• sex
  • 2016.06.13

彼氏ナシ期間=戦国武将!? 「生涯不犯」で一石二鳥を狙うべし

かの有名な越後国の戦国武将・上杉謙信は「生涯不犯」のライフスタイルを貫いていたとされています。そんな、上杉の考えは単に男色であったり、性的不能であったり…という理由ではなく、より深いものがあったのです。現代の恋愛にも通ずる「生涯負犯」の考えを紐解いてみましょう。

彼氏がいない女子は上杉謙信

菊池美佳子 セックス オトコを甘やかすな
©by Silentmind8

 今週末はAKBの総選挙がありますね。
AKBの代名詞といえば、「恋愛禁止」でしょうか。
これを逆手にとって、彼氏不在の女性が、「私はAKBのメンバーだから仕方ないのだ」というギャグ(!?)がひと昔前に流行りましたが、そういったギャグが生まれるということは、私たちの中に「彼氏がいない=恥ずべきこと」という漠然としたイメージがある証しなのでしょう。

 小学生の頃は、好きな男子がいるということ……つまり恋愛していることのほうがよっぽど恥ずかしかったのに、大人になると恋愛していないことのほうが恥になるわけです。
これが大人になるということなのでしょうか。

 それでも最近は、価値観の多様化で、「彼氏がいない=恥ずべきこと」という考え方は廃れ始めてきました。
とは言え、百歩譲って彼氏不在はアリとしても、「男っ気がない」ことに関しては、やっぱりまだ「恥」のイメージが強いように感じます。
そのため、「彼氏はいないけど、セフレはいる」と、顔で笑って心で泣く女性のなんと多いことでしょう!

 男っ気がないことを引け目に感じる必要はないと思うんですけどね。
人生レベルの長いスパンで考えると、一時的に男っ気のない期間があっても、それはちっとも不自然ではないかと。

 一時的に男っ気のない期間をポジティブ活用する方法はないか考えてみました。
その結果、辿り着いたのが、上杉謙信です! 歴ヲタでない限り、上杉謙信と聞いても、GACKTしか思い出せないかもしれませんが、ここでは「生涯不犯」というキーワードに注目したいと思います。

 難しい言葉ですよね。
「ふはん」ではなく「ふぼん」と読みます。
「一生涯、異性と肉体関係を持たない」という意味です。
上杉謙信は、生涯を通じて、女性と交わらないライフスタイルを貫いたとされています。

「できない」ではなく「しない」

 戦国時代は、政略結婚のため、子どもは多けりゃ多いほど好都合とされていました。
とは言え、一人の女性が産むことのできる数には限度があるため、戦国武将たちはじゃんじゃん側室を置いて、セックスに励んだわけです。

 そんな時代に、一生セックスしないだなんて、背後には一体どのような事情があったのでしょう?

 男色だったのではないかとか、性的不能だったのではないかとか、実はオンナだったのではないかとか、様々な説があります。
その中でも、もっとも有力とされているのが、戦勝祈願のため性欲を断ったのであろうという説です。「断ち物」ってやつですよ。

「断ち物」とは、自分にとって大好きなものを断つ……つまり禁欲することで、願いを叶えようとする願掛けのことです。
お茶断ちとか珈琲断ちとかアルコール断ちとか、断ち物のバリエーションは無限に存在します。
ポイントは、自分が好きなものを断つという部分。
元からアルコールを飲まない人が、アルコールを断ったところで願いは叶いませんので、あしからず。

 男っ気がない期間をボケッと過ごすよりも、願掛けを絡めては如何でしょう?
セックス断ちですよ!何らかの願掛けのために、一時的にセックスを封印しているってことにしちゃえば良いのです。
会社での昇進・昇給を願うのも良し、資格試験合格を祈願するも良し、5キロ減量などダイエットネタも良し……そんなふうに捉えれば、男っ気がないことに引け目を感じることはなくなるはず。

 願いに向かって、脇目も振らずひたむきに精進する姿は、男性目線にも魅力的に映るはず!
願望成就する頃には、周囲はあなたに好意を寄せる男性が激増していることでしょう。
これにて、男っ気ナシ期間も終了です。
願望も成就し、男っ気も復活し、一石二鳥とはまさにこのこと!
「セックスできないのではなく、セックスしない」ってことにしちゃいましょう。
結果は後からついてきますよ。

Text/菊池美佳子

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

読者アンケート

AMではより楽しく役に立つサイトを目指すため、読者アンケートを実施しております。 本アンケートにご協力お願いします。

アンケートはこちら