• special
  • 2013.10.07

現役探偵に聞く!不倫を見抜く方法(1)

 不倫を暴くプロである探偵にお話をお聞きするため、総合探偵社ガルエージェンシーが指導している「ガル探偵学校」 学校長・久保田久之さんの元を訪れた編集部。

久保田さん「ようこそ。何でも聞いてくださいね。それにしてもKさんはFacebookのカバー写真が猫のなんですね。それに写真は学生のときのかな?

編集部…!?
なんと、既に編集KをFacebook検索していたのです。
さすが探偵!抜かりない事前捜査にプロの仕事を垣間見て、取材への期待が膨みます。

99%女の勘はあたる

AM 特集 不倫の歩き方 ガル探偵学校

──実際に不倫の依頼が来たらどのように動き始めるんですか?

久保田久之さん(以下、敬称略):探偵事務所に依頼がくる時点で、既に叩けばホコリが出る状態のことがほとんどなんだよ。
だから、あとはきちんとした証拠をとってくるだけ。

 民法770条第1項1号の不貞行為で離婚請求する場合には「性行為の存在を確認ないし推認出来る証拠」、「ある程度の継続性のある肉体関係を伴う男女の関係」を証明できる証拠が必要となっているので、探偵は性交渉の存在、そして継続性があるということが確認できる証拠を集めるんだよ。

──ラブホテルから出てきたところの写真が証拠として使われることが多いのはこういった理由からなんですね。

久保田:男性側は絶対にバレていないと思っても、生活をともにしている女性なら「何かおかしい!」となんらかの行動で気づく。

 ファッションの嗜好が変わったり、パンツを新しくしたり、Facebookのコメントにいつもいいね!してくる女性がいるということだったり、位置情報だったりをチェックしてるね。ほかにも、性交渉の回数や、精子の量をチェックしているという人もいたな…。

──え!そんなところまで!?

SNS、LINEで、女性の浮気もバレやすくなった!?


──SNSなどの普及によって、不倫調査の方法は変わってきたのでしょうか?

久保田:いや、変わらない!基本は追跡。

 でも、それでいうと、SNSの普及で女性の浮気が亭主にバレるようになったというのはあるね。
昔は不倫調査の依頼は女性がほとんどだったが、最近は男性も増えてきた。 日々の生活だけでは些細な違和感に気づきにくい男性も、SNSやLINEで証拠を掴んでしまうんだよね。 具体的にいうと、Facebookのコメントにいつも登場する男性の影に気づいたり、たまたまポップアップされたLINEで浮気を目撃していたり。怪しいと思って探すというよりは、見たくなくても目についてしまうということのほうが多い。

 女性の場合、不倫を始めるとのめりこんでしまって、会う頻度が増えたり、いきなり旅行にいってしまったりと警戒心が薄い行動が多いので、既婚女性の不倫はすぐに証拠がつかめてしまいます。

既婚男性がいう「奥さんと離婚するから」は99%嘘


──不倫している既婚男性の大半は「奥さんと離婚するから」と言っていると思うのですが、実際にそういったケースはあるのでしょうか?

久保田:今まで見た中で、奥さんに不倫がバレたあとに、奥さんと別れて不倫相手と一緒になったっていう男性は100人中1人だね。
一人だけ会ったことあったな、「奥さんと別れて、二人で一緒に慰謝料返していきます」って人。

不倫は100倍返し!


──奥さんに訴えられてしまって、可哀想な目にあった女性もたくさん見てきたんじゃないですか?

久保田:そうだなぁ、男に騙されて不倫して奥さんに訴えられちゃった子は、みんな可哀想だよ。
奥さんっていうのは旦那には慰謝料請求しないんだよね。でも相手の女の子には請求する。
それは興信所に頼んだ経費を慰謝料で取り戻そうとするのもあるけどね。
それに相手の子から慰謝料をしっかりとることでの再発防止にもなる。 また不倫を止めないと、旦那が相手の女性に使うお金はかかり続けるからね。

 別れさせられた女性は可哀想だよ。好きな男とも離れさせられて、お金まで取られて、本当に経済的にも精神的にもボロボロだよね。
だから、男がいくら奥さんと別れるって言ってたとしても、不倫にはそれ相応の覚悟は必要なんだよね。

【次回は、既婚男性を懲らしめる手段についてお届けします】


Text/AM編集部

【取材協力】
総合探偵社ガルエージェンシー
ガル探偵学校

久保田久之
総合探偵社ガルエージェンシー・代表。ガル探偵学校・学校長。探偵歴22年。FMボイスキュー『愛ラブ探偵局スーパーDX』で現役ラジオパーソナリティーを勤めるほか、テレビ等でも活躍中。

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら

あわせて読みたい

9月特集
男と女の新連載

関連キーワード

今月の特集

AMのこぼれ話