• sexPR
  • 2015.11.24

【閲覧注意】冷静な軍人があなたの肉体を激しく貫いて…禁断の一夜に心奪われるエロ乙女ゲーム

イケメンたちとの妄想プレイを楽しめるエロ乙女系ネットゲーム「おいらん乙女」。耳元で甘美な言葉をささやかれたり、女心を知り尽くした手練れの技を繰り出されたり…現実ではなかなか体験できない年上男性とのセックスを疑似体験できます!秋の夜長もこれでバッチリです。

和風イケメン祭りのエロ乙女ゲー!
肌寒い秋の夜のお供に…

 秋も深まってまいりました。こんな季節だからこそ、味わいたいのが紅葉狩りにお月見といった“和”を感じさせる行事。そして、せっかくだから、トキメキだって秋モードにチェンジして、和風イケメンとしっとりと愛し合いたい……というわけで、この季節だからこそオススメしたいのが、人気沸騰中のR18乙女ゲーム“おいらん乙女”です。

 まだプレイしたことのない人のためにストーリーを説明すると、舞台は明治時代の吉原。ひょんなことから、失踪した“伝説の花魁”の身代わりとなり、処女のままで花魁となることに――。

 まさかの苦界落ちからスタート……といってもご安心を。ヒロインを迎え入れるのは、文武両道のエリートの軍人王子様、俺様でかつ超絶テクニシャンの人気歌舞伎役者、心を閉ざしたオジサマ小説家、ミステリアスな雰囲気で遊びなれた粋人といった、イケメン祭り。彼らの濃厚なセックスは、秋風で涼まった身体を熱くすること間違いありません。

伝説の花魁の身代わりになる!

秘具を挿入されて…
淫乱の秋こそ長い時間をかけよう

 さて、まず一人目にご紹介するのは、自信満々ドSキャラ、人気歌舞伎役者の宇佐川 密(うさがわ ひそか)様との、イケナイ戯れ。脚を大きく開かされ、殿様にも献上されていたという秘具を挿入されると、アソコが疼いて信じられないほど、身体が熱く……。
暑くもなく寒くもない秋は、長い時間を掛けて、たっぷり身体を可愛がられるのにバッチリのシーズンですね!

 ドSの宇佐川様の言葉責めも胸キュンどころのひとつ。「もっと大きく。お前の身体は、奥の深くまで知り尽くしてるんだ。」なんていう命令で、心も体も支配されたあげく、「気持ち良さそうだな。俺のを入れてるときよりいいか?」なんて意地悪な言葉に心を掻き乱されてからの「道具なんかで喘いでいるより、俺の下で乱れている方がお前には似合うな。」と、艶めいた宣言!

エロ調教上手な宇佐川様と一緒に、淫乱の秋を楽しもう!

耳元で甘美な言葉をささやかれる
大人のセックス

 二人目にご紹介するのは、今枝 譲(いまえだ ゆずる)様。四人の中では、一番のオジサマです。

 そんな、今枝様のセックスはというと、さすがは大人の余裕で、肌の触れ合いを重視。背中から抱きしめられることで、守られている安心を感じながらも、下半身の熱い滾りで、秋の夜気で冷えた身体は芯からじんわりと温まる……。しかも、耳元で囁かれるのは、小説家だけあり、今が旬の果物のように、甘くて蕩けそうなセリフの数々。

「君と出会った日から、私の生活は変わってしまった。誰かを愛すことなど‥‥愛されることなどもうないと思っていたのに」と、年上男性だからこその重みある心情の吐露の後には「‥‥‥愛している。」とシンプルな愛の告白!そして、「私にまだこんな欲望が残っていたなんて‥‥過去の私が知れば驚くだろうな。」と、どこまでも、まるで宝物のように慈しんでくれるんですから、枯専女子でなくとも感激にハートが打ち震えてしまうのではないでしょうか。

インテリの今枝様の唇から紡ぎ出される、性愛文学に触れる!

前傾姿勢で感じる色欲の秋

 そして三人目は、中御門純之助(なかみかど じゅんのすけ)様。エリート家系に生まれた将来有望な軍人で、巷の女性たちからは「王子様」と呼ばれているパーフェクトな男性です。

 そんな中御門様と秋の夜長に楽しみたいのは、武芸で鍛えた逞しい身体の中にすっぽりと包み込まれての騎乗位です。騎乗位といっても、上半身がギュッと密着した前傾姿勢ゆえ、快感とともに、愛もたっぷり感じることが出来るのがポイントです!

 文武両道に長けているゆえ、愛の言葉も巧みな中御門様。「いくつか晩餐会にも出たけれど、君のような輝きを放つ人には出会ったことが無い。」と、まずは美しさを十分に賛美。その上で、「もう我慢できない。‥‥君のせいだよ?」と欲情を隠すことなく露わにし、そして、「君がいれば‥‥他にはもう、何もいらない‥‥。」とすべてを兼ね備えた男性によるオンリー1の宣誓!これぞワンツーフィニッシュ!!!

パーフェクトな王子様、中御門様の豊潤な愛と甘美さに包まれる!

プレゼントした衣装でのコスプレセックス危険な魅力を持つ冷静な軍人は
女心を知り尽くした手練れの技を持ち…

 そして最後、四人目にご紹介するのは、櫻井藤伍(さくらい とうご)様。中御門様の上司で、「伝説の花魁」の元客でもあります。ミステリアスな雰囲気の粋人で、舶来仕込みのテクニックの持ち主でもあるとか。

 そんな、危険な魅力を纏った櫻井様の褥での振る舞いはというと、刺激的な対面立位とねっとり糸引きディープキスとのコンボ!激しく肉体を貫きながらも、甘いキスは忘れないだなんて、さすがは女心を知り尽した手練れの技。

 このように、情交ひとつとっても、相当に慣れていることが伺える櫻井様に、うっかりと惚れてしまっては地獄の道。しかも、厳しい規律が骨まで染み込んだ軍人であるからして、感情のままに行動することなどない、と思いきや――。

「このままでは、気持ちのままに貴女を手荒く扱ってしまいそうだ‥‥。」と、実は心の中には、紅葉のように真っ赤な炎がメラメラと燃えているのです。それもすべては、「私は『伝説の花魁』の中身には興味はなかったはずなのだが‥‥、貴女に心奪われ、愛してしまったようです。」という恋情が成せる技。冷静で世慣れた男が取り乱す戸惑いと喜び、ありますよね(うっとり)。
櫻井様の心技体揃った淫戯に耽溺してみる

 人恋しいこの季節、肌寂しさから、うっかりダメ男に引っかからないためにも、“おいらん乙女”の最高にセクシーな日本男児たちから、たっぷりとトキメキを補給したいものです。

最高にセクシーな日本男児たちからトキメキを補給する

Text/大泉りか

ライタープロフィール

大泉りか
キャバ嬢、SMショーのM女、ボディペインティングのモデルなどの経歴を経て、現在は官能小説家、ライトノベル作家。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

緊急!読者アンケート

AMをより楽しいサイトに改善するため、読者の皆様に緊急アンケートを実施しております。 新しい設問になっているので、ぜひお答えいただきたいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

アンケートはこちら