• special
  • 2013.01.01

雨宮まみ×少年アヤちゃん対談『トレマン、そして佐川男子の魅力とは…』番外編その3

少年アヤちゃん 雨宮まみ B&Bイベント

アヤ:ヤッてるブスって、なんか顔から出てません?

雨宮:出てる。なんかツヤツヤしてる。見てわかるよね、「こいつはしてるな」っていう。ただものではない感じするもん。動物的な直感で感じますよね、獣的な何かを。

アヤ:友人のブスがまさにそうです。初対面の時になんかエロいなこいつと思って、聞いたらやっぱり経験豊富で、「昔はよく神社でヤッたな~」とか言うんですよ。

雨宮:神社でヤッてる人って勝ち組だよね。

アヤ:すごいよね! まみさんは、どっかすごいとこでヤッたエピソードとかあります?

雨宮:えっ、そこ私に振られるの?(笑)。えっちょっと待って…。ちょっと言えない…。

アヤ:え~、どこ~!? スカイツリーとか? ちなみに知り合いは佐川急便のトラックでヤッたらしいですよ。

雨宮:えー!!

アヤ:しかも今みたいに佐川男子とか言ってチヤホヤされるずっと前だよ。そこがすごくない?

雨宮:時代を先取りするにもほどがあるよね。その人が次にヤッた場所を聞き出せば、次の流行がわかるんじゃないの?

アヤ:トレンドまんこ! 「トレまん」だ!

雨宮:週刊プレイボーイとかにコーナーできそう(笑)。でもすごいね、佐川の人は仕事中でしょ?

アヤ:仕事中ですよ。休憩中とかに乗り込んで行ったんじゃないですか?

雨宮:燃えただろうね~。佐川のトラックなんて乗ったことないしね。

アヤ:憧れちゃいますよね…。

雨宮:えっ、そこはストレートに好き?

アヤ:はい…実は、私も9年前から佐川フリークなんです。というのも、地元の地域担当のお兄さんがすげーかっこいいんすよ。だからオークションの時は(※アヤちゃんはヤフオクで生計を立てています)いつも佐川を指定していて…ピークだった時は休憩中、蛇行するトラックを自転車で追いかけたりもしていました。

雨宮:変質者じゃん(笑)。通報されるよ!


アヤ:地元だから、ルートとか休憩してる場所とかわかるんですよ。で見に行って、寝ているところをのぞくの。トラックの前でだけ立ち漕ぎしてね…。

雨宮:プレーリードッグみたいな動きやめてよ!

アヤ:そういう性欲の暴走の仕方しますよね、処女って。純情っちゃ純情なんだけど。

雨宮:妄想の世界で、暴走するっていうこと?

アヤ:そう。

雨宮:それって、佐川の人が実際にアヤちゃんに向かってきたらどうなるの?

アヤ:えっ、考えたことなかった…。向かってきたらどうしよう!

雨宮:ちょっと口説いてきたりしたら? なんか妄想は良くても、実際にそうなったらイヤだって人もいるじゃない?

アヤ:贅沢だけど…確かにやだ! いざ来られたりしたら、もうどうして良いか分からなくて、アメリカのBitchみたいなリアクションしちゃうと思うよ!

雨宮:(笑)。やっぱり誘惑のバリエーションが決定的に少ないんだよ! 映画の中とかで観たやつしかわからないんだよね。『セックス・アンド・ザ・シティ』のサマンサ的なあれでしょ?

アヤ:そう。乳首出すか出さないかみたいな服着て。

雨宮:純情かハードコアかどっちかで、間がないんだよね。

アヤ:うん。マミさんだったらどうします?

雨宮:えっ、佐川がきたら?

アヤ:佐川じゃなくても、私で言う佐川男子的なところから誘惑がきちゃったら。

雨宮:私結構キョドりつつ、食いつく。

アヤ:そうなんだ…

雨宮:私、もう女としての余命を考える年齢だから「こんなチャンス二度とないかも」って思うと、けっこうがんばるよ。がんばるよ…。


【番外編その4もお楽しみに!】

雨宮まみ
ライター。九州生まれサブカル育ち。守備範囲は「セックス&自意識&女のあれこれ」。
赤裸々な半生を綴った『女子をこじらせて』(ポット出版)は全国のこじらせ女子に大きな影響を与える。
現在、「女子」を語らせたら、この人! という5人を迎えての対談集『だって、女子だもん!!』(ポット出版)が絶賛発売中。

ツイッター:@mamiamamiya



少年アヤちゃん
平成元年、消費税と共に生まれたブスでニートのオカマ。サゲマンJAPAN代表。
ヤフオクで生計を立てる傍ら、ブスと環境をテーマにしたトークイベントなどを主催。
モテない女に関するツイートやブログの文章が、現在多くの女性から支持を集めている。

ツイッター:@omansiru

ライタープロフィール

雨宮まみ
ライター。九州生まれサブカル育ち。守備範囲は「セックス&自意識&女のあれこれ」
少年アヤちゃん
平成元年、消費税と共に生まれたブスでニートのオカマ。サゲマンJAPAN代表。

今月の特集

AMのこぼれ話