• sex
  • 2016.04.25

私はデリバリーマンコじゃねーぞ!「今から来れる?」LINEへの模範回答

先週の「今から行っていい?」LINE問題に引き続き、今週はもっとひどい「今から来れる?」LINE問題について! こんな失敬な男にはどう対処すべきなのか? 菊池さんによる初級・中級・上級編の模範解答を読んで、今の自分に合った対処法を身につけましょう。

菊池美佳子 セックス セフレ LINE ©tolo liang

 先週は、「夜間にオトコから送られてくる、『今から行っていい?』というLINE」の話を書きました。
入稿時、担当編集I嬢がひと言……「それより下は、『今から来れる?』LINEですよね(笑)」。
「それより下」って! 上とか下とかあるんかいッ!!
というわけで今週は、「夜間にオトコから送られてくる、『今から来れる?』LINE」について書きたいと思います。よろしくお付き合いくださいませ。


都合のいいオンナではない

 まずは、上下関係を明確にしたいと思います。「今から行っていい?」と、「今から来れる?」は、どっちが上で、どっちが下なのでしょうか? 筆者に言わせりゃ、「どっちも下だよッ!」といったところです。
でもまぁ、しいて言えば「今から来れる?」のほうが下なのでしょうね。
男性側にとっては、自宅でボケッと待っているだけで、さながらデリバリーピザのようにマンコが届くのですから。デリバリーマンコですよ。
しかも、デリバリーピザには料金が発生しますが、デリバリーマンコは無料です。
無料どころか、「コンビニで何か買って行こうか?」「おう、じゃあ缶ビール頼むぜ」という流れで、お土産まで貰えちゃうこともあるでしょう。

「今から行っていい?」と、「今から来れる?」の上下関係が明確になったところで、「今から来れる?」LINEに対して、「はい、喜んで」と律儀に応じている皆様に、僭越ながらご進言申し上げます。

「今から行っていい?」と、「今から来れる?」は、「どっちも下!」と書きました。「どっちも下」の、さらに「下」ということは、かなり嘆かわしい扱いということになります。まずはその事実を受け止めましょう。
自分は、デリバリーマンコなのだと認めるのです。
「都合のいいオンナ」ではなく「デリバリーマンコ」! 
ババアとオバサンの違いみたいなものですよ。
オバサンという響きは、あまりにも生々しく、受け入れることができないゆえ、自らをババアと称する三十路女性をちょくちょく見かけます。
筆者は思うのです、それってババアという言葉に逃げているだけなのではないかと。
「都合のいいオンナ」という言葉に逃げず、デリバリーマンコと自称しましょう。女子会開催時も、「私って都合のいいオンナなのかな?」ではなく、「私ってデリバリーマンコなのかな?」で夜露死苦!

初級&中級の模範回答

 ここからは実践講座です。「今から来れる?」LINEを受け取ったら、どのように対応するべきでしょうか。
いきなり高いハードルを越えるのは難しいと思うので、まずは初級編。
「○○君がおいでよ」と、相手をデリバリーチンポ扱いするのです。自宅でくつろいでいたところ、ルームウェアから洋服に着替え、表に出てタクシーを拾い、降車時には数千円かかり、さらにコンビニに寄って差し入れの缶ビールを買っていくことにどれだけの労力がかかるか、知らしめる必要があります。

 中級編は、「行きたいけど、タクシー代がない(涙)」です。
デリバリーマンコ状態に甘んじている皆様は、なんだかんだで相手男性に魅力を感じているのでしょう。だからこそ、緊急呼び出しにもホイホイ駆けつけてしまうのでしょう。
その、「会いたい気持ち」を無理に消せだなんて、無慈悲なことは言いません。会いたいなら、ルームウェアから洋服に着替え、表に出てタクシーを拾い、デリバリーマンコすればええじゃないか!ただし!
タクシー代くらいは出してもらいましょうよ。
そうそう、コンビニで何か買って行く必要もないですからね。むしろ、男性宅に着いたら、「喉乾いたー、ビールある?」と、勝手に冷蔵庫を開けるくらいでちょうど良いのです。

お手本を見せるべし

 最後に上級編です。
上級編というか、昨晩筆者の元にも、久しぶりに「今から来れる?」LINEが届きまして!送り主は、先週書いた「今から行っていい?」LINEの送り主と同一人物です。つくづく阿呆なオトコですよ。
「今から行っていい?」LINEが、筆者には通用しなかったのですから、だったらそれよりも「上」の誘い方をするべきなのに、「下」の誘い方をしてくるなんて!

 というわけで、優しい筆者は、「上」の誘い方が何たるか、デモンストレーションしてあげちゃいましたよ。「先週も今週も、せっかく誘ってもらっているのに、合わせられなくてゴメンナサイ」と、心にも思っていない謝罪文を打つ筆者。続いて、「お詫びに、近々お寿司でも焼き肉でも、なんでもご馳走しますね」と。

 筆者が伝えたかったのは、「夜間にいきなり呼びつけてセックスを求めるのではなく、セックスに漕ぎ着けたいなら、メシに誘うなど工夫せよ」という女心でございます。
先方からは、「いやいや、こっちこそ毎回急に誘ってごめん」という返信が返ってきました。

 初級・中級・上級、いま現在のご自身に合った対処法をご活用くださいね。一人でも多くの女性が、デリバリーマンコを卒業できますよう、祈っております。

Text/菊池美佳子

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など

今月の特集

AMのこぼれ話