• sex
  • 2015.10.29

昔の女性は自然と膣トレをしていた!?骨盤底筋の鍛え方は江戸の女にならえ

AMが幻冬舎とスペシャルコラボ! 全5回に分けて、AMでは幻冬舎さんが厳選した女性向けの書籍の内容をちょっとだけご紹介します。今回は『彼が離れられなくなる! たった5分の魔法体操』から生理と骨盤底筋について解説します。

 幻冬舎×AMコラボ企画第2弾!
今年6月に発売され、「膣トレ」界に新たなブームを巻き起こした『彼が離れられなくなる! たった5分の魔法体操』からとっておきの内容を全5回にわけてご紹介します。
第4回の今回は骨盤底筋と生理について解説します。

 第1回「実は知らないオーガズムの仕組み!1日5分の体操だけで締りがよくイケる膣に」はこちら!
 第2回「出産後のアソコのゆるみは改善できる!骨盤底筋体操でもっとセックスを楽しもう」はこちら!
 第3回「男性も膣トレすれば効果バツグン!?骨盤底筋体操で早漏を改善」はこちら!

昔の女性はしまっていた?

金城真美 彼が離れられなくなる!たった5分の魔法体操 膣トレ 早漏
Yuki Yaginuma

 現代女性は骨盤底筋を意識することがほとんどなく、患者さんに骨盤底筋の話をしても、「骨盤底筋ってなに?」と不思議そうな顔をされます。
そんな状況ですから、内診をし、「膣をしめてみてください」といっても、膣をしめることはおろか、どこに力を入れていいのか、まったく見当がつかない人が多いです。
ところが、昔の女性は自然と骨盤底筋を鍛え、膣をしめることができていたようなのです。
私も昔の状況についてはよく知らなかったのですが、『オニババ化する女たち』(三砂ちづる著、光文社新書)には、月経血をナプキンなどの生理用品を使わずに処理していた女性たちのことが紹介されています。
現代女性にとって「生理のときはナプキンを下着に当てるもの」というのが常識になっていますが、現在のような生理用品がなかった時代はそうはいきません。
驚くことに、昔の女性たちは生理用ナプキンを使わずに、自分で月経血をコントロールしていたというのです。おそらく、昔の女性は骨盤底筋がゆるんでおらず、月経血を止めることができたのでしょう。

 それは着物が普段着だった頃の話です。当時はいまのような下着はつけていませんでした。現在のようなパンツをはいていたのは、医師や教師など、経済的に恵まれた家の娘さんぐらいだったようです。
では、昔の女性は生理のとき、どうしていたのでしょうか?
明治生まれくらいまでの女性は、生理用ナプキンのように外から紙や布などを膣に当てるのではなく、紙や綿花などを丸めたものを膣の入り口あたりに入れていたそうです。そして、トイレに行ったときに、たまった月経血を出していたのです。
「それって、タンポンのことでは?」
そう思うかもしれませんが、使い方が根本的に違います。
現代のタンポンにはひもがついていて、膣の少し奥のほうに入れて月経血を吸収させますが、昔の女性は、紙玉や綿玉を膣の入り口あたりに入れ、ふたのようにして膣から月経血が流れ出ないようにしていたのです。そして、トイレに行ったときに、紙玉や綿玉といっしょに月経血を出していたということです。
つまり、月経血をためているときは、ふたをするように膣を軽くしめ、トイレで月経血を出すときは膣をゆるめていたことになります。現代女性にとって月経血は自然と流れ出るものですが、昔の女性にとってはコントロールできるものだったのです。

 実際、明治21年(1888年)の婦人衛生会雑誌の第1号には、次のような記述がみられるそうです。
「膣内に紙の珠(たま)を挿入するのは有害である」
「『スキカヘシ』一名浅草紙というものを挿入するものがあるが、はなはだ有害で、治しがたい子宮病を発することが多い」
著者は、膣内に入れた紙の詰めものを取り忘れたり、紙の一部が膣内に残ってしまったりして子宮頸管炎(けいかんえん)や膣炎(ちつえん)を起こした人が多かったため、産婦人科医が注意を促したのではないかと推測しています。
また、明治~大正時代の産婦人科医、緒方正清(おがたまさきよ)が書いた『婦人家庭衛生学』(1916年)には、「〝しのび綿〟や〝しのび紙〟といった日本風の月経時のたんぽんは生殖器の興奮性を高めるため、不適切であり、綿や紙の塊(かたまり)を挿入せず、外部より吸収しやすきものを以て丁字帯(ていじたい)を施すがよい」とあるそうです。
つまり、「生理のときに紙玉などを膣に入れると、女性が興奮しやすい(快楽を得てしまう)ため、紙玉を膣に入れたりせず、外側にナプキンのようなものをあてがいなさい」といっているのです。
こうした指摘があったためか、大正後期~昭和初期の世代からは、紙を綿で包んだものをナプキン代わりにし、「丁字帯」と呼ばれる越中ふんどしの女性版のようなもので固定するようになっています。その後は、「生理帯」と呼ばれるゴムテープで脱脂綿を固定するパンツが登場したようです。
現代女性に月経血をコントロールする技術が伝授されていないのは、こうした経緯があったからなのでしょう。
それでも、女性たちのなかには月経血をコントロールしている人たちがいます。
次回は、そうした女性たちを紹介します。

金城真美『彼が離れられなくなる! たった5分の魔法体操』

 骨盤底筋を鍛えると、しまりのあるカラダになる!
彼の気持ちよさもアップ!

 「ちつトレ」「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」などのセックス本はありますが、本書はもっと実用的、かつ研究や論文にもとづいた、まっとうなセックス本になります。
よくあそこ(膣/骨盤底筋)が「しまっている」「ゆるい」という表現をしますが、膣がしまることは男性にとって気持ちいいだけではなく、女性にとってもより感じやすくなり、オーガズムを感じやすくなるのです。たった1日5分の体操だけで、魔法のカラダになれる手法を女医が伝授。

著者プロフィール

 沖縄県生まれ。杏林大学医学部付属病院泌尿器科女性骨髄底専門外来担当。医学博士。杏林大学医学部卒業。泌尿器科専門医・指導医。
女性が受診しにくいとされる泌尿器科領域において、女性専門外来を担当し最先端の治療の普及に努める。

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

緊急!読者アンケート

AMをより楽しいサイトに改善するため、読者の皆様に緊急アンケートを実施しております。 新しい設問になっているので、ぜひお答えいただきたいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

アンケートはこちら