• special
  • 2012.10.01

「脱!フツウ」 ~元カレにすら忘れられてしまうあなたへ~(1)

 カフェで、はたまたバーの片隅で…恋に悩む女性がため息まじりに言う「もっとフツウのカレがほしい・・・」という、呟き。
なんでこんなに満たされないの? フツウのカレだから? アレ、私ってフツウのカレが欲しかったんじゃなかったっけ!?
フツウの恋愛ができれば苦労はしないのに…そう口にしながらも、人よりも幸せになりたい…! カレにとって特別な女になりたい! そんな期待が見え隠れしてしまっています。

フツウ 普通 定義 AM
by tommerton2010

 1977年の夏、人気絶頂だったキャンディーズが突然の解散宣言をし、ランちゃんが泣きながら発した「普通の女の子に戻りたい」という言葉は日本中に衝撃を与えました。
しかし、3年後にはランちゃんとスーちゃんが、さらに3年後にはミキちゃんが芸能界に復帰します。

「普通の女の子に戻りたい」その言葉どおり、芸能活動を休止していたわずかな時間で彼女たちは「普通の女の子」を楽しむことができたのでしょうか。
涙ながらに訴えるほど「普通の女の子」に戻りたがっていた3人が再び芸能界に復帰したのはどうしてだったのでしょうか。

「普通の女の子」は手に入れてみたら自分の想像とは大きく違っていたのでは──?

そんな考えがよぎります。

 漠然と描いている「フツウの幸せ」。
それを目指すことで幸せになれるのでしょうか?
AMでは「フツウ」を求めることによって、次の4つのタイプに陥ってしまうと考えています。


一、幸せの満腹中枢を自ら麻痺させる! 満腹ゼリー女

「年収もそこそこあるし、そんなに不細工でもない彼だし……」
などと、満たされていない自分を無理やり納得させようとしていませんか? 
そのために自分が本当に求めているものを見つめもせずにごまかし、“ゼリー”でお腹を満たしたつもりになっていませんか?

二、待ちしのぶことを良しとする! 王子不在の眠り姫女

「A君にはY子ちゃんの方がお似合い…それなら最初からBくん狙いって言おう…」
恋も仕事も上昇志向! って恥ずかしいことで、周りにガツガツしていると思われたくないと考えてはいませんか?
本当は手に入れたい人が近くにいるのに、努力する前段階であきらめていませんか?
ガツガツすることを極端にさけるあまり、本当に欲しい恋愛さえも「欲しい」と言えなくあってはいませんか?
そのため、にいつも王子様の到着を薄目で確認しながらも、自分で起きようとしない眠り姫のようになっていませんか?

三、見えない敵に怯え、周りに同化しようとするカメレオン女

「みんなも結婚してるし、そろそろ安定感のある彼を探さなきゃ」
親の目、友達の目…周囲を必要以上に気にするあまり、人と違うことや目立つことをすることに抵抗がありませんか?
今まで参加していた女子会に呼ばれないことを恐怖と思っていませんか?
そのために、カメレオンのように外見、言動、思想さえも周りに合わせようとしていませんか?

四、新しいものを断固拒否! 現状維持女

「今までそういう人好きになったことないし、これから先も好きになることはないと思う」
変わらないことが楽、見たことないものはとりあえずやらないと思っているうちに、いつのまにか新たに吸収するものに強い拒絶を覚えてしまってはいませんか?
仲の良いメンバーがここ数年まったく同じじゃないですか? 住んでる街がずっと同じじゃないですか?
その心地よさを体が覚えていくことで視野が狭くなってしまうことも。
そもそも現状維持に見えて、実は着実に右肩下がりな状況ではありませんか?

 一つでも当てはまった人は「フツウ」を求めるあまり、実に何の魅力もない女性になってしまってる可能性大!
「フツウ」といった漠然とした目標を掲げる限り、それを達成することも、「フツウ」を手に入れた! と満たされることもないのです。

なぜなら「フツウ」なんて存在しないから。

存在しないものを追い求めているなんて……、不毛じゃないですか? 男性だってバカじゃない。そんな女性に魅力的な男性が寄ってくる可能性はかなり低いです。
寄ってくるのは、元カレにすら忘れられている自分と同じように何の魅力もない空気のような男性ばかりかも……。

 それに気づき「フツウを目指すことをやめる」=「脱!フツウ」することこそ、よりよい恋愛をするための唯一の道だとAMは考えます。
今月は、「普通の恋愛でいい」その言葉を飲み込んで、一歩前に踏み出す女性が増えるよう、各タイプを解説し、キャラクター分けしていきます!


Text/AM編集部

関連キーワード

今月の特集

AMのこぼれ話