• special
  • 2013.08.28

あま~い梅酒で男をメロメロにする媚薬レシピ

Hな梅酒でパートナーをメロメロにさせる手料理!?


 今回のレシピはこれからの季節に合わせた、さわやかなメニューにまとめてあります。
梅酒のイメージですと、ほっこり、甘いというイメージがありますが、メロメロ梅酒(※現在発売されていませんが、市販の梅酒でも代用できます)は、香りと甘味、酸味のバランスがよく、料理にプラスすることで、華やかさを出すことができます。

 飲まず嫌いな彼がいたら、「この料理は実は梅酒が入っているんだよ」と言って、驚かせてあげればメロメロな視線がやってくるかもしれません。
じめじめ、そして暑い季節(節電)にも合わせてクールダウンできる料理に仕上げました。梅に含まれるクエン酸は疲れも癒してくれます。梅酒を使った料理で、2人だけの時間を楽しんでください。


蒸し鶏の梅酒風味 (材料:2人分)

メイン2
©エルシーラブコスメティック

鶏ムネ肉 1枚
メロメロ梅酒(※市販の梅酒でも代用できます) 大さじ2
塩、コショウ 各適量
パプリカ(黄、赤) 合わせて1個分

作り方

メイン2
©エルシーラブコスメティック

1.鶏ムネ肉は切込みを入れ平らにして塩、コショウをふる。バットに乗せ梅酒をふる。パプリカはヘタと種を落とし、スライスする。

メイン2
©エルシーラブコスメティック

2.蒸し器に1.を入れ5分蒸す。
火を止めて、パプリカをのせ、再び火をつけて3分蒸しそのまま冷ます。
粗熱が取れたら冷蔵庫で鶏の汁がゼラチン状になるまで冷やす。
鶏肉をスライスして皿に盛り、固まったゼラチン、パプリカをのせる。

タカハシユキから一言☆

鶏肉にメロメロ梅酒(※一般の梅酒可)をかけて蒸します。
梅酒の味が染み込んだ鶏肉は、風味も増して鶏の臭みを消しつつ味わいも豊かに。日本酒で蒸すよりも、香り豊かな蒸し鶏に彼の食欲をそそるはず。
メロメロ梅酒のロックと合わせて、ほろ酔い気分にさせてしまいましょう。

≪タカハシユキのプロフィール≫愛の料理家
愛をテーマに新聞、雑誌などで料理を提案。和洋中にこだわらず、新しい感覚と発想で生み出すちょっぴりセクシーな料理が、男女問わず人気が高い。 主な著書に「恋が生まれる愛のレシピ」(ニューハウス出版)など。 http://www.lovecosmetic.jp/column/lcook.html


提供/エルシーラブコスメティック( http://www.lovecosmetic.jp/column/


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら

あわせて読みたい

8月特集
SEX新連載

関連キーワード

ライタープロフィール

エルシーラブコスメティック
女性のための「セクシャルヘルスケア」ブランド。

今月の特集

AMのこぼれ話