東大院生のポルノグラフィ研究ノート

現役東大大学院生が研究する「女性向けポルノ」
従来、男性が見るものとされてきたAVの世界に女性向けジャンルが現れて久しいですが、
果たしてそこに有意な違いは見出せるのでしょうか?
アダルトの世界における男女差にまつわる研究レポートです。

sex
  • 日本に現存する唯一の秘宝館  みなさんは「秘宝館」を知っているだろうか。 1970年代前後に現れた、性をテーマとした「おとなの遊艶地」であり、アングラでディープ、滑稽でユニークな施設としてかつては温泉地につきものであった。 性器をかた...
  • 2016.08.23
sex
  • 「賢者タイム」と「男の不感症」  森岡とは真逆の立場から書かれた本がある。その名も『オトコのカラダはキモチいい』。 AMでもセックスについて語ってきたAV監督の二村ヒトシ、やおい・BLを専門に研究する社会学者の金田淳子、「アダルトグッ...
  • 2016.08.09
sex
  • 女性のエロスイッチは視覚ではない?「男は目で恋に落ち、女は耳で恋に落ちる」。 イギリスの政治家、ジャーナリストのウッドロウ・ワイアットが言った、誰もが聞いたことのある言葉である。  男女の性愛の違いについては、他にも「女はシチュエーシ...
  • 2016.07.26
sex
  • 『兄カノ。』の3つのポイント  どうしてもSILK LABOの話が多くなってしまうこの連載だが、今回は、メインを他メーカーの作品に据えよう。 今回扱うのは、『兄カノ。~禁断の恋 さくらゆら』というAVだ。  男性向けAVが女性向けに編...
  • 2016.07.12
sex
  • 密やかに隠されるホモセクシュアリティ  このAVの情報が出たとき、Twitterでの反応は賛否両論、というかほとんど阿鼻叫喚に近かった(『TIGER & BUNNY』のパロディAVが出たときなども同様だった)。 そしてそのなか...
  • 2016.06.28
sex
  • 男から見た3Pの嘘くささ 『Nostalgia Triangular』最終シーンでは、月野帯人の手は江波りゅうを跨いで、一徹の耳に渡される。 一徹は、その手を優しく握り返す。ここでもまた、実は女性の存在は単なる媒介にすぎず、真の絆は男...
  • 2016.06.14
sex
  • 私が一番好きなAV男優  イベント後半、生放送が終わってからのアフタートークは、月野帯人と今立進が質問をぶつけ合うコーナーから始まった。 このとき、「どうしたらすぐイカなくなりますか」という今立のマネージャーからの問いに月野が、「プラ...
  • 2016.05.31
sex
  • レディースコミックの黄金パターン  ナツメにとってはハッピーエンドかもしれない。しかし、シュンスケからしてみれば、改心の甲斐なく彼女を寝取られ、これほどむなしい結末はない。あんなに女性を幸せにしてきた「セックスの天使」は、男性には恋人...
  • 2016.05.17
sex
  • ハウツーに熱狂する私たち「『世の中のハウツーテクニックは嘘だ』と世の中のハウツーテクニックは言った」  この一文は、哲学や論理学の用語で「クレタ人のパラドックス」などと呼ばれるものの一種だ。  つまり例えば、「この文は偽である」という...
  • 2016.05.03
sex
  • AVを女性向けに編集するということ  盗撮カメラの存在に気付いているこの彼氏こそ盗撮カメラを仕掛けた張本人であり、弁護士の主人公に恨みを持つがゆえに、彼氏になるふりをして陰惨な復讐をしたのだった、というストーリーなのだ。 つまり、男は...
  • 2016.04.19