• special
  • 2012.10.19

最終回:西口敦さんの著書に学べ!“フツウ”はそもそも存在しなかった!?(6)

 「フツウの恋がしたい」「フツウの彼だったら満足なのに…」 呪文のように繰り返される、フツウフツウフツウ…。これまでの連載で、この「フツウ」呪縛から脱出しない限り、素晴らしい恋をすることは中々難しいということがおわかりいただけたのではないでしょうか?


 今回は、番外編として、婚活ビジネスについて詳しい戦略コンサルタントの西口敦さんの著書『普通のダンナがなぜ見つからない?』(文藝春秋)を例に、普段フツウといっている状況が、実際にはどれだけ難しいものなのかをお伝えいたします。

私たちが思い描くフツウ男は0.8%! 本当はほとんど存在しない“レア”人材

By Ed Yourdon
©By Ed Yourdon

 皆さんが考えるフツウの男性といえば…つまり、「普通の会話ができて、普通のルックス、普通の身長、普通の学歴、普通の清潔感…」とキリはないですが、こういうことになるでしょう。

 ただ、実際こんな人たちがどれだけいるのか考えたことはありますか? 西口さんの著書によれば、


“一つ一つが「普通」というからには、確率は50%とする。ところが、この条件すべてを満たす人ということになると、  会話普通50%×ルックス50%×身長50%×清潔感50%×ファッションセンス50%×学歴50%×年収50%×≒0.8%” (本文より)


 ――言葉が出ません。そうです、これが真実なのです。

フツウフツウと言っていると、自分のしたいことができないばかりか、実はその“フツウな男”すらこの世にはほぼ存在しないどちらかというと“レア”な存在だったというのが実際のところです。  

そういえば、合コンや紹介で、いわゆる“フツウな人”って出会えたことがない気がしませんか?


 著者の西口氏は、「フツウの相手でいいのに…」「自然体でいられる人がいいな」というようなセリフを「思考停止ワード」と読んでいます。

これらの言葉は簡単には答えが出ないからです。

この解決策としては、できる限り、具体的にかつ身近にいる実在する人を参考にして自分が思う“フツウな人”“いい人”を明確に思い浮かべることだそう。

そうすれば、自分が本当は“フツウ”ではなく、どんなことを求めているのかが少しはわかるはずでしょう。

実際に600万以上稼いでいる25歳から35歳の“独身”男性は3.5%! 400万~600万以上稼いでいる男性も19.5%…。

By The James Kendall
©By The James Kendall

 そして、フツウの幸せ欲しい~が、イコール「フツウの400万円くらいの収入がある人と結婚したい~」になっているあなたはなお要注意です。

下記をチェックしてみてください。


“実際に600万以上稼いでいる25歳から35歳の“独身”男性は3.5%、400万~600万以上稼いでいる男性も19.5%にすぎない”(本文より)


 確かに、“男性”だけでしぼれば、年収400万以上は男性の6割をしめていて、世の中の平均の様に感じられるそう。

しかし、それはもちろん独身以外の高齢者の方や既婚者も含まれています。

つまり、現時点で独身の400万以上の男性は稀な存在ともいえるのです。

あなたは、全国の女性の中でも、上位20%に入っていると断言できますか? 


 このように、何の気なしに望んでいる“フツウ”には落とし穴がボコボコあるのです。

ちなみに、1000万円以上稼ぐ独身の30代前半男性ともなれば、全体の0.14%しか存在しません。

「フツウの人もいいけど、本当は生活レベルも変えたくない~」などと思ってしまっているバリバリ働いているあなたは、しつこいですが女性全体の0.14%に入れているかどうか今一度お考えください。

 ちなみに、西口さんによると「0.14%は高校で3学年全体でナンバーワン」だそうです。


 西口さんの著書にはこの他にも、「結婚で譲れない条件の上位「価値観が近い」(64.1%)は「3高」より難易度が高い!」「自然な出会いはそもそも少ない。そして、出会った人と交際できる確率は0.24%」など、いわゆる“フツウ”としていることを、データとともにことごとくくつがえしていきます。

もちろんそれだけではなく、“フツウ”に陥らずにうまく恋愛できるコツなどもたくさん書かれているので、ぜひ一度手にとってみてくださいね。


 “フツウ”は目指してもいいことはないし、“そもそも存在しなかった”ことがおわかりいただけたでしょうか? 

これで、あなたも完全に脱・フツウ!!


普通のダンナがなぜ見つからない? 西口敦 文藝春秋

書名:『普通のダンナがなぜ見つからない?』
著者:西口敦
発行:文藝春秋
価格:¥900(税込)




Text/AM編集部

関連キーワード

今月の特集

AMのこぼれ話