• special
  • 2013.09.26

1回につき6万円のコスト!?不倫常習男が狙う4タイプの女たち


不倫は共同作業でうまれる「罪」

不倫 常習犯 不貞 特集 不倫の歩き方 菊池美佳子 9月
by Fey Ilyas

 何度も不倫を繰り返す常習男性もモチロン悪いですが、女性側に全く責任がないとは言い切れません。
そう、不倫は2人の共同作業で犯す罪なのです。

 共同作業で犯す罪……いやな響きですね。
共同作業って、結婚式のケーキ入刀でよく聞くおめでたい言葉ですが、不倫の場合は共同で犯す「罪」となります。

 そして、犯した罪には代償を支払わなければならないシステムになっています。そう、慰謝料です。

不倫中の女性からは、「いざとなったら慰謝料を支払う覚悟はできている」と、さも女っぷりのいい言葉が飛び出すこともありますが、よーく考えてください。クルマとかマンションなどカタチあるものを購入したわけでもないのにお金を支払わなければならないのですよ。「甘んじて罪を受けよう!」なーんて小説の主人公みたいにカッコつけていられるのも最初のうちだけです。
後々、「なんでこんなムダ金を支払うハメになったのだ!」と後悔の念が押し寄せてきますよ。


彼のチ○ポに価値はあった?

 仮に、不倫相手の奥さんから300万円の慰謝料を請求されたとしましょう。
いっきに支払うのはキツいので、分割で月5万ずつ支払うとしても5年かかります。5年ってけっこう長いですよ。毎月5万の出費はかなりの痛手となるでしょう。

 また、不倫相手と過ごした日々に、果たして300万円もの価値があるかどうかも疑問です。
仮に、不倫期間が1年続いたとしましょう。週イチで逢瀬を重ねたとすると月4回……単純計算すると1年で48回ってことになりますね。300万を48で割ると62,500円です。

 彼との逢瀬って、1回62,500円もの価値がありましたか(笑)?
彼とのセックスには、62,500円もの価値がありましたか(笑)?
彼のチ○ポには……(以下自粛)。

 以上を踏まえると、慰謝料の支払いが生じるかもしれないような付き合いって、馬鹿馬鹿しいなって思えてきますよね。

 馬鹿馬鹿しい目に遭わないためにも、何度も不倫を繰り返す常習男性に引っかからないよう、気を引き締めていなければなりません。
というわけで、不倫常習男性たちに狙われやすい女性の4つの特徴をおさえておきましょう。

タイプ1:理想が高すぎる女性

 男性の収入や職業に対して理想を持つのは大いにけっこうですが、理想どおりの男性ってたいていは既に結婚しているものです。いい男は、もうとっくに誰かのモノなのですよ。
そうなると、自分の理想どおりで、なおかつ独り身の男性にはなかなか出会えません。そのため、既婚男性に惹かれやすくなってしまいます。

 不倫常習男性たちは、そういった理想の高い女性を目ざとく見つけ、落としにかかります。よって、大っぴらに「あぁんッ、どうしてイイ男はみんな売り切れているのよッ!」などと公言するのは非常にキケンです。
「独身男性にちっともイイ人がいないんです」という貴女の叫びは、「じゃあイイ男なら既婚でもオッケーなんだね」と解釈されてしまいます。


タイプ2:仕事に生きる女性

 不倫常習男性と「恋愛最優先な女性」は相容れない関係です。何故ならば、恋愛最優先な女性は、ちゃーんとオープンにできる交際で、なおかつ結婚前提の付き合いを望むから。既婚男性なんて眼中にないのです。
そのことを不倫常習男性側もわかっているので、恋愛最優先な女性には目もくれません。

 そのぶん、彼らがターゲットにするのが「仕事に生きる女性」です。
仕事に生きる女性とて色恋くらいしますが、恋愛最優先な女性に比べると、どうしても「恋に全力投球」というわけにはいきません。そのため、「今すぐ結婚前提の彼氏が欲しいわけでもないし、まぁいっか」と既婚男性に対してガードが緩みがちになってしまいます。彼らは、そこに付け込んでくるのです。


タイプ3:言い訳する女性

「ちゃんとした彼氏ができない」「結婚したいのにご縁がない」……そういった現状を、自分のせいにしたくない女性も、不倫常習男性にとってはいい鴨です。

 皆さんの周りにもいませんか、「私ってぇ、何故か既婚者に好かれちゃうんですぅ」とか「私ってぇ、好きになる人が何故か既婚者ばかりなんですぅ」とか、「何故か」という言葉で言い訳しちゃっている女性。
「一生懸命、普通の恋愛や結婚をしようとしているんですけど、負け戦が続いているんです」なんて、口が裂けても言いたくないのでしょうね。

 不倫常習男性たちは、「だったら俺との不倫関係を、(普通の恋愛や結婚に縁遠い)状に対する大義名分にすればいいじゃん」という理屈で近寄ってくるのです。

タイプ4:不倫を異様に否定する女性

「私は、不倫って絶ッッッッッ対にイヤなんですッ!」
こんなにも頑なに否定されると、「過去に何かあったの?」と勘繰りたくなってしまいますよね。
おそらく、何かあったのでしょう。不倫経験者である可能性が高いです。
不倫常習男性は「経験者優遇」!不倫未経験女性よりも落としやすいとジャッジします。

 仮に不倫未経験女性だったとしても、不倫に対する拒否反応が強すぎるその姿は、不倫常習男性の「ゲーム感覚で攻略したくなる」欲を掻き立てます。簡単すぎるゲームよりも、ちょい難易度が高めのゲームのほうが「何が何でも攻略してやるぞ!」という気持ちが昂るのと一緒です。


 不倫常習男性たちに狙われやすい女性の特徴……いかがでしたか。
「自分に当てはまるかも」と思った人は、甘~い蜜をちらつかせながら近付いてくる不倫常習男性にご用心を。
彼との逢瀬に1回62,500円もの価値があるか(笑)、よくよく考えてみてくださいね。


Text/菊池美佳子


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら

あわせて読みたい

9月特集
SEX新連載

関連キーワード

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など

今月の特集

AMのこぼれ話