• special
  • 2013.06.28

合コン協会会長・絵音さん:男性は合コンで本命を見つけようとしていない(1)

 日本合コン協会の会長であり、タレント・合コンシェルジュの絵音さんに合コンや街コンでの正しい出会い方について詳しく伺いました。

合コンでも男性主導の時代
空気が読めない女子は1軍を落とされる

絵音 インタビュー AM編集部


―本日は、合コンや出会いに関するお話をお伺いしたいと思っています。 まず、最近の合コン事情ってどんな感じですか?

絵音:そうですね、これからの時代、どうしても恋愛は男性主導の時代になってくると思うんです。
婚活事情もどんどん厳しくなっていると感じるので、やっぱり男性を接待するとはいいませんが、そういう立ち回りができる人が勝つかな、って思うんですよね。

―うーん、なるほど~…!
そういう立ち回りを理解していない子に限って、合コンには出会いがないって言うのかもしれないですね。
その場をみんなで楽しくしようっていう気持ちがないと周囲も困っちゃうから、いい合コンに呼ばれないという悪循環もあるかもしれませんね。

絵音:そうですね、合コンはチームワークなんでね!(笑)

 特に、誘いたくないなと思うタイプは、「何月何日合コンあるけど来ない?」って誘うと「行きたいけど、相手どんな人?職業は?年齢は?」とかネホリハホリ聞いてくる子ですね…!
もうそんなんだから、だめなんですよ!(笑)

―それは本当ありますね。こちらの記事でもまさにその話題が出たのですが、誘いたくなくなりますね。

絵音:チャンスをつぶしてますよ、自分から!
幹事ってただでさえ大変な役割なのに、そこで負担かけられると辛いですよね。
もうそれで絶対誘わないということはないですが、一軍じゃなくなりますからね。
これが年齢上がれば上がるほど、条件重視になりがちなので、その気持ちもよくわかるんですけどね。

―時間を無駄にしたくない、みたいな空気を出されるとちょっと嫌ですよね。

絵音:ですね~(笑)。 
品定めする姿勢がわかりやすすぎると、「じゃあ、あなたはどうなんですか?」って、男性に言われてしまいそうですね。

男性と女性がかける合コンへの思いは全然違う!

絵音 インタビュー AM編集部


―今回の出会い特集は、「出会いがない」と言う人に、こんなにたくさん出会いがあるのに、ないわけない! と伝えたいなと思っているんです。
ただそういう女性たちは、合コンのような出会いの場に拒否感がある人も多いはずなので、絵音さんから合コンの楽しさや心得を教えていただけたらと思うんです。

絵音:ぜひぜひ!! 伝えたいですね!(笑)
基本的にたとえば、「食事会やります」っていうと女子が集まりやすくて、「合コンパーティやります」っていうと男子の方が集まりやすいんですよね。

 これは、イメージの問題なだけなので、結局集まっちゃえば一緒なんです。
出会いを求めている人たちなので、まず幹事の人がアナウンスを工夫して、集まりやすくするとスムーズだと思います。
私はよくアナウンスするとき、女子には食事会しますよ、男子には合コンしますよ、っていいます。
すると集まるんですよ!(笑)

―今度そういって集めようと思います!

絵音:あと、合コンという言葉自体も男女で印象が違うんですよね。
合コンにくる女性っていうのは、彼氏を探していたり、婚活してたりって人が大半で、逆に彼氏ができちゃうとこなくなるんです。
逆に男性は、合コンで本命の彼女を見つけよう!って100%で思っている人はそんなに多くないんですね。
もっと女友達増やしたいとか、楽しく飲みたいとか、結構ライトな考えなんですよ。
そこには男女のギャップがあるんですけど、幹事はそれを理解した上で誘わないと、合コンがスムーズにいかないんですよね。

―確かにその通りですね。男性側の気持ちがわかっていない女性は多いかもしれません。

絵音:そうですね。女性は合コンに行って、ある意味ライトな出会いを求めてきている男性をいかに惚れさせて、付き合うとこまで持っていくかっていう、もうここが勝負なんです! これぞ恋の駆け引き(笑)
結婚までもっていける可能性もあるし、そこで女性の「つかみとる力」っていうのが、試されるんです。
もうお姫様気分で、口説かれるのを待ってる~みたいな、いるだけ女はだめです。

 今はもう男性も草食化しているので、いかに立ち回るかっていうのは本当に大切だと思います。

―なるほど…。ためになります! いるだけの女性は多いですよね。
合コンでは、男性にサービスされて当たり前っていう気持ちで参加してる人もいるので…。

絵音:合コンが初めての子と10回行っている子では、かなり違うんですよ。
女性って常に最高な例と比べるんですね。
やっぱり10回行っていると、成功例もあるので、前はこうだったのに今日はだめ、とか比較してしまう。
でも初めての子はそういうもんだと思っているので、リアクションが新鮮なので男性も喜ぶ。
だから、合コンに行き慣れてきた方は、初心を忘れないでください…!(笑)
比較してしまうのも何とかこらえましょう!

―(笑)。本当にその通りですよ…。
最初は3千円でも4千円でもよかったのに、だんだん年をとるにつれ…。
面白くなかったのにこんなに払うの? とか。

絵音:そうなんですよね~!
一回、ごちそうしてもらった合コンがあると、支払いに関して拒否反応が出ちゃったりとか。
ただ、男性は、楽しければ楽しいほどそれに比例してお金払うんですよ。
なので、どんなに今日は微妙な相手だと思っても、手を抜かずに盛り上げた方が、支払いも少なくなるんじゃないかなと思いますね…(笑)。

―なるほど、その方が出会いにも結びつきやすいですし、一石二鳥ですね。

やっぱり女の友情はモロい!?


―毎日のように、合コンや食事会に関わられている絵音さんですが、男女の欲望の汚いところを見たりしませんか?

絵音:やっぱり男をゲットするためには、女の友情なんてもろいんだな、ってよく思いますね。

―ああ~! それは聞きたいですね。

絵音:結構裏切るじゃないですか、裏で!(笑)
だから、仲良すぎる女友達は、合コンに呼ばない方がいいんです。
仲よければよいほど、実は恋の邪魔になることが多いんですよね。

 たとえば男の子とふたりで抜けそうになったら、「だめだよ、帰るよ」ってひっぱったり、一番モテる男の子といい感じになってる女の子がいたら、裏で「あの子超ヤリマンだよ~」と言うとか。

―言う人いますね。やっぱり多いんですね?

絵音:確信をつく肝はいわないんですよ、「あの子超性格悪いよ~」とまでは言わなくても、「あの子、うーんどうなんだろ」とか言って、疑わせる(笑)。

―わかります、ふわっと匂わせるんですよね。

絵音:プライベートな友達はよく知っている分、どうしても自然に嫉妬する気持ちがわいてしまうので…。要注意ですね。
男性も嫉妬はあると思うんですが、合コンに関してはもう少し腹割っていて、「俺にいかせてよ~」と明るい感じですね。

合コン専用の友達を作ろう


―女性は足の引っ張り合いが見受けられます。誰か一人がモテると気に食わないというのはありますよね。

絵音:ありますよね~、そこが難しいんですよね。
だから、本当は彼氏がいても言わない子もいます。
女友達に言ってしまうと合コン中に「あの子彼氏いるよ」って言われる場合もあるので。

 浮気行為はだめですけど、特に目的が結婚となると、もう一本に絞っていられない状況の方もいるじゃないですか。
そういう場合はもう、何本も伏線をはって、ゴールを目指す、という人もいると思うので…。
そこらへんは自分のプロモーションというか、演出が重要になってくるので、是非がんばっていただきたいです。

―せっかくのプロモーションを活かすためにも裏切らない友達を呼んだ方がいいんですね。

絵音:そうですね。合コン用の友達を作っておくといいかもしれないですね。
どんなに仲が良くても、合コンの時のチームプレイが上手くいくかどうかはまた別の問題なので、バランスが大事なんです。

 キャラも顔の系統も、好みのタイプもかぶらないようにしたら、言い寄ってくる男のタイプも絶対かぶらないので、その意味では平和ですね。

―好みのタイプがかぶらないようにって特に重要ですね。絶対かぶる人いますもんね(笑)。

絵音:ですね(笑)。男性も、小柄系が好きな人もいれば、長身系が好きな人もいますし、薄い顔が好き濃い顔が好き、とかもありますから。
そういうバランスがかぶらない友達と合コンをした方がいいですね。


 二回は「合コンでの必須アイテムや作戦について」お送りします。お楽しみに!


読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら

あわせて読みたい

6月特集
5月特集
SEX新連載

ライタープロフィール

絵音
タレント、合コンシェルジュ、日本合コン協会 会長、株式会社ビックリボン 代表取締役。

今月の特集

AMのこぼれ話