを使い込むのがめんどくさいっていう人が多い印象があります。Facebookで気が重くなるようだったら、やらなくても別にいいんじゃないですかね

雨宮さんがFacebookを控えた意外な理由…!?

─そんな雨宮さんが一時期よりもFacebookをやらなくなったのはなんでなんですか?

雨宮:私がFacebook廃人をやめたきっかけというのは、Facebookやっていたら彼氏できないし、セックスできないって思ったからなんです。
Facebookだけやっていても、会わないとどうにもならないじゃないですか。

出会いのきっかけとしてはいいとは思うんですよ。この人、話がおもしろいなとかそういう人を見つけることができますし。
Facebookをやっていると共通の知り合いを見付けるのも簡単だし、つながっている誰かにセッティングしてもらってみんなで飲むとか、そういう風に上手く繋げていければ、交流は広がっていくし、その人のリア充ポストをみても「私もこういう美味しいもの食べたいな」って自分のいい刺激にしていければ、結構いい方向に行くと思うんですよね。
私も実際、Facebook廃人になったことで自炊率が向上し、食生活のレベルが少し上昇しました。
でも、Facebookを見ているだけではダメなのかなって


─出会う気もなくすということですか?

雨宮:Facebook上だけで、会話とかもできちゃうし盛り上がれちゃうから、そこで満足してしまうと、その先に進めないと思ったんです

雨宮まみ
ライター。九州生まれサブカル育ち。守備範囲は「セックス&自意識&女のあれこれ」。
赤裸々な半生を綴った『女子をこじらせて』(ポット出版)は全国のこじらせ女子に大きな影響を与える。
現在、「女子」を語らせたら、この人! という5人を迎えての対談集『だって、女子だもん!!』(ポット出版)が絶賛発売中。

ツイッター:@mamiamamiya

雨宮さんの語る「脱いいね!」本日から全6回で配信いたします。
19日(月)にかけて毎朝更新いたします。
明日(11/15)配信の第二回は「SNSの悩みの種の一つ“しがらみ”いいね!」に迫ります。お楽しみに!

合わせて読みたい

今月の特集

AMのこぼれ話