メガネ×黒髪の官能小説家が淫らな言葉で犯す

関連キーワード

官能小説家は乙女にささやく(1)

432円(税込み)
商品の詳細を見る

※メーカー、ECサイトに移動します

返品交換については各メーカー、サイト規約に準じます。

AMのおすすめポイント

「…素直ですね いい子は好きですよ…」
敬語で主人公を責める先生の表情がエロい!何も知らない女の子は先生好みにどんどんエッチになっていき…ストーリーからHまでの展開が自然できれい。可愛い女の子が乱れる姿に興奮します!

商品説明

「さあ声に出して、コレを読んでください…」。手渡されたのは…超・濃厚な官能小説の原稿!?
新米編集者・沙織(さおり)の初めての担当は、和服の似合う超イケメン「官能小説家」。
仕事の一環で、新作の原稿を朗読するハメになった沙織。「こんなアブナイ文章を音読なんて…私のカラダの『ヒミツ』がバレちゃう…!」
なのに、センセイの絡みつく視線と甘い声に誘惑されちゃって…。美しすぎる官能小説家と、ワケあり編集者のイケナイおシゴト事情!!