• specialPR
  • 2014.09.08

「そのうち結婚できたらいいな…」できません!ラストスパート婚活テクニック

「婚活」なんて言葉使いたくない……そう思っていた時期が、私にもありました

AM youbride 山田コツボネ子
stephanie carter

 皆さまこんにちは。2014年もあっという間に8か月終了いたしました。
そろそろ「今年の目標」と言っていたものを「今年度の目標」に変更し始めたころだと思いますがいかがお過ごしですか。

 さて、今回は「ネット婚活」についてです。みなさん、婚活、してますか?……と、始めようかと思ったんですが、そもそも「婚活」って言葉、私いまだに恥ずかしいんですけどそういう方他にいらっしゃいませんか!?どうですか?!
「婚活」って、出てき始めの頃は流行語大賞の候補にはいるくらいもてはやされて使われてましたけど、今や「就活」と肩を並べるほど市民権を得てるし、女性誌に載っていない号はないんじゃないかというくらい当たり前に使われてます。
でも!正直に言います!恥ずかしいんです!「婚活」って言葉!

そもそも結婚!結婚!!って前面に出すと
男性ってひいちゃうんじゃなかったの?

 私は流行語大賞候補になってから、5年が経った今でも「婚活」という言葉がこっぱずかしくて仕方がないし違和感ありありなんですが、その原因がなにかなと考えてみると、そもそも男の人って、女が結婚をちらつかせてきたり、結婚!結婚!とにかく結婚したい!と言ってきたらひいてしまうものだったのでは?ということがあります。
こんなに全力で「あたくしは!結婚が!したいであります!!」って、前面にだしてよかったんだっけ?っていう。

 そして、これが一番いけないんですが、なんとなくカッコ悪いような気がして。
「婚活してるんです」なんて、結婚できない女がいうもののような気がしちゃって。いったい自分を何様だと思っているんでしょうか私は。だってカッコ悪いのいやじゃん!

 そんなこんなで、カッコ悪い自分になりたくないので「婚活なんて言葉使っちゃったら、つかめる縁もつかめなさそう」などと高飛車な態度でおりました。
そして、結婚の雰囲気というかそもそも彼氏ができそうな雰囲気さえないまま、30歳の誕生日を迎えて30歳はじめての夏もあっという間に過ぎ去ったのでした。
あれ?私って、こんなにふんぞり返ってアンチ婚活なんて言っている場合だったの?

「婚活」使えない系の皆さん
そんなこと言っている場合ではありません

 いつか結婚はしたい。でも相手もいないしなんとなく今じゃないような気もしてる。そもそも長い間彼氏がいなくてどんな風に作るかも忘れかけてきている。
結婚というよりとりあえず恋愛がしたいから、結婚とかはまだあまり考えられないような気もするし。仕事も楽しいし。
「婚活」なんて言って必死こかなくたって、いつかいいご縁があるものだってばっちゃんも言ってた。

 はい!これら全部言い訳です!!全部身に覚えがあります!
仕事が楽しくたって結婚している人はしています!知ってました!
「なんとなく暮らしていたらいいご縁があって結婚できた」なんて層は人類の中で0.5%くらいの人生カースト最上級の方々のみです!それも知ってました!
別に結婚に興味ないならいいんです。でも、いつかはしたい、と思っているなら自分でなにかしないといけないんです!!それも知ってたー!!!!
でもどうしてどうしてこんなにどこにでも書いてあること、いつまでも自分に落とし込めないんだろうって本当に反省します……自分で書いていて辛くなってきました……うっうっカースト最上級生まれたかったよう……。

 妙齢の女性で、私のようにひとりの生活になれてしかも充実しちゃってて困ってない方や、彼氏いるけどこいつと結婚ってあるのか…?という疑問しかない方、自分に得なことが一切ない不倫関係継続中の方など……。
みんな「いやー、そのうち結婚できたらいいな」と思っていたはずなのに気づいたら完全にラストスパートかけてまいていかないとヤバい位置にいて驚きませんか。
うっそいつの間に!?うそでしょ!?って言っている間にもfacebookには結婚報告・出産報告の嵐…!ギャー!!

でも婚活って、どうすんの そこでyoubrideだ

 なんとかせな、と反省したのはいいものの、そういえば恋愛市場から長く離れ、仕事も忙しかったりして、結局どうしていいのか分かりません。
合コンしようにも年齢があがるにつれどんどん開催されなくなるし、自分が幹事になるほどの人脈もない、ああ考えることがダルくなってきた……とりあえず今日はもう帰って寝よう…って人も多いと思います。多いって信じてます。

 勇気を出して婚活に挑もうぞ…!と思ったところで四面楚歌。ああ……結局私に残された道は今後充実すると信じてやまない独身者向けサービスを利用した将来だけなのか……と絶望していたところ、友人から非常にありがたいアドバイスをいただきました。
「あなたにぴったりなのは婚活サイト(youbride)だ。とにかく登録しろ」
え!婚活サイト!考えたことなかった……。

 とりあえず登録は無料でできるので、わらにもすがる思いで登録をしてみました。
正直いってなんの期待もしていなかったんですが、登録してみてすぐ、自分が婚活サイトにむいてると言われたことが分かりました。
婚活サイト、いいやん、と思ったポイントが3つあるのでご紹介したいと思います。

婚活サイトがすごくいい3つの理由

 1つ目は、きちんと自分が結婚でどうしたいかを理解できたことです。
サイト登録時に大量の自己プロフィールと理想の結婚像についての記載を求められたことで、自身の結婚観をきちんと考えるきっかけになりました。
並んでいる項目をみて最初呆然としました。そういや全然考えてなかった!具体的なこと!きちんと文字に落として自身に向き合うことの大切さ…!(プロフィールの書き方については絵音さんの記事が非常に参考になりますのでどうぞ ⇒アラサー女子必読!ネット婚活で確実に結婚できる方法

2つ目は、異性とやりとりができる、ということです。
……書いていて悲しくなりそうですが、自分に興味をもってメールをもらえるということが、こんなにうれしくて自分の自信につながるんだ!という大切な感覚がよみがえってきたぞーーー!!!!
正直いって、私は上記に述べたように「婚活」という言葉すら素直に使えないくらいこじれた30女なので、絵音さんが書いているようなかわいく撮れた写真を載せることも、男性ウケしそうなプロフィールを書くこともできませんでした(こんな自我早くドブに捨て去りたい)。
それでもこんなにメールを頂けるなんて!!!!「さっぱりしたところがいいと思いました」とかありがとう!!

 そして良いことの3つ目は、ネットで簡単にできる、ということです。なにそれ消費者金融?って感じなんですが、これがこんなにいいこととは思いませんでした。
婚活パーティーや合コンって、いきなり対人なわけですが、それって恋愛市場から遠く離れて、な人には大いなる負担だし嫌な思いをすることも多々あります。
しかし、婚活サイトなら、ゆっくりじっくり何度も自分の好きな時間に相手のプロフィールを確認することもできますし、直接聞きにくいこともかなりの内容がプロフィールに書いてあるし、とりあえずメールで何度か連絡をとる、ということが可能です。
これありがたーーーい!「メールアドレス教えていただけますか?」なんていうやりとりもしなくていい!ありがたやありがたや!
普段仕事で疲れてるのに仕事後や休みの日に初対面の男性と気を使いながら探り合いながら飲んだりするの正直疲れるんですよね!
これは社会人にとってはかなり喜ばしいことです。

婚活ラストスパート組、まずは一歩前へ

 まだこのサイトから実際にお会いするというところまでは進んではいないものの、男の人とやりとりをしているぞ!私でもできるぞ!という自信は日常生活にも大いにプラスに働いているように思います。
まだなにも実っていないのにこの充実度!すごい。

「婚活」という言葉すら蔑み、しかし結婚へのラストスパートにおびえていた私でも、一歩前に進めたんだ!という感覚をかみしめております。
「婚活」におびえているそこのあなた!あなたもネット婚活(youbride)で一歩前に進んでみませんか。

Text/山田コツボネ子
協力/youbride(ユーブライド)

youbrideとは

youbride

youbrideは結婚したい本気の男女が集まる結婚紹介サイトです。
年間2000組がyoubrideで出会い、結婚しています。
運営実績15年、会員数日本最大級の結婚・婚活サイトで、会員登録無料です。
30代を中心に全国の様々な地域と職業の男女が多数登録しています。
他の「出会い系サイト」や「出会い系アプリ」とは異なり、本気で結婚したい、結婚・再婚を前提とした恋人が欲しいと願う男女が集まる結婚紹介サイトです。また、「結婚相談所」や「お見合い」よりもずっとリーズナブルにご利用いただけます。真面目に人生のパートナー、恋人を選ぶ新たな手段として、ご利用ください。

ライタープロフィール

山田コツボネ子
お局を目前にした社歴7年目のOL。
絵音
タレント、合コンシェルジュ、日本合コン協会 会長、株式会社ビックリボン 代表取締役。

今月の特集

AMのこぼれ話