• sex
  • 2013.08.23

セックスに必要な26か条をおさえて、ラブライフライナーに!

大人の女性に捧げるラブライフのA to Z:エピローグ

A~Zまでの総まとめはコチラ!

セックスが変わると人生がドラマチックに動き出す

OLIVIA ラブライフ AtoZ
by Kelsey Christina Karstrand

 ラブライフのAtoZ、Aの「あえぎ声」から始まり、Zの「ずっと一緒」にセックスを楽しむ秘訣まで。
テクニックや既存の価値観のリニューアルなど、様々な角度からセックスの奥深さをお伝えしてきました。
コラムを読み終えて、あなたのセックス観は、変わりましたか?

「ラブライフのAtoZ」の連載中、私の元には、コラムの読者の女性達からの声がたくさん寄せられました。
それも、日本国内だけでなく、海外在住の日本人カップルからも。

SNSの広がりを感じるとともに、世界のいたるところで、このコラムを通じて、ラブライフを豊かにするお手伝いが出来ていると思うと、涙腺も緩みます。

「セックスが変わると、人生がドラマチックに動き出す」
そんな場面にたびたび遭遇してきました。

あなたのセックス偏差値を上げる「ラブライフのAtoZ」の活用法

 コラムの読者からいただいた感想を拝見すると、コラムをきっかけにパートナーとセックスについてカジュアルに話せるようになったという女性が続出。
「オリビアさんのコラムをきっかけに彼とセックスについて話せるようになりました」

「彼にすすめられて、コラムを読み始めました。知らないことがたくさんで、いろいろ勉強になります」


 まさに、これは、私の一番の願いでした。
このコラムは、「恋人ふたりで読んで、知識と実践を深める実用的でユニセックスなコラム」というテーマで執筆してきたからです。
男性目線のセックス談義は、好き放題言われて、女性がげんなりしますし、女性目線のセックス談義は、メンタル面に重きがおかれていて、実技が伴わなかったり。
そのアンバランスさを、できるだけフラットにして、恋人たちのコミュニケーションツールにしたかったのです。

 セックスは、「究極のコミュニケーション」と言われていますが、行為以前に、「セックスの話だけは、気軽に話題にできない」「話題にすると気まずくなる」という女性も多いのが、現状です。
ダイニングテーブルの上で、エロティックな話題を口にしても、ムードが壊れない。
映画や美味しいワインの話をするように、セックスの話をできる。
恋人ふたりで、セックスの価値観を「人生を豊かにしてくれるもの」と思えることが、充実したラブライフの第一歩になります。
ぜひ、もう一度、「ラブライフのAtoZ」を読み返し、話題にしてみたいトピックを、彼とシェアしてみてくださいね。

 そして、来週からは、新連載コラムが始まります。
新しいコラムのタイトルは、
「脱・セカンドバージン!二度目の初夜に向けて123ステップ」
前回のセックスからブランクがありすぎて、バージン気分なアラサー女子の皆さん。
ご無沙汰すぎて、「イキ方を忘れた」「やり方を忘れた」という、あなたに、艶とときめきを取り戻させるコラムです。

 あなたの眠っている女性性が開花され、愛しつくされるセックスで、より美しく輝きますように。心から、願っています。

ラブライフのA to Z まとめ

 AからZまでをおさらい!

【A】…あえぎ声

【B】…おいしいバストケア

【C】…コミュニケーション

【D】…ダンス

【E】…Enjoy! being woman

【F】…フェラチオ

【G】…Gスポット

【H】…H(ヘンタイ)な秘密

【I】…愛

【J】…準備

【K】…KISS

【L】…ランジェリー

【M】…マンネリ

【N】…N=No repeat(二度目のセックスがない女)

【O】…オーガズム

【P】…Position(体位)

【Q】…? 質問(question)

【R】…Romantic

【S】…3つのS

【T】…tongue(舌づかい)

【U】…浮気

【V】…Vネックは恋の谷

【W】…ウォッシュ

【X】…X-rated エクスレイテッド(成人向け)

【Y】…余韻

【Z】…ずっと一緒

Twitter、FacebookでAMのこぼれ話をチェック!

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら

あわせて読みたい

8月特集
SEX新連載

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。

今月の特集

AMのこぼれ話