東大院生のポルノグラフィ研究ノート

現役東大大学院生が研究する「女性向けポルノ」
従来、男性が見るものとされてきたAVの世界に女性向けジャンルが現れて久しいですが、
果たしてそこに有意な違いは見出せるのでしょうか?
アダルトの世界における男女差にまつわる研究レポートです。

sex
  • バイブはいつからあったのか?  バイブレーター。それから、電マ。 AMの連載「ラブグッズのある生活」でも何度も紹介され、AM SHOPでも爆売れしている、大人のオモチャの王。  ちなみに日立が作った電気マッサージ機「日立マジックワンド...
  • 2016.11.29
sex
  • ビデオの普及はAVのおかげ?「ビデオデッキが家庭に普及したのはアダルトビデオのおかげである」という都市伝説めいた言説がある。 もう少し正確に言うと、日本ビクターの制作したVHSとソニーの制作したベータマックスがしのぎを削る「VHS/ベ...
  • 2016.11.15
sex
  • 男女の友情問題に終止符を  つねづね思っていることがある。「男女の友情は成立するのか」問題についてだ。あれは何なのだ。成立するに決まっているではないか。  飲み会の場やなにかで不意に誰かが「男女の友情って成立すると思う?」などと言いだ...
  • 2016.11.01
sex
  • 料理ができる男はモテる  興味深いのは、独身女性がパートナーに求める条件第2位が「家事の能力」だということである。 しかも、男性が「家事の能力」を結婚相手に求める割合が93.1%であるのに対し、女性の場合は96.4%で微妙に上回ってい...
  • 2016.10.18
sex
  • AV女優は「人」である  これまでにも、急死したAV女優はいた。たとえば林由美香であり、飯島愛だ。 紙幅の関係上、林の死についてのみ述べるが、これは平野勝之監督のドキュメンタリー映画『監督失格』に詳しい。 私の23年間で出会った映画の...
  • 2016.10.04
sex
  •  けれども、インタビューで語られているとおり、性行為シーンでの長時間の女性主観、キュビズム的視線は『Eyes on you 鈴木一徹』以降SILK LABO作品から姿を消している(加えて言えば、手淫で射精して精液が映るシーン、男優の...
  • 2016.09.20
sex
  • 「女優と目が合う」という経験  このことによって、一石二鳥で「主観的映像」と「身体離脱ショット」のメリットを手に入れているのである。 非現実的な視線のやりとりが、あたかも現実に女優とセックスしているかのような感覚を強化するという逆説が...
  • 2016.09.06
sex
  • 日本に現存する唯一の秘宝館  みなさんは「秘宝館」を知っているだろうか。 1970年代前後に現れた、性をテーマとした「おとなの遊艶地」であり、アングラでディープ、滑稽でユニークな施設としてかつては温泉地につきものであった。 性器をかた...
  • 2016.08.23
sex
  • 「賢者タイム」と「男の不感症」  森岡とは真逆の立場から書かれた本がある。その名も『オトコのカラダはキモチいい』。 AMでもセックスについて語ってきたAV監督の二村ヒトシ、やおい・BLを専門に研究する社会学者の金田淳子、「アダルトグッ...
  • 2016.08.09
sex
  • 女性のエロスイッチは視覚ではない?「男は目で恋に落ち、女は耳で恋に落ちる」。 イギリスの政治家、ジャーナリストのウッドロウ・ワイアットが言った、誰もが聞いたことのある言葉である。  男女の性愛の違いについては、他にも「女はシチュエーシ...
  • 2016.07.26