• special
  • 2013.07.30

奢ってもらってるけどちっとも楽しくない…心的負債に注意!

 女優兼作家の前川麻子さんの、4度の離婚経験を元にした様々な恋愛に関するお話は本当に聞いて損はありません! 恋愛で困りがちなあなたにぜひおすすめです。第1回はこちら

見返りを求めてつらい時… それは「お金」じゃなくて「愛」の問題では?

前川麻子 AM お金 コラム
©by Www.CourtneyCarmody.com/

 自分ばかりがお金を使っているときに感じる、見返りを求めてしまって満たされない気持ち。
相手ばかりがお金を使ってくれて、期待されていることに応えてあげられない後ろ暗い気持ち。
一緒に倹約していても自分自身に安値をつけられているようで凹んじゃう気持ち。
そうした心的負債は、「お金」の問題じゃなくて「愛」の問題だと思います。

 結婚していたときに散々実質的な負債を旦那さんに背負わせていたにも拘らず私自身は少しも胸が傷まなかったのは、
無論私自身の経済観念や社会性の欠落が大きな理由ではありましたが、
それ以上に、こんなに酷い目に遭っても結婚していてくれるということが、自身の欠落を補填するようなものだったのかもしれません。

 自己評価の低さでもあるそれは、自分がこれまでより少しばかり生活のことを知って誰かに埋めて貰わなくてもやり過ごせるようになった。
私の場合は、自分の稼ぎを持つことで(「お金」の問題が解消できるほどの余裕はないにしても)「愛」の問題が少しだけ解消しつつあると自覚しました。

最初にちくっときた時を見過ごさないで

 借金をしたことがないうちは1万円を借りてもドキドキそわそわした気持ちになるけれど、10万円の借金を抱えてしまうと100万円の借金をしても胸が傷まないものです。
心的負債も同様に、ちくっときた最初が肝心で、ちくちくすることに慣れてしまってからじゃ取り替えしようがない場合もある。

「また私が出すのね」と思ったら、ちくっ。
「奢ってもらってるけどちっとも楽しくない」と思ったら、ちくっ。
「わたしのためにお金を使うつもり、ないんでしょ?」と思ったら、ちくっ。

 これは「お金」の問題じゃなくて「愛」の問題です。
「愛」は数えられないけど「お金」は数えられる。
「愛」には貸し借りがないけれど「お金」には貸し借りがある。
「お金」は貯められるけど「愛」は貯められません。
だからこそ見過ごせない問題となって表面化するのでしょう。
どっちが出すとか出さないとか金額とかの問題じゃなく、ちくっと感じることに問題があるわけです。

自分がどれだけ我慢しても
「愛」はためられない

 そもそも「愛」は悦びの塊りであるはずで「愛」の中にちくっとすることは含まれていない。
ちくっとしなければいいんだけど、ちくっと感じていても他のふわふわしたもので覆い隠してしまっていたりする。
欠点が目につくとか理想とは違うとか、そういう何かしらの不満とは別に、胸の傷みが少しでもあったら、ケアしなければ。

 たとえば、恋人に電話する毎月の携帯代が嵩んでツライなんてのも含めて、「お金」を通してちくっと傷む何かがあれば、「愛」を見直すタイミングだと思います。
自分の我慢を愛情と信じてどれほど辛抱しても、「愛」は貯められません。
貯まっていくのはチクチクした傷みばかりです。

 結局のところ、自分の「愛」は自分で稼ぐってことなんじゃないでしょうか。
自分で稼いだ「愛」で自分自身を充分に満たせるようになれば、マザー・テレサみたいにはなれなくとも、「愛」を必要とする誰かに見返りを期待することなくちょっとくらい分けてあげられるかもしれない。
多分、その「ちょっとくらい」って加減が、大事なんですね。

Text/前川麻子

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら

あわせて読みたい

7月特集
SEX新連載

関連キーワード

ライタープロフィール

前川麻子
俳優。2000年小説新潮長篇新人賞を受賞、著作多数。

今月の特集

AMのこぼれ話