• special
  • 2013.12.09

街コン初心者は、「北千住」「上野」エリアを狙え!/日本合コン協会会長・絵音さん(番外編)


 日本合コン協会の会長であり、タレント・合コンシェルジュの絵音さんに合コンや街コンでの正しい出会い方法に関して詳しく伺いました。
第一回「男性は合コンで本命を見つけようとしていない」、第二回「合コンの必須アイテム!フリスクを使った物流作戦?」、第三回「第一印象がイマイチでも、合コンの上の家事で巻き返す」、第四回「年食う前に合コンへ!呼ばれなくなったら幹事をやる!」も合わせてどうぞ!

街コンも本当におすすめ!

メイン2


絵音:今、婚活パーティから異業種交流会まで、出会いの場ってすごくいろいろあると思うんですけど、特に婚活色が強くなればなるほど、男性が本当に集まらないって状況が続いているんです。
でも男性も出会いを求めている。
ただ婚活パーティに行くほどではないという、そこの中間点となった場が街コンなんですよね。
なので、意外とあからさまに恋愛対象外の人とかそんなにいないんですよ。

 でもまだ抵抗感がある女性ってすごく多いと思うので、行ったことないという女性は多いですけれど、意外と結婚率3%とだったりするんです。
ライトな気持ちで参加している男性が大半ですけど、でも、出会えるんですよ。
とりあえず出会うことはできる。そこからつかむも逃すも本人の実力次第となんですが、彼氏もいなくて、街コンにもいかず、土日家でボーッとしてるんだったら、一個も出会いのチャンスないですよね!? それだったら行けばと思うんですよ!!

―それは本当にそう思いますね。
合コンにハードルを感じる場合、もしかして街コンから入るのが良さそうですか?

絵音:そうですね。街コンで恥をかいても幹事さんも通してないから、一生会わないですし。
色んな自分の戦法も試してみれるし、かわし方の練習にもなるので、行ったほうがいいですね。
あと、街コンに行った人同士で合コンするというのは本当に多いパターンなので、合コンする相手がいない場合は街コンに行ってみた方がいいですね。
3時間飲み食べ放題で大体3000円~4000円なので、普通にご飯食べるのに出会いがついているというお得さなので。毎週末どこかでやっているので、ライフワークにするぐらいでいいと思います。

―一度スタッフを経験したことがあるんですが、参加している方はすごく普通ですね。

絵音:そうなんですよね。
モチベーションが高かったり、ポテンシャルが高い人が来るので意外に変な人はいないですね。

 3時間のうちで何回もお店をシャッフルして動き回るので、初回は正直へとへとになると思います。
新しいシステムなので、慣れるのに大変だとは思うんですが、慣れてくると楽しくなりますよ。
普通にしているだけで、一回の街コンで5人は出会えると思います。一日で5人出会えればけっこういいじゃないですか。それで、個別に飲み会したらどんどん広がっていくし。

―街コンでは、肉食型といいますか、自分から声をかけていく方がいいんですかね?

絵音:自分に自信がある女性はもちろん肉食型の方にいっても大丈夫だと思います。
ただ、肉食型でいける方はなかなか少ないとは思うので、街コンは割とオーソドックスに相手をマッチングしてくれる場なので、そこまで無理はせず自然に出会いを増やしていくという方法がいいと思います。

 例えば、街コンに行って、出会った中でいい人と二次会に行けば、もうワンセット合コンができるということなので。大体土日の昼間に街コンが開催されることが多いので、そこで連絡先をゲットした男性と金曜日や週末の夜に合コンしていくっていうのを繰り返していると、どんどん出会いが増えていきます。
だから、一ヶ月くらいそれをやれば自然に100人ぐらい出会えると思いますよ!(笑)

街コンで女子参加にオススメな意外な街


―ちなみに街コンで行った方がいい場所ってありますか?

絵音:四谷とかですね。
府中も行ったことがあるんですけど、全然女子いなかったんです。
女性が少ないから、どんな女性でもモテますよ(笑)。
銀座、表参道とか女性に人気な街だとレベルの高い女性が割と集まってしまうので。
あと、北千住とか上野も男性が多いんですよね。だから、そういう所を攻めた方がいいと思います!

―合コンから街コンまで貴重なお話、本当にありがとうございました!

Text/AM編集部

AMをiPhoneアプリで読みませんか?

お気に入りのライターや連載を登録すると、プッシュ通知でお知らせすることや、お気に入り記事を保存できるので、AM読者は必携です!
ダウンロードはこちらから。


Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

ライタープロフィール

絵音
タレント、合コンシェルジュ、日本合コン協会 会長、株式会社ビックリボン 代表取締役。

今月の特集

AMのこぼれ話