• special
  • 2013.02.20

最終回:リハビリにぴったりな代々木八幡スペイン料理(3)

 さて、マイナスからゼロに戻った諸君である。

 家に引きこもり発言小町のトピックをアクセスランキング順に読み込んで
自分より酷な経験談を探し「これよりはマシ」と活力を漲らせるのもいいし、
2ちゃんねる(既婚女性板)をパトロールして塞ぎこんだ気持ちをしばし解放するのもいい。

 しかしもしまた次の恋愛をしたいという気持ちが芽生えてきたなら、プリデートである。
(プレでなくプリのほうが愛嬌があるネ)
たとえば代々木八幡にあるArdoak(アルドアック)などで心身の現役復帰を果たすのだ。
相手は必ずしも新たな恋人である必要はなく、
友達でも昔の彼氏でも職場の先輩でも誰でもいいからリハビリに付き合ってもらう。

失恋レストラン Ardoak アルドアック 画像
失恋レストラン Ardoak アルドアック 画像

 まずカウンター席ばかりのこじんまりしたお店であるから、親密な雰囲気が出るわりに相手と向かい合わずに済み話しやすい。
しかも見たこともないようなめくるめく快楽を伴うスペイン料理が出てくるため、まだ共通の話題が無い相手でも料理の話で盛り上がれる。また色々とお喋りすることが苦手でも特別な料理を味わう時間を共有するだけでなんとなく仲良くなれる。
プリデートで連れてきた相手を隣に座らせて見れば分かるが、近距離でも肌が美しく見える奥ゆかしい照明も好感度を上げる空間として適している。

失恋レストラン Ardoak アルドアック 画像
失恋レストラン Ardoak アルドアック 画像

 料理の味、雰囲気に加えて価格帯が手頃すぎる。
コースは2種類あり、普通にお腹が空いているならAコースを薦める。

Aコース【5000円】:ピンチョス、前菜1、前菜2、米料理、肉料理、デザート(チーズもしくは食後酒に変更可能)と飲み物
Bコース【3800円】:タパス盛り合わせ、赤ピーマン(ピキージョ)の詰め物か肉料理、米料理(選択可能)

失恋レストラン Ardoak アルドアック 画像
失恋レストラン Ardoak アルドアック 画像

失恋レストラン Ardoak アルドアック 画像
失恋レストラン Ardoak アルドアック 画像

 ちなみに写真にあるワイングラス手前のグラスは水ではなく、別料金で頼んだスパークリングワイン。
店主が高い位置のボトルから空気を含ませながらグラスめがけて注ぎ入れるパフォーマンスは必見で、食前酒として胃を慣らすのにも良い爽やかな味だった。

 実際のデートを想定したプリデートで気軽に誘った全く気の無い男友達と良い雰囲気になる…という展開や数年ぶりに会った元々彼との復活…という展開も否めない。
女友達なら素敵な店を紹介してくれてありがとうと気を良くして思い出したように新たな出会いの場を教えてくれるかもしれない。
1人でコースを頼む女性客の多い店だから、プリデート相手さえ居ないと悲しまず、きさくな店主に見守られながらエアプリデートを楽しむ。


Text/村井食斎

■失恋レストランバックナンバー

■合わせて読みたい
2月特集
1月特集
TENGA初の女性向け製品
ラブライフアドバイザーOLIVIA

この連載の前後の記事へ

失恋者の心に優しいとんかつ(2)  

今月の特集

AMのこぼれ話