• sex
  • 2013.06.14

セックス中はYES・NOで、ピロートークはもっと詳しく聞いて「?」を解決

ラブライフのA to Z:17回 【Q】…? 質問(question)

 大人の女性に捧げるラブライフのA to Z。
今回のテーマは、Q=? 質問(question)
セックスに言葉は要らない…?
ピロートークは、どんなことを話してる…?
ベッドの上で盛り上がる質問、盛り下がる質問について注目してみましょう。

盛り上がるクローズド・クエスチョン
盛り下がるオープン・クエスチョン

体位 オーガズム セックス オリビア あえぎ声 準備 セックス マスターベーション 前戯 感度 生活習慣 マンネリ
by kudumomo

 セックス中に会話していますか?
普段はボキャブラリーが豊富でも、
ベッドの上でのトークって、ある程度のお決まりパターンが多いのではないでしょうか?

 ピロートークで大事なのは、実は「質問」の仕方!
ビジネスシーンや出会い系パーティーで活用されている質問方法に、
「クローズド・クエスチョン」「オープン・クエスチョン」があります。

「ここ、気持ちいい?」「強すぎない?」「寒くない?」など、
「はい、いいえ」の択一で、回答範囲を限定する質問の仕方が、クローズド・クエスチョン。


 セックスにおいては、クローズド・クエスチョンは、
相手の性感帯の場所や感じるかどうかの事実を明確にしたい場面などで有効です。
快感に集中していると、おもちゃに夢中になって、
それ以外は、何も見えない子供のようになりますよね。

 せっかくの精神統一を邪魔しないように、パートナーに話しかける時は、3才児が理解できるような簡単な言葉で、クローズド・クエスチョンで話しかけるように気をつけます。

セックス後のオープン・クエスチョンで本音を聞き出す

 これに対し、「どう?」などのように、制約を設けず相手に自由に答えさせるような質問の仕方をオープン・クエスチョンといいます。

オープン・クエスチョンは、セックスの総合評価など、相手からより多くの情報を引き出したい場面で有効。

男性に聞かれて、テンションが下がるトークって、セックス中の質問攻めですよね。
オープン・クエスチョンで質問攻めにあうと、「ちゃんと答えよう」と、頭が冴えてしまい、一気に白けてしまいます。

オープン・クエスチョンは、セックス後のピロートーク向き。
オーガズム後は、100m走をダッシュした後のような状態
達成感と余韻に包まれ、心もカラダも無防備です。

ベッドの中で、まどろみながら、「今日、どうだった?」と、ヒアリングすることで、
彼の好みを探ることができ、女性の創意工夫でセックスの満足度を高めていくことができます。

逆に、「いろいろ聞くと白けるんじゃないか?」「怖くて、いいか、悪いか聞けない」という消極的な人は、相手の好みを引き出せません。
話題を展開させたり思考を深めたりするためには、この両方をシーンで使い分け、うまく組み合わせていく必要があるのです。

使うタイミングで、天国と地獄「なんで? ○○なの?!」

 私の元に寄せられる男性からの悩み相談で多いのは、「ED」「早漏」

女性を「ペニスで」満足させられないことに、女性が思っている以上に、コンプレックスを抱くのです。

 男性本人達も、「なんで、肝心な時に、勃たないんだ!」「毎回、早くイッちゃって、恥ずかしい!」
と、自分の気まぐれなチン獣に翻弄されて、手を焼いています。

 女性の無邪気な「なんで? 勃たないの? 私のせい?」「なんで? もうイッちゃったの?」は、時と場合によっては、言葉のナイフになるので、取り扱い注意

 セックス中のささいな一言で、コンプレックスを抱き、
泌尿器科に自分の男性機能が大丈夫か確認するために診察に行ったり、セックスカウンセリングを受けにくるまで、こじらせてしまう例も実際にあるのですから、気をつけないといけないですよね。

 ただ、使うシチュエーションによっては、「言葉攻め」として活用できることも。
女性が、痴女っぽいシチュエーションで、男性を攻め立てている場合や「早くイッた方が負け69(シックスナイン)ゲーム」をしている時の誇らしげな「もうイッちゃったの?」は、男性の羞恥心女性の達成感が絶妙に入り混じり、決して嫌な言葉には聞こえないからです。

 今夜からさっそく、クエスチョンを使い分けて、より満足度の高いセックスを目指しましょう。

 次回のテーマは、R=Romantic
男女のラブライフにおけるロマンチック観の違いを紐解いてみたいと思います。
着目点は、どうやって「折り合いをつけるか?」

 毎週金曜日更新です。お楽しみに。

Text/OLIVIA

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。
本アンケートにご協力お願いします。
アンケートはこちら

あわせて読みたい

6月特集
5月特集
SEX新連載

ライタープロフィール

OLIVIA(オリビア)
1980年生まれ。ラブライフアドバイザー。

今月の特集

AMのこぼれ話