• special
  • 2012.09.28

第3回:「脱ブスへの道」最初に行くべき場所は○○○!?

リナ氏3

モテを怖れて個性を拠り所にしてしまうのは危険!?

大泉:ブスって、すごいオンザの前髪とか輪郭丸出しのベリーショートとか、難易度の高い髪型にわざわざ挑戦していたりするじゃないですか…。個性的にしなければ、ブスっぽくはならないこともあるのに…。

犬山:個性は心の拠り所なんだよね。

アヤ:そう、拠り所なんですよ。ケアできないくせに前髪ツートーンにしたりしてさ。

犬山、大泉:(笑)

大泉:リボンとかも、かわいい子がつけたら、かわいいんですけど、かわいくない子がつけちゃうと痛いから、付けないほうがいいっていうか。それこそ余計なことばっかりしがち。

犬山:似合う似合わないが分かるのって大事ですよね。それって経験で身に付けるしかないんだけど。

アヤ:うん…客観性…。

犬山:そうそう、性格との折り合いもあるね。私はずぼらだから、髪をブローもしないしネイルも剥がれっぱなしになるってわかってから、髪は軽く矯正かけて剥がれても目立たない透明ネイルにしてる。すごい簡単にいえば、ゆるい矯正かけちゃって、毛先だけ内巻きになるようにすれば誰でも清潔感の出る髪形になれるんだけどね。

編集部:でも、ブスがあえてそれをやらないのは何でなんでしょう?

アヤ:遺伝子が叫ぶんですよ。「とにかく圏外まで逃げろ!」って。そこまで行ってしまえば、もう何を言われてもファッションのせいにできるから…。要するに過剰武装ですね。そして、そんなことをしているうちに、どんどん個性派という呪縛にハマっていくという…。

犬山:それに周りの子も「○○ちゃんは個性的~」とか、「その髪型かっこいい」とか変に持ち上げちゃうから。

アヤ:余計に、ありもしない個性とかセンスを拠り所にしてしまうんですよね。

犬山:それで「私はこうじゃなきゃ…」みたいな。

アヤ:そう。服屋でも、「ボーダーなんてダメ、私はミッキーのトレーナー着なきゃ! ポップ!」とかね。

犬山:そうそうそうそう、周りから変なキャラ設定されちゃって。あれ、オバケが見えるっていう霊感女と一緒だよね。

アヤ:おもちゃのカバンをわざわざ使ったり、でっかい缶バッチを何個もつけてみたり、長靴とかランドセルとかも普段使いしてね。

犬山:やたらとディティールが細かいけど、自分か回りにそういう人いたのか…。さすが美大卒(偏見)。

アヤ:私にもそんな時代があったのよ…。

犬山:全然客観視できないっていうのはみんな結構あると思う。鏡にも自分でかわいいと思う顔で写るし、写真も決め顔で撮るし、その写真の中でも一番写りがいいのが本当の自分だみたいに思っちゃっているから

アヤ:だから、facebookのタグ付けにビックリするんだよね。「えっ!!? ブスがいる!!! 誰!??」って倒れそうになったりして。

犬山:あるあるあるある。

アヤ:そんで揉める。つーかブチ切れな。

犬山:そうそう。「勝手にあげないでよ!」ってなる。

アヤ:向き合うべきはそんなブス顔なのにね。まあ、ブス顔へのタグ付けはどんな世界においてもルール違反ですけどね。

大泉:そうですね。それも、確信犯でやっていたら相当ブスな行為ですね。

ブスは○○○へ行け! 脱ブスへの道最初の目的地とは…

Nurture By rickyqi

大泉:男が好きな女って、美人か、かわいいか、セクシーかのどれかじゃないですか。それの、どこにも入らないとブスって言われるのかなって思います。

それで、美人は造作の問題が大きい。メイクやファッションで美人っぽく見せることはできるかも知れないけど、それでも難易度は高いですよね。でも、かわいいかセクシーはできる。

犬山:そうですよね。努力次第で。セクシーが一番ハードル低そう。

アヤ:確かに、少なくともかわいい系よりは作りやすいかも。

大泉:ブスって、かわいいを特化しようと思っても、ちょっとやりすぎちゃう。それこそ髪にリボンつけたり、かわいいキャラクターの服着たりとかっていう…。そういうかわいいじゃないんだよ! っていう。
かわいいを目指すなら、どんなつまんない話を振られてもニコニコして聞いてればいいし、セクシーでいたければ、胸の谷間を強調すればいい。シンプルな問題なのに、自意識が邪魔してそれができないのがブス。
それで、個性に走って「男受け悪いのは当たり前。だから、自分はモテないのは仕方ない」ってすり替えているんですよね。予防線というか、ブスっていうことは棚の上にあげて、モテない理由を作って自らを欺いている。

アヤ:そうね…、耳が痛いわ…。

犬山:客観的に見るしかないんですよね。街に出ないと何もわからないっていうか。自分の家の中でイケてても、それは客観的な判断ができてない。私もそういうことあって…。

家ですっごいドレスアップして、「うわ、昔の女優みたいな格好!」って、鏡の前でテンションあがっていたりもするけど、一歩外に出て、パーティー会場に行ったら一人だけ浮いている。それで、結局「空気読めない、だっせー私…」って思ってテンションガタ落ち。
だから、家の中だけでずっとやっていると、やっぱりブスにはなっていくと思うんです。自分の中での好みのほうにどんどん行っちゃうし、自分しか判断する人がいないから肯定しかない世界。人になんと思われても自分の好きなものを貫く! って人はそれでいいけど、モテたいとかオシャレって思われたいっていうのがあるんだったらそれじゃあいけない。

簡単に言えば、青山に行けばいいと思うんです。若干ハードル高いと思うんだけど、青山を歩けば、「世間一般でこの人が素敵って言われている人なんだな」っていうのが、なんとなく見れるじゃないですか。そこでショーウインドウに写った自分を見てみたらいいと思うんですね。もともとの美人を見るんじゃなくて、たとえば、「あの人ってそこまで顔面偏差値は高くないけど、なんかキレイに見える」とか、そういう人を見て参考にしたり…。今大事なヌケ感って家にいるだけじゃ絶対養えない感覚だし。


メイン2

大泉:街にいる人をマーケティングするってことですね。

アヤ:それで世間とのズレを修正すれば良いってことか。

犬山:そうそう。

アヤ:でも、青山ってこわい。あんなとこ、一人じゃ歩けないよ…。犬山さんは田舎者だしズボラだから分からないと思うけど、ブス〜中の下くらいの人種にとって、あれほど恐ろしい場所はないよ。

犬山:じゃあ、一緒に行ってくれる誰かを探して…とか?

大泉:でも、いきなり青山ってところまで自分を持っていくのは、ちょっとハードルが高すぎるかもしれませんね。それこそ、服を買いにいく服がないって状態になっちゃうから、最初はせめてルミネぐらいで。

犬山:あ~、ルミネルミネ! ルミネに行きましょう!

大泉:駅から繋がってるし。

アヤ、犬山:(笑)

犬山:駅ビルっていいですね。駅ビルで売っている服って、私一番モテ服だと思っているんです。

大泉:OL服ですよね。

犬山:そうですね! いかにもモテそうな子が多いと思うから、脱ブスの研究にもなると思う。本当おっしゃるとおりルミネがいいですね。

アヤ:うん、ルミネくらいなら私でも行けそう! 床とか適度に汚そうだし。


「脱ブスへの道」も今回で最終回。犬山紙子さん、大泉りかさん、少年アヤさん独自の立場から、「脱ブス」についてお話していただきました。ブスには幼いころから形成されていった自意識や環境、そして自己分析の甘さが関係していたのですね。

「脱ブス」をするために、最初にすることは「自分を客観的にみつめる」ということ。できそうでできない課題でもあります。みなさんが言っていたように家で悶々と考えていても答えはでません。まずは外に出て、自分と周りのズレを正しましょう。
みなさんのオススメは「ルミネ」。素敵だなと思う女性から「脱!ブス」へのヒントを模索してみましょう。

明日は座談会での、こぼれ話をまとめた番外編をお送りいたします。
お楽しみに。

Text/AM編集部

プロフィール
大泉りかさん 少年アヤさん 犬山紙子 脱ブス

犬山紙子

1981年生まれ。エッセイスト。2011年、美人なのになぜか恋愛がうまくいかない女たちの悲惨で笑えるエピソードを描いた イラストエッセイ『負け美女』(マガジンハウス)でデビュー。その後は「負け美女研究家」としてテレビ、雑誌、ラジオなどの各種メディアで活躍。現在『週間SPA!』『Gina』などでコラムを連載中。
ブログ:犬山紙子のイラストエッセイ 負け美女
ツイッター:@inuningen

プロフィール
大泉りかさん 少年アヤさん 犬山紙子 脱ブス

大泉りか

キャバ嬢、SMショーのM女、ボディペインティングのモデルなどの経歴を経て、現在は官能小説家、ライトノベル作家として活躍中。『サディスティック88』シリーズ(小学館ガガガ文庫)や『若妻誘惑ハーレム 桃色町内会へようこそ』(リアルドリーム文庫)など著書多数。
ブログ:大泉りか公式ブログ スパンキング☆ライフ
ツイッター:@ame_rika

プロフィール
大泉りかさん 少年アヤさん 犬山紙子 脱ブス

少年アヤ

少年アヤ

平成元年、消費税と共に生まれたブスでニートのオカマ。サゲマンJAPAN代表。 ヤフオクで生計を立てる傍ら、ブスと環境をテーマにしたトークイベントなどを主催。モテない女に関するツイートやブログの文章が、現在多くの女性から支持を集めている。
ブログ:少年アヤの尼のような子
ツイッター:@omansiru

関連キーワード

ライタープロフィール

犬山紙子
1981年生まれ。エッセイスト。イラストエッセイ『負け美女』でデビュー。
少年アヤちゃん
平成元年、消費税と共に生まれたブスでニートのオカマ。サゲマンJAPAN代表。
大泉りか
キャバ嬢、SMショーのM女、ボディペインティングのモデルなどの経歴を経て、現在は官能小説家、ライトノベル作家。

今月の特集

AMのこぼれ話