• special
  • 2013.03.04

27歳以上の女性は“恋愛をしていない時期”を楽しんではいけない!?(2)

 恋愛に関する多くの著作を持ち、悩める女子から圧倒的な支持を得るぐっどうぃる博士に、失恋のガチ対処法をお伺いしました。第1回、 絶望から這い上がれ! 失恋後必ず立ち直る3つの方法も合わせてどうぞ。

失恋後の正しい対処の仕方:第2回

Nurture By rickyqi
©By anthony

 好きな人に振られたときの失恋は、大きな力を持っています。
人を本屋の恋愛コーナーに行かせ、1200円以上もする本を買わせたりします。
いや、それどころか2万円以上もする情報商材を買う女性もいます。
あるいは、ちゃんと仕事をしてくれるかすら分からない“別れさせ屋”を雇ったり、場合によっては、ストーカー事件を引き起こす女性もいます。

 前回は、このエネルギーを、徐々におさめ、元気になるための方法を述べましたが、今回は、この巨大なエネルギーを、本人のために、正しく利用する方法を述べます。

1)復縁の努力はしない

 相手に突然振られた女性は、その凄まじい力で、なんとか彼を取り戻そうと復縁の努力を始めます。
まず、男性に話し合いを求め、それがダメだと、別れたくないとすがりつき、それもダメだと友達としてでもいいからと、なんとかつながっていようとします。
やっと別れにいたっても、ちょっと酔っぱらうと彼に電話をし、車が故障すると彼に助けを求め、彼の住んでいる地方で震度3の地震があれば、「大丈夫?」とメールします。
 人は「手に入った距離」にあるものに興味を持ちません。
女性たちのその行動は彼の「手に入った距離」にその女性を居続けさせ、復縁の可能性を下げるのです。

 ではどうすれば、良いか? 最善策は「沈黙」です。
少なくとも最後に連絡をしてから半年間、彼から見て「生きているか死んでいるかすら分からない状態」になるのです。
彼に「何もしない」をするわけです。
復縁に失恋のエネルギーを使ってはいけません。

2)恋愛指南書を浴びるほど読む                

By aleksiev
©By aleksiev

 本には読む時期があります。
たとえば、今のあなたがまだ若いなら「老後の生き方」という本を読んでも何も学ぶことはないでしょう。
それどころか、いざ必要になった時には、「一度読んでるから」と読む気にならなくなってしまいます。

 恋愛指南書の読む時期は、まさに失恋した時。
僕ぐっどうぃる博士の著書はお勧めですが、それ以外にも沢山の著者の恋愛指南書を読みましょう。
10冊は読んでください。お金がないなら、図書館に行けば無料でいくらでも読めます。
目から鱗が落ちるような本に出会えればしめたものです。
あなたはスポンジが水を吸うように、恋愛指南書を理解していくでしょう。


 その結果、もしあなたが復縁を望んでいるなら、何をすれば良いかが見えてきます。
また、女性としてのあなたはより魅力的になっているでしょう。
ちなみに、言っておくと、これはどんな場合でも当てはまります。
あなたが何かにつまずいたり、行き詰まったりしたら、それに関する専門家に頼るか、専門書を読みましょう。
あなたが自分で考えて試行錯誤するよりも、あなたと対して変わらない知識しか持たない周りの人間に聞くよりもずっと的確な打開策を教えてくれるでしょう。

3)1人を楽しむ

 あなたが、26歳以下なら、“恋愛をしていない時期”を楽しむのは良いでしょう。
恋愛というのは生物が持つ本質的な欲求です。
それ故に時に我々の心を完全に支配してしまいます。
恋愛は、とても楽しいですが、とても苦しいものなのです。
AM(アム)でこんなことを言うのもなんですが、そこから自由になると人間らしい時間を手に入れられます。
一人旅をしたり、新しい趣味を始めたりと、存分に1人を楽しむのは良いことです。

4)新しい出会いを探す

 あなたが27歳以上で、子供を産む結婚を考えているなら、この失恋はチャンスです。
失恋は、強い不安を作り、自己評価を下げます。
これは結婚にはとても大きなプラスなのです。
何故なら、女性の結婚における大きな動機として、不安があるからです。
女性は不安になると結婚をしたくなります。

また自己評価が下がると、それが高かったときよりずっと結婚しやすくなるのです(アラフォーになっても結婚していない女性の多くは、仕事が充実していたとか、毎日が楽しかったなど、30代前半までに不安を感じていなかったことが多く、自己評価が高すぎるほど高かったりします)。

 ただ、闇雲に婚活や恋活をすれば、返って心は元の恋人に戻ってしまうでしょう。
何故なら、新しい男性の多くはあなたに振り向かないでしょうし、振り向いたとしても元彼より魅力的ではないと感じるからです。
婚活や恋活をしたために、返って彼のことを思い出してしまうのはよくありません。

 そうではなく、この時期にすべきことは、男友達や、男の知り合いを増やすことです。
最近のモチベーションコントロールの常識として「大きな目標を設定しない」というものがあります。
「彼より素敵な恋人を作るぞ!」とか「今年中に結婚するぞ!」と目標を立てるのは良いですが、何週間も、あるいは何ヶ月も努力していると疲れてしまうので、そうではなく、もっと低い目標を立てるのです。
3と合わせて考えれば、新しく何か趣味を始める。
でもそこには独身男性がたくさんいる、という状況をつくるのは良いでしょう。
Facebookや、Lineなどを初めて、過去の友達を掘り起こすのも良いと思います(元カレとはつながらないように注意してください)。
新しい男友達と、失恋の痛みを利用して、大騒ぎをしても良いし、活発に遊びに行きまくってもかまいません。

 これが、失恋によって生じた巨大なエネルギーの正しい使い方です。
あなたはその結果、元彼を取り戻すか、自分を振った男性よりもっと魅力的な恋人を得ていることでしょう。

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら
■合わせて読みたい
2月特集
1月特集
TENGA初の女性向け製品
はあちゅうが語る女の本音

関連キーワード

今月の特集

AMのこぼれ話