• sexPR
  • 2015.12.26

「少し強引でも、君の身体は嬉しそうだな」独占欲を刺激して、お仕置きセックスをゲット

イケメンたちとの妄想プレイを楽しめるエロ乙女系ネットゲーム「おいらん乙女」。今回は「なんでこのやりとりで男の心を掴めるのか?」を徹底解剖!魅力的な男性キャラクターたちとの恋の駆け引きを楽しんじゃいましょう!

胸キュンシーンから濃厚なドSセックスを厳選!

 舞台は明治時代の吉原。病気の妹を救うために、失踪した“伝説の花魁”の替え玉として、処女のままで花魁になることに……。

『おいらん乙女』は、遊郭に客として登場する、魅力的な男性キャラクターたちとの恋の駆け引きを楽しみ、見事その心を射止めた暁には、濃厚なエッチまでもが楽しめてしまう人気沸騰中のオンラインR18乙女ゲーム。

 さて、今回はこのゲームを“恋愛シチュエーション別練習帳”として、夜ごと花魁を求めてやってくる男性キャラたちとの逢瀬から「なんでこのやりとりで男の心を掴めるのか?」を徹底解剖してみます。
男心をくすぐるツボを花魁から学んじゃいましょう!

→4人の殿方たちのドSなプレイに酔いしれる!

王道テクは「相談」で差をつける

 最初にご紹介するのは、将来有望と期待されるエリート軍人の中御門 純之助(なかみかど じゅんのすけ)様です。
巷の女性からは王子様とも慕われているほどのパーフェクトな男性。

oiran
「中御門 純之助」

 そんな高嶺の花をゲットする花魁のテクニックはズバリ、これ!

「実は‥‥他のお客様の相手をしなくてはならなくなって‥‥。」
「‥‥っ!他の客‥‥!?」
「断りづらい相手のようなんです。」
「宴席だけで良いとは言われたのですが、中御門様に相談がしたくて、それで‥‥。」
(少し沈黙があった後に)「‥‥僕が『相手をするな』と言えば、聞いてくれるのかい?」
「え?‥‥っ!」
(中御門様に後ろから激しく抱きすくめられる)

 他の男の存在をさりげなく匂わせるというのは、ありがちな方法と思うかもしれませんが、 “相談”という形を取っているところがさすがです。
黙っていればバレない状況であり、知らせることのない案件であっても、あえて相談をする。すると嫉妬と、正直に話してくれたという優越感でもって、ますますその花魁に夢中になるという寸法です。

 しかも嫉妬が混入すると、欲情が高まるのは当然の理。必然的に濡れ場も盛り上がります。

「僕は、君の客の一人にすぎない。今は、君にとって唯一の客だけれど――。」
(中御門様の手が着物の中で動き始める)
「あぁっ!」
(嫉妬心むき出しで指を乱暴に入れてくる)
「少しくらい強引でも、君の身体は嬉しそうだな。君の身体をこんな風にしてしまったのは僕だけれどね。」

「この女を他の男に取られたくない」という独占欲から、貪るように求められる快感は、他では味わうことが出来ない甘美。身も心も激しく奪われるように愛されることは、まさに女の夢! 相談テクで男心を掴む

情熱的な踊りで最高の前戯を

 次にご紹介するのは、性技の達人でもある人気歌舞伎役者の宇佐川 密(うさがわ ひそか)様との逢瀬。

 ご自身も芸事に励む宇佐川様だからこそ、花魁にも“踊り”での接待を求めます。「(さっきも緊張したけど‥‥今は宇佐川様の視線が熱い‥‥)」と、舞っているあいだ中、突き刺さる視線に、まるで宇佐川様に抱かれているように感じてしまう……。

oiran
「宇佐川 密」

 さて、このシチュエーションのポイントはなんといっても“踊り”です。というのも、現代でも“踊り”は肉体の官能性をアピールできる行為のひとつですよね。海外の映画などでは、挑発するように踊る女性が、男性をベッドへと誘うシーンをよく見ます。

 踊ることで男性を興奮させ、誘い受けるというテクニックは、少し照れくさい気もしますが、勇気を出してぜひ、使ってみたいものです。「いやいや、そんなの無理!」という人は、ロックバーやクラブイベントなどに一緒に行けば、自然と踊っている姿を見せることが出来ますよ。

 そんな“視る男”と“視られる女”の官能がマックスに達した濡れ場がこのシーン。
踊り終えた後、宇佐川様に口づけされ、徐々に興奮は高まっていき…

「腰を揺らすな。入れらんねえだろ。」
「ぁっ‥‥それは宇佐川様が‥‥」
(宇佐川様に腰を押さえつけられ、奥まで深く突かれる)
「ぁあっ、んんっ‥‥!」
「これからも、お前は俺だけのものだ。誰にもこんな姿を見せることなく、ただ俺を求め続けろ。」

 たっぷりと見せつけられることで昂った欲情ゆえの、熱烈な求愛!これが手に入るのならば恥を掻き捨てて踊らにゃ損!!! 官能MAX!熱烈求愛

さりげない気遣いが男心をわしづかみ!

 気を取り直してお次に紹介するのは、心に闇を抱えた小説家、今枝 譲(いまえだ ゆずる)様。

 年上の男性ゆえに余裕があり、同衾前に一緒にお酒を飲むことを所望いたします。
しかし、口移しで与えられるせいで、酔っぱらってしまった花魁は――。

「目が潤んできたな。もっと飲みたいか?それとも、続きはこちらがいいか‥‥?」
「ぁ‥‥んんん!」
(今枝様に滴りそうなぐらい濡れた秘部を触られる)
「ん?もう準備万端のようだな。‥‥久しぶりに、たっぷり可愛がってあげよう。」
「ああ‥‥!」
(一気に奥まで押し込められ、言葉にならない快感が押し寄せる)
「‥‥どうだ?」
「‥‥っ、はい。今枝様との時間を、もっと大切に過ごしたいから、潰れるわけには‥‥。」
「まったく‥‥、君は可愛いことを言うな。年も忘れて、夢中になってしまう‥‥。」

oiran
「今枝 譲」

 長い付き合いになればなるほど、せっかく相手が誘ってきてくれても、つい自分の欲や都合を優先して「ちょっと待って」とストップを掛けてしまったりすることって、ありますよね(苦笑)。

 例え、もうちょっと飲みたくても、お酒のせいで眠気に襲われては台無しです。花魁のように、相手の男性を優先させる健気さが、男心をくすぐるのかもしれません……。 濡れた秘部を触られて

キラーワードは「ありのまま」

 最後にご紹介するのは、帝国陸軍連隊長にして、舶来仕込みのテクニックの持ち主と誉れ高い櫻井 藤伍(さくらい とうご)様。
「伝説の花魁」の元客でもあり、ミステリアスな雰囲気の粋人な櫻井様のハートを動かすのは、どんなテクニックなのか。

「華美な衣装を脱いで、身体ひとつの女になったとしても‥‥、貴女はこんなにも美しいのですね。私の心をとらえて、離さないくらいに‥‥。」
「‥‥私も、櫻井様が好きです‥‥。私を見つめて、抱きしめてくださる‥‥、そのままの櫻井様が‥‥。」
(櫻井様を強く抱きしめる)
「そのままの私、か‥‥。貴女もかなりの変わり者ですね。」
「そうでしょうか‥‥?」
「ああ。今そのようなことを言われたら、止まらなくなる‥‥っ。」
「やぁあああ‥‥!」

oiran
「櫻井 藤伍」

 密かなコンプレックスを抱いていて、素の自分に自信が持てないでいるのは、男性も女性も同じこと。けれど、一方で心のどこかでは“そのままの自分”をまるごと認めて欲しいとも思ってもいます。
だからこそ、シンプルに「そのままの貴方が好きです」と口にすることは有効なのです。男は女に包容されると弱い!

 というわけで、男心を翻弄するテクニックの勉強にもなる乙女おいらん。ぜひ一度プレイしてみてはいかがでしょうか。 今すぐ男心を学ぶ!

 いかがだったでしょうか。
イケメン殿方のドSセックスが楽しめる『おいらん乙女』。

 ここに紹介したのは、ほんの一部だけ。もっとドキドキするドSセックスが楽しめるので、ぜひプレイしてみてくださいね! ドSプレイで絶頂体験! Text/大泉りか

ライタープロフィール

大泉りか
キャバ嬢、SMショーのM女、ボディペインティングのモデルなどの経歴を経て、現在は官能小説家、ライトノベル作家。

今月の特集

AMのこぼれ話