• special
  • 2012.09.03

ブス徹底解剖  もしかしたらあなたもブスかも!?

ブス徹底解剖

 そもそも、あなたは“ブス”とはどんなものだと考えていますか? こちらでは、AMが提案する“ブス”を改めて定義し、部位別に徹底解剖いたします。

意識しないうちにあなたもブスとなっているかもしれません。 
上のイラストとともに照らし合わせてみてくださいね。

【目】
本当はイケてない自分を見つめることができず、その裏返しでどうしても上から目線となってしまう。

成功や幸せをゲットした女友達の姿を正視することができない。

曇りの無い瞳で自分のことを見ることからはじめる必要がある。
Ex.「あーwその人彼氏にしたんだ。まあ~いいんじゃない?」

【鼻】
とにかくおそろしいほどのプライドの高さ。

チヤホヤされた時期でとまっている場合、現在は天狗になる必要もないのになぜか天狗の鼻を持つ人もいる。折れる前に自分で元の鼻に戻すべき。
Ex.「(私がこの中で一番かわいい。今までどおり一番かわいいはず…よね)」

【肌・ボディ】
だんだんゆるみはじめるボディラインを放置している。手っ取り早くふんわりとした腰周りを隠す服装が多くするなどと、行動が根本的な解決に結びついていない。
見た目がお母さん体系なので、一見相談役に適しているが、姉御肌をはきちがえている場合もある。
Ex.「私サバサバしてるから何でも相談して、サバサバしてるから」

【口】
いらない一言が多い。

それも“みんなの声を代表して、言ってあげている”感を出しながら「Aちゃんって、いい子だけど勝手なとこあるよねー」など、共感を求めながら的外れな批評をするので、周囲が迷惑することも。
Ex.「C君の友達って一緒に遊ぶと楽しいけどお金払い悪くない?」

【心】
社会経験を積んだにも関わらず、まだ男心をわかっていない。
自分がチヤホヤされなかったときは、「敷居が高かったかな?」と思うなど、基本的に勘違いポジティブ。男子というよりは、早急に人への理解を深めなければならない。
Ex.「D君、目あわせてくれないけど私のこと絶対好きだよね」

【時計】
飲み会で、12時をすぎると帰ると騒ぎ出す。

自分だけが先に帰るのはいやで、かといって残った他の女性がチヤホヤされるのもいやなので、女友達を道連れにしようとする。
Ex.「えーまだ残るの? 帰った方がよくない? つまんなくない?」

【ファッション】
いくつになっても少女趣味、ババア隠しの大げさなコサージュ、ギャルが抜けきっていない細身すぎる服、思いつきでジェーン・バーキンのような洗いざらし感に挑戦しようとする。

自分に似合うファッションをいまだに見つけられていない。

【足】

フットワークが重く、自分からテキパキと行動しようとしない。行動することによって、自分の考え方をバレてしまうのをなぜか嫌がる。
常にヒールで自分のルールを曲げられない感が出やすいのもここ。
Ex.「私はそうでもないけどAちゃんが行くなら行ってもいいかなぁ~」

 いかがでしたでしょうか? あなた自身はもちろん、周囲でもこういう人がいたら、確実に周囲からはブス判定されています。
これを機会に改めて自分の中に“ブス”を見つめなおしてみましょう。気づきさえすれば、意外と簡単に直せるものですよ!

Text/AM編集部



■もっと特集記事を読む

関連キーワード

今月の特集

AMのこぼれ話