• special
  • 2013.05.30

嫌われたくないのに彼の愛を試してしまう…恋愛依存の恋愛が上手くいかない理由

荻尚子 恋愛依存
kelsey_lovefusionphoto

 こんにちは。
女性専門カウンセリングルームfour-heart-cloverの荻です。

第一回目「回避依存症について」
第二回目「恋愛依存チェックシート」
第三回目「恋愛依存に陥る理由について」

とすでに3回書かせていただいたのですが、皆さんの恋愛いかがでしたでしょうか?

 恋愛は、人にとってとっても大きな要素だといつもカウンセリングをしていて思います。

 “たかが恋愛”とは言い切れないほど 恋人からの影響は大きく受けると思いますし、恋愛から結婚へと進んで行けば 『人生』に関わっていくことになります。
たかが恋愛ではなく、自分の人生をかけるような大切なこと。
真剣に考え、みんなに幸せになっていただきたいと思います。

 では、今回は前回からの続きである「恋愛依存症の人が恋愛を続けていくとどうなってしまうのか」についてお話をしていきます。

釣った魚に餌をやらない男に
ネガティブな妄想でいっぱいになる

 恋愛依存症の人が恋愛を進めて行くと…恋愛依存症の人にとって恋愛のピークのような時は相手の男性にアプローチされている時と言っても過言ではありません。

 好きな女性を「自分のものにしたい!」と思っている時の男性はまさに『狩人』ですからね。
その熱烈なアプローチは確かに女性にとって至福とも言える幸せな時間だと思います。

 ただ、一度交際をスタートさせ、デートも重ね、体の関係も持ち、恋愛が安定してくると男性の気持ちは『狩人』ではなくなってしまいます。

 そうすると、恋愛依存症の人の頭の中は一気に“不安”が駆け巡ることになります。
何かが起こった訳では無いので、お互い日常生活を楽しめばいいのですが、恋愛依存症の人は、一度恋愛をすると彼以外のことを楽しめなくなってしまいます。

・彼から連絡が来ない。
・前のように熱い気持ちが伝わってこない。
・気持ちが冷めたの?
・他に好きな人が出来てしまったのでは?


 と、頭の中がネガティブな妄想でいっぱいになってしまいます。

 そして、「いつか私は振られるんじゃないか?」という気持ちも同時に膨れ上がってきます。

「いつか必ずくるであろう不安」を毎日抱えている状態は、とても大きなストレスであり、「どうせ来るなら早くしてほしい」、「どうせ来るなら期待したくない」と思う人も多いのです。

 しかし、人間関係、特に恋愛においては、末永くいい関係を続けられるかどうかは、運命や最初の約束ではなく、日々の積み重ねの中で徐々に築いていくもの。
お付き合いの最初に言う「何があっても絶対に一緒にいよう」などの言葉は、そうなりたいと思う願望であって、確約ではないんですよね。

 本来は日々お互いを大切にして行きながらこの“願望”を“現実”に変えていくのですが。

 ネガティブな感情が頭の中でいっぱいになってしまう恋愛依存症では、この『日々の中で少しずつ信頼関係を築き』ということがなかなかできません。

 “一生一緒にいてくれる(絶対に裏切らない、100%信用する)”
それとも
“別れる”
のかを今すぐ結論を出したい衝動に駆られてしまいます。

 恋愛依存症の人が一番望んでいることは、もちろん“永遠の愛”です。
ただ、その永遠の愛を徐々に構築していくんだという心のゆとりを持つことができないのでいつか振られるなら早い方がいい! と選択を迫ってしまうのです。

自分の本性を見せたら嫌われる? 
「耐久テスト」をしてしまう心理

 また別の観点でみると、恋愛依存症の人は自分に自信を持てないという女性が多いです。
そんな女性がよく思うことは、“自分の本性を見せたら嫌われるに決まっている”ということです。

 本性って? と思ってしまいますが、自分の上に何か着ぐるみのようなものを いつも着ているように思っている女性はとても多いようです。
本性がバレたら嫌われるという不安とそれでも乗り越えていけるような愛が欲しい という気持ちが錯綜して、本当はずっと一緒にいたいのに、気持ちと反比例するように 恋愛をめちゃくちゃにしていく女性もたくさんいます。

 恋愛をめちゃくちゃにしていく女性というのは、 自分の彼氏に対してある種の「耐久テスト」をしているようなものです。

これでも嫌わないよね?
ここまでやっても嫌わないよね?
じゃあ、ここまでやっても嫌わないよね?

「嫌われたくない」が一番大きい気持ちなはずなのに、やっている行動は嫌われるようなこと。
これが恋愛における『耐久テスト』です。

 自分がこの耐久テストをやってしまっている時は無意識な人がほとんどだと思います。
客観的に考えてみれば、耐久テストはいつか耐久できなくなりますよね。
嫌われるようなことをし続けるわけですから、それを仕掛けられている彼氏の方はだんだん疲れてしまいます。
だんだん自分には無理かもしれないと思ってしまって当然だと思います。

仲直りの甘い時間のためにした
喧嘩でできる深い溝

 この耐久テスト、もう1つやる意味があるのです。
耐久テストはだいたい喧嘩が伴います。
喧嘩している最中はお互いにエキサイティングしているし、お互いが向き合っている状態なので日常生活で連絡が無いよりは、自分の方を見てもらっているという感覚が起こります。

 そして、喧嘩の後には『仲直り』があります。
この仲直りの瞬間に愛を感じると錯覚をおこしてしまいます。

 エキサイティング → 自分を見てくれている → 仲直りの瞬間の愛
と、どんどん依存していき、自分から喧嘩を吹っ掛けるという「耐久テスト」が続いてしまうようになります。

 残念ながら、このような恋愛依存状態ではいつか終わりが来てしまいます。
もし、自分が恋愛の中でこのようなことをしているようなら、一度立ち止まって考えてみてください。
その行動では、彼の心をつなぎ止めていられないですよ。

 次回は、「回避依存症の人と恋愛依存症の人が恋愛をした場合」についてお話していきます。

Text/荻尚子

プロフィール
荻尚子 心理カウンセラー

荻 尚子

恋愛、失恋、結婚、仕事…さまざまな経験の中で思い悩んでいる時に心のバランスを崩し、行きついた先で出会った人に初めて自分の心の中を話た時の心の変化に感動。そこから仕事をしながら専門学校へ通いカウンセラーを目指す。2007年2月に独立し女性専門カウンセリングルームfour-heart-cloverを運営。 年間500人を超えるの方をカウンセリングする実績を持つ。
URL http://www.f-h-c.jp/
ブログ http://ameblo.jp/four-heart-clover/

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら
■合わせて読みたい
4月特集
3月特集
都合のいい女にされるセックス
少年アヤちゃん恋の東京散歩

関連キーワード

ライタープロフィール

荻尚子
女性専門カウンセリングルームfour-heart- cloverを運営。年間500人を超えるの方をカウンセリング

今月の特集

AMのこぼれ話