菊池美佳子のオトコを甘やかすな!

様々なナイトワークを経験した菊池美佳子さんが連載するセックスにまつわるコラム。数多くの男性と交わってはきたものの、最近「賢者タイム」気味だという菊池さん。甘いセックスをするために、オトコを甘やかさない秘訣を伝授してもらいます。

菊池美佳子のオトコを甘やかすな!
sex
  • セックスしないと惚れっぽくなる?  オンナは、セックスをすると情が湧き、その情が恋心になりがちな生き物です。が、ヤリマン活動をしていると、セックスするごとにいちいち恋していては疲れるので(笑)、オンナ特有の現象が起きにくくなります。 ...
  • 2016.08.29
sex
  • 時代は3回から30回へ 映画監督の故・小津安二郎さんが、「男女の仲というのは、夕食を二人っきりで三度して、それでどうにかならなかったときは諦めろ」という名言を残しています。有名な言葉なので、すでにご存知のかたも多いでしょう。知らなかっ...
  • 2016.08.22
sex
  • 光源氏と葵の上の関係  初めて『源氏物語』を読んだのは、小学校5年生のときでした。もちろん、小学生のガキンチョが、原文で読めるわけもなく(笑)。小学生でも読めるよう、漫画にアレンジしたものだったんですけどね。  当時の筆者がもっとも疑...
  • 2016.08.15
sex
  • 欲求スイッチの入れ方  人間の三大欲求といえば、「食欲」「性欲」「睡眠欲」ですが。 これはあくまでも筆者の場合なのですが、性欲と睡眠欲は時期によって、オンになったりオフになったりするんですけどね。食欲に関しては、物心ついた頃からずーっ...
  • 2016.08.08
sex
  • Sは男の本能?  セックスに関する書き物でおまんまを食べていると、「ものすごく特異な性嗜好を持っているに違いない!」と、誤解を受けることがあります。 ところがどっこい、筆者の性嗜好はSでもなくMでもなく、ごく普通です。 +αを求めずと...
  • 2016.08.01
sex
  • 恋愛における安心は正規雇用?  お互いに、「異性」としての感情が1ミリもない殿方との「恋愛談義」って面白いですよね。 自分も向こうも、「駆け引き」をする必要がないから、ぶっちゃけトークができます。 その結果、「なるほど、オトコの思考と...
  • 2016.07.25
sex
  • 捉え方次第でハッピーに  コップに半分の水が入っています。 この水を、「半分しか入っていない」と捉えるか、もしくは「あと半分も入っている」と捉えるか…… 誰もが一度は耳にしたことがあるであろう、有名な精神論(!?)ですよね。 要するに...
  • 2016.07.18
sex
  • 脚ピンオナニーのやりすぎ!?『ハイスペ彼氏を捕まえたければ美尻になれ!リッチな男が尻フェチな3つの理由』を入稿した際に、担当編集I嬢がボソッとひと言……「胸フェチ男子や尻フェチ男子にはちょくちょく遭遇しますけど、脚フェチ男子って滅多に...
  • 2016.07.11
sex
  • イケメンが苦手!  先日、筆者にしては珍しく、イケメンと甘いひとときを過ごす機会がございました。 まず、「筆者にしては珍しく」という部分ですが、実はイケメンって苦手だったんですよね。 筆者のように、イケメンが苦手な女性って、意外と多い...
  • 2016.07.04
sex
  • バリキャリ女子の法則 「バリキャリ女子」という造語がすっかり市民権を得た昨今、筆者の周りにも、男性並みに……いや、男性以上にバリバリ仕事をしてキャリアを積んでいる女性たちが何人もいます。 仕事ができる女性って魅力的ですよね。  そんな...
  • 2016.06.27

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など