• sex
  • 2016.04.22

「お湯漏れ」はPC筋低下の証拠?「ゲイシャボール」で話題の膣トレ術

その昔、芸者さんたちは膣にボールのようなものを入れて日々トレーニングに励んでいたことにより名器を手に入れていたそう。しかし、最近は膣を支える筋肉が意識しないで低下してしまっている女性がいることも事実。そこで、今回は骨盤底筋(PC筋)という膣を支えている筋肉を鍛えることが出来る優れモノをご紹介します。

知らずに低下している骨盤底筋

みき ラブグッズ 膣トレ ゲイシャボール ケーゲルボール スマートボール PC筋 骨盤底筋 名器
by danielmviero

 皆さん、「ゲイシャボール」という言葉を知っていますか?
なんでも昔は、芸者さんたちが膣にボールのようなものを入れて日々名器作りに励んでいたそうです。これが由来となり、膣トレのボールは海外でも「ゲイシャボール」で馴染みがあるそう。

 芸者さんがどのような意図で名器作りに励んでいたかわかりませんが、良い膣とセックスは作れる! 努力なくして良い膣はない! という感じだったのでしょうか。膣トレボールはゲイシャボール以外にも、「ケーゲルボール」や「スマートボール」と呼ばれています。

 ところで、私は22歳の頃に“お湯漏れ”を体験しました。
微量ですが、湯船から出るとお湯が漏れる…。湯船の入り方にもよるそうですが、「膣がゆるい」と言われたことも、実感もなかったのに! と大変ショックを受けました。その時、出産経験に関わらず、骨盤底筋(PC筋)という膣を支えている筋肉は意識しないうちに低下してしまう、という危機感を持ちました。

 そもそも、骨盤底筋(PC筋)は出産でとゆるくなると言われています。また、「膣がゆるい」とされるのも、この筋肉が低下しているからです。
腹筋のように鍛え方のメソッドが確立されているわけではないので、膣をギュッと締める、尿の出し方を工夫するなど、独自の鍛え方で日夜トレーニングを積んでいる方がちらほら。しかし、正しく締まっていなかったり、膀胱炎になってしまったりとその道はなかなか大変なのです。

 私はセックスで必ずオーガズムに達せるので、骨盤底筋(PC筋)を鍛えよう! 膣トレしよう! と思うことはありませんでした。膣内のどこをどんな風に締めれば良いかも、日頃のソロセックス(オナニー)で、分かっているつもりでした。

 けれど、お湯漏れ以降はなんだか気になってしまい…。
 膣トレには「彼がもっと気持ちよくなる」、「彼をとりこにする」といった奉仕的で主体性のないキャッチコピーばかりが目に付きます。膣の締め方や筋肉の使い方を学んで自分がもっと気持ちよくなりたい、という膣トレはまだ邪道な雰囲気すらあります。
また、骨盤底筋(PC筋)を鍛えたからといって必ずしも中イキできるようになるわけではありません。そもそも体調や体質に影響されやすいので、中イキを目指すというよりも、自分の膣の中について知ることこそが膣トレの極意だと思うんです。

 というわけで、トレーニングは嫌いだし、まして他人のために努力なんて…と、かなり腰が重かった私でもいざやってみると、楽しみながら続けられているので、この楽しさをお伝えします。

ボールを捕えて締めることが重要

みき ラブグッズ スマートボールウノ
©スマートボールウノ

 私はまず、FunFactoryのスマートボールウノという比較的安価なケーゲルボールからチャレンジしました。

 ケーゲルボールはだいたいが2つ以上のボールから成るのですが、こちらはボールが1つなのでチャレンジしやすいのが特徴です。
私は元々タンポンがあまり好きではないので、違和感を感じるのでは? 日常生活に支障が出るのでは? と不安もありました。
また、重さがあるほうが効果的だそうですが、ステップを踏んで使った方が良いようなので、ウノの軽さはちょうど良かったです。
丸いボディですが先端が尖っているので、すんなり入れることができます。もちろん、挿入の違和感もありません。

みき ラブグッズ アイディグライド
©アイディグライド

 濡れていない膣にケーゲルボールを入れるには、水溶性ローションの使用をおすすめします。特に水溶性で高品質のアイディルーブのアイディグライドは伸びが良く、定番の品です。

 使用(挿入)時間は人によって違うと思います。私はトイレの時は外したい派なので、使用時間はだいたい1時間から2時間程度です。主に家事の途中で、ボールを意識して膣がキュッとしまることを意識しました。

 元々、膣を比較的操れる、締めたいところを締めれると自負していたのですが、ケーゲルボールを使ってから、そんなことはないと自覚させられました。というのも、締め方によってはケーゲルボールが出てきてしまったり、そもそも最初は膣の中で捕らえることすら一苦労。筋肉痛にはなりませんが、これ以上締められない…ということは未だにあります。膣トレーニングの道は奥深い。でも、徐々にできるようになれば良いんです。

 重要なのは、ボールを捕らえて締められるようになることです。
ボールを捕らえるようになると、セックスの時の膣の動かし方が分かるようになるので、より気持ち良くなります。また、挿入時に男性器の形がハッキリと分かるようになるので、セックス中のコミュニケーションも増加するんです。

上級者には振動するケーゲルボールで達成感を

みき ラブグッズ SWAN クラッチ
©SWAN クラッチ

 初心者向けのケーゲルボールでコツを掴み、さらにトレーニングに興味が出た方や、もっと効率的に鍛えたい! という方には、SWANのクラッチがおすすめです。

 クラッチは膣で締めるとボールが振動するという画期的なケーゲルボールです。
もちろん、最初は振動しません。膣トレで自信もついていたので挫折感を味わいましたが、膣のどこを締めればよいかコツを掴むと徐々に振動するようになるので、かなりの達成感があります。習慣的に膣トレの時間を取ってしっかり鍛えたい! という方にはSWANのクラッチが断然おすすめです。

 骨盤底筋(PC筋)を鍛える道はなかなか険しいですが、その分、効果は絶大です。
セックスの直前までケーゲルボールを入れておくと、いつも以上に締まるのでいいですよ。ちょっと恥ずかしいですけどね…。

…次回は《バイブはコンセプトが命!日本のラブグッズを変革した海外4ブランド》をお届けします。

Text/みき

おすすめの膣トレグッズ

ライタープロフィール

みき
1991年生まれ。女性とセックス、ソロセックス(オナニー)やその周辺について。

今月の特集

AMのこぼれ話