• sex
  • 2016.11.28

LINEが好きか、セックスが好きか?すれ違う男女の目的が生んだ「サプリメンズ」

Gスポットやポルチオは人より敏感な菊池美佳子さんが掴み損ねたトレンドが「サプリメンズ」。キスフレ・ソフレに続くこの言葉の意味を、AM読者はお分かりになるでしょうか?今回は、サプリメンズの必要性から考えた男女がすれ違う理由についてです。女子にとってのデートやセックスはLINEのためだとしたら!?

サプリメンズとは?

菊池美佳子 セックス オトコを甘やかすな

 先週、キスフレ・ソフレに続く流行はカモフレらしい……という話を書いたところ、流行に敏感な方々から「キスフレ・ソフレに続くのはサプリメンズでは」と、ツッコミを頂きました。すいませんのぅ、流行に鈍感で。Gスポットやらポルチオは人一倍に敏感なんですけどね。
それはさておき、確かにカモフレという言葉は、今年の新語・流行語大賞候補にはノミネートされていませんね。それは、サプリメンズも同様ですけど。ってことは、筆者と同様に「サプリメンズってなんぞや?」と、首を傾げている婦女子も多いのでは?

 サプリメンズとは、「不足している栄養素を補ってくれるサプリメントのように、なくても困ることはないけれど、いてくれると元気が出るメンズ」ですって。……なるほど!

 筆者が着目したのは、「栄養素」という部分です。我々婦女子がメンズから吸収できる栄養素は、以下3点でしょう。

1.まめなLINEのやりとり
2.定期的なデート
3.セックスによる肉体的快楽

 ただし、サプリメンズは、「1」と「2」は対応可能だけれども、「3」はナシなんですって。なんじゃ、そりゃ? 出張ホストのホームページでお馴染みの決まり文句、「挿入(本番行為)の提供は行なっておりません」と同じじゃないか! あ、お金がかからないって部分が、出張ホストとは違うのか。すいません、早合点しました。

 皆々様は「1」「2」「3」のうち、どれを重要視していますか? 筆者が思うに、意外や意外、「1」の優先順位が高い人が、けっこう多いように見受けられます。婦女子にとってLINEは愛情表現のツールと言われていますからね。「カレは仕事が忙しい人」「でもね、数週間会えなくても、そのぶん毎日LINEがあれば、待っていられるの」ってやつですよ。

男女がすれ違う理由

 対して男性の場合は(※ここで言う男性とは、サプリメンズではなく、一般男性のほう)、ダントツで「3」が大事なのでしょう。
これは極論になりますが、セックス(3)のためにデート(2)をし、デート(2)をするためにLINE(1)をしているといっても過言ではないでしょう。
「セックスしたいが、セックスだけってわけにもいかないなぁ」
「よし、シャレオツなバーでのデートに誘うか」
「いきなりデートに誘うのは怪しまれる危険性大だから、ちょくちょくLINEして親近感を演出だ!」
って思考回路ですよ。

 一方で婦女子は、LINE(1)のためにデート(2)をし、デート(2)をするためにセックス(3)するのかもしれません。
「惚れたオトコにLINEしたいがネタがない」という、ツッコミどころ満載のお悩みをちょくちょく耳にします。そこで、デートに誘うという大義名分のもと、LINEするわけです。ひとくちにデートといっても色々ありますが、ガキンチョの遠足じゃあるまいし、「お弁当持ってピクニックに行き、夕方には解散しましょう」では、男性がノッてこないのも当然。だからこそ、「会社帰りに待ち合わせて、一杯どう?」と、セックスを匂わせるような誘い方になるわけです。
 
 そう考えると、オトコとオンナがすれ違うのも無理はないですね。解決策をご提示したいところですが、解決策がないからこそ、サプリメンズのような存在が流行るんだなぁと思ったのでした。


Text/菊池美佳子

次回は <風邪のひき始めにすぐ病院に行く男はセックスがうまい>です。
12月に入って、いよいよ冬らしくなってきましたね。セックスライフの充実のためにも、この季節に気をつけたいのが風邪。と、いうわけで、菊池美佳子さんがまたまた大発見です!「風邪のひき始めですぐ病院に行く男性はSEXが上手い」。果たしてその心は……?

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など

今月の特集

AMのこぼれ話