• sex
  • 2014.11.08

恋愛経験ゼロの漫画家がドSの元教師と、大人のキスに夢中に…/『乙女のままじゃいられない!』(前編)

大泉りか 官能小説 石田累 乙女のままじゃいられない!
martinak15

『あまちゃん』以降、朝の連続テレビ小説を観る習慣が身についたのですが、前期の『花子とアン』を夫と見ていた最中のことです。
『ヒロインが棚の高いところにある本を取ろうとする→後ろから手がすっと伸びて取ってくれる→取引先のイケメン(鈴木亮平)』
『嵐の日に窓を開ける→原稿が飛ぶ→拾おうとして取引先のイケメン(鈴木亮平)とぶつかる』

といったベタ展開に「うわー、またベタ」「ベタすぎる!」と文句を垂れながら見ていたところ、「どこがベタなのか、さっぱりわからない」と夫に疑問を投げかけられたのです。

 いや、「ベタでしょう、展開が予測できまくるパターンじゃん」と返しても「ふーん」とイマイチ理解出来ていない様子。
「だってまんま少女漫画だし」と思ったところではたと気が付きました。
そうなんです、少女漫画なのです。だから、少女漫画を読んで育ってこなかった男性にはその『ベタ』が理解出来ないのです。

 しかし、なぜ少女漫画にベタがあるかというと、それは女性読者をときめかせるため。
多くの女性は少女漫画を通して『ドキッ』『きゅんっ』『ぽっ』とする異性の行動を提示されてきたというのに、肝心の男性たちはキン肉マンを読んで育ってきているわけで、プロレスごっこは出来ても、お姫様抱っこなんて冗談くらいにしか考えていない。
むしろ『女を抱える』といって先に思い浮かべるのは駅弁スタイルなんじゃないでしょうかね。
そう、男性にはロマンチックが圧倒的に足りない!


というわけで、今回ご紹介するのは、少女漫画のベタがたっぷりと詰まったオトナの女性向けの恋愛小説。
石田累・著『乙女のままじゃいられない!』(アルファポリス)です。

『乙女のままじゃいられない!』石田累・著
あらすじ

 大好きだった予備校教師の篠原柊哉に、彼と自分を登場人物にした自作のコミックを手渡して告白したものの、あっけなく玉砕した上に周囲に知られて嘲笑の的となり、高校を中退するまでに傷ついた坂谷由南。
ショックをバネに上京し、見事少女漫画家としてデビューを果たして、一時は人気漫画家として成功を果たしたものの、由南の『少女漫画の限画はべろ入れなしのキスまで』という信念は時代に取り残され、やがて落ち目に。
そんな時、ある大企業絡みの企画で、漫画を書くことを指名される。ただし条件は、“キスシーンは三回以上、ベッドシーンは最低でも二回”。
おまけにその企業の社長は、かつての因縁の相手、柊哉だった。
柊哉は由南の漫画に散々ダメ出しをした挙句……。

「全部お前のものだ。……期限付きだけどな」
 何故かその言葉だけできゅうっと胸が締めつけられた。
 篠原が首を傾げたので、由南は思わず顎を引く。――驚く間もなく、もう一度、キス。
 先ほどと同じ優しいキスは、由南の閉じた唇の上を、甘く、ソフトに撫でていく。由南は胸が苦しくなって、ほとんど無意識に篠原の胸に手を添えていた。
 知らなかった。キスがこんなに苦しくて、息もできないものだったなんて。
 キスが角度を変える度に、篠原の唇から吐息が漏れる。それがますます由南の胸を苦しくさせる。自分の感情の変化に戸惑っている内に、閉じた唇の間に濡れた舌が滑りこんできた。
「……っ、……っ」
 言葉にならない悲鳴みたいなものが喉の辺りにまで押し寄せる。
 心臓が爆発しそうに踊っている。そのあたりの機能は、もうとっくに濡れているに違いない。歯を食いしばったまま、由南は篠原のシャツを強く握り締める。
 熱く濡れた舌は、由南の上唇と下唇の間を執拗に舐め、軽く歯をあてて吸い上げる。その官能的な動きに、何故か唇ではなく下肢の中心が痺れてくる。いつしか由南は立っていられなくなって、気づけば篠原の胸に抱き支えられ、彼のなすがままにキスをされ続けていた。
「口開けろ」
「いや……です」
 ほとんど夢うつつになっていたが、由南はまだ唇をぎゅうっと引き結んだままだ。由南の額に自分の額を押し当て、篠原が掠れた声で囁いた。
「開けろ、入れたい」
 くらくらっと眩暈のようなものに引きずられて、由南は唇を開いていた。かすかに呻いた篠原が、すぐに舌を差し入れてくる。
「や……篠原先生」
「大丈夫、誰も来ないよ」
 現実のキスの、想像を超えた淫らさに、由南はもう声も出ない。
なのに、少しも嫌ではないのだ。それどころか、もっと深く、篠原のことが知りたくなって……。
乙女のままじゃいられない!P126L9-P127L17)

 少女コミック作家でありながら、男性と付き合った経験がゼロの由南。
そんな由南に、『両思いになった後の大人の恋愛』を教えることを提案する柊哉。
こうして漫画のネームが出来るまでの限定二週間、かつての予備校教師から、恋愛の手ほどきを受けることになったのですが……。

【後編へ続く】

Text/大泉りか

関連キーワード

ライタープロフィール

大泉りか
キャバ嬢、SMショーのM女、ボディペインティングのモデルなどの経歴を経て、現在は官能小説家、ライトノベル作家。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

性の意識調査実施中!

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら