• sex
  • 2015.11.05

着物美人は膣の締まりもいい!?普段からアソコを締めてより感じる身体に

AMが幻冬舎とスペシャルコラボ! 全5回に分けて、AMでは幻冬舎さんが厳選した女性向けの書籍の内容をちょっとだけご紹介します。最終回の今回は『彼が離れられなくなる! たった5分の魔法体操』から着物美人と膣のしまりの関係について解説します。

 幻冬舎×AMコラボ企画第2弾!
今年6月に発売され、「膣トレ」界に新たなブームを巻き起こした『彼が離れられなくなる! たった5分の魔法体操』からとっておきの内容を全5回にわけてご紹介します。
最終回の今回は骨盤底筋を鍛えている女性を紹介します。

 第1回「実は知らないオーガズムの仕組み!1日5分の体操だけで締りがよくイケる膣に」はこちら!
 第2回「出産後のアソコのゆるみは改善できる!骨盤底筋体操でもっとセックスを楽しもう」はこちら!
 第3回「男性も膣トレすれば効果バツグン!?骨盤底筋体操で早漏を改善」はこちら!
 第4回「昔の女性は自然と膣トレをしていた!?骨盤底筋の鍛え方は江戸の女にならえ」はこちら!

現代にもいる「しまっている」女たち

金城真美 彼が離れられなくなる!たった5分の魔法体操 膣トレ 早漏
2benny

  昔の女性が生理のとき、月経血を膣内にためることができたのは、それだけ骨盤底筋にしまりがあったということでしょう。
そうでなければ、綿玉を膣の入り口で止めることはできないし、ましてや膣内に月経血をためておくことなどできません。膣がゆるんでいたら、月経血がだらだらと流れてしまいます。
「昔の女性だからできたことではないか」と思うかもしれませんが、現代にも月経血をコントロールできる女性がいるといいます。
前回も紹介した『オニババ化する女たち』の著者が取材した60代後半の京都の芸妓さんは、着物姿が美しく見えるように下着はつけず、腰巻きだけつけていたそうです。
腰巻きというのは、腰に巻く布のことで、パンツのようにはくものではありませんでした。
そして、生理のときは「生(き)ずきの紙」という上質な和紙を丸めて、膣に詰めていました。
入れる場所は、膣の入り口から2センチくらい奥の、「なにか入れている」という感覚があるところで止めていたそうです。そして、1~2時間ごとにトイレに行き、腹圧をかけて紙玉をプッと出し、いっしょに月経血を出していたのです。
それにしても、紙玉が落ちたりしないのだろうかと心配になります。それについては、歩き方に工夫があるようです。落とさないように、意識しながら歩くのです。
著者は、日本舞踊の歩き方にヒントがあると指摘しています。股を引き上げるようにしながら下半身を安定させ、すり足のように歩くというものです。そうすると、自然と骨盤底筋をしめるような姿勢になるのでしょう。
昔の女性が着物で生活していたことを考えると、そうしたふだんの姿勢や歩き方が、意識しなくても骨盤底筋をしめることにつながっていたのだと思います。
それでも昔は、道端に赤い紙玉が落ちていたことがあったそうです。当時、子どもだった女性が記憶していたことですが、おそらく生理中の女性が落としたものだったのでしょう。いくら現代女性より骨盤底筋がしまっていたといっても、詰めた紙玉が落ちることもあったのだと思います。

 著者によると、もっと若い世代でも、月経血をコントロールしている女性がいるといいます。
ある30代後半の女性は「生理中はかなり意識して、下腹部に神経を集中してしめていますが、3時間おきにトイレに行けば失敗することはありません。念のため、ナプキンを朝昼夕と寝る前の数回だけつけていますが、ほとんど替える必要はないですね」と語っています。この女性はだれに習うでもなく、自然とこうした方法を身につけたようです。
また、50代の女性は「高校生の頃、月経血が多く、とてもつらかったので、自分でなんとかしようと思いました。スポーツが好きで、ヨガを始めたのですが、そのとき、呼吸法や骨盤底筋の調節のしかたを覚え、自然と月経血をコントロールできるようになりました」といいます。
このように現代女性でも意識すれば、膣をしめたり、ゆるめたりすることができ、月経血もコントロールすることが可能だということです。
昔の女性のセックスがどのようなものだったのかは想像するしかありませんが、骨盤底筋がしまっていた分、現代女性よりオーガズムを感じることができたのではないかと思われます。

金城真美『彼が離れられなくなる! たった5分の魔法体操』

 骨盤底筋を鍛えると、しまりのあるカラダになる!
彼の気持ちよさもアップ!

 「ちつトレ」「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」などのセックス本はありますが、本書はもっと実用的、かつ研究や論文にもとづいた、まっとうなセックス本になります。
よくあそこ(膣/骨盤底筋)が「しまっている」「ゆるい」という表現をしますが、膣がしまることは男性にとって気持ちいいだけではなく、女性にとってもより感じやすくなり、オーガズムを感じやすくなるのです。たった1日5分の体操だけで、魔法のカラダになれる手法を女医が伝授。

著者プロフィール

 沖縄県生まれ。杏林大学医学部付属病院泌尿器科女性骨髄底専門外来担当。医学博士。杏林大学医学部卒業。泌尿器科専門医・指導医。
女性が受診しにくいとされる泌尿器科領域において、女性専門外来を担当し最先端の治療の普及に努める。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

緊急!読者アンケート

AMをより楽しいサイトに改善するため、読者の皆様に緊急アンケートを実施しております。 新しい設問になっているので、ぜひお答えいただきたいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

アンケートはこちら