• sex
  • 2016.03.14

セックスするための場所なのに!ラブホテルにあるスキンケアグッズの存在意義

セックスのためにいそいそと行動することが多いのに、ラブホテルにフェイスパックがあるのって不思議…。 あの能面みたいな顔を男性に見せても大丈夫って皆さん思うものなんでしょうか?

アソコでもらえるスキンケアグッズ

菊池美佳子 セックス ヤリチン セフレ
©Fabrizio Monaco

 今日はホワイトデーですね。先月のバレンタインデー、結局誰にもチョコを贈らなかった分際で、「ホワイトデーに何が貰えるかしらん」とワクテカしている、図々しいにもほどがある筆者。

 いや、言い訳させてください。チョコレート自体は、イチオウ購入していたんですよ。筆者はロ○ズのポテトチップチョコレートが大好物でございまして! 毎年、本命だろうと義理だろうと、選ぶのは必ずロ○ズのポテトチップチョコと決めております。

 そんなこんなで今年も、オリジナル味とフロマージュ味とキャラメル味を購入していたのですが、渡すタイミングが合わず、結局3つ全部、筆者が食べました(注:一気食いではありませんからね)。

 誰にもチョコを贈らなかった筆者が、ホワイトデーにワクテカするには、れっきとした理由がございます。ホワイトデーの3日後が、筆者の誕生日なのですよ! 筆者宛の誕生日プレゼントは、AM編集部までお送りくださいませ。住所は東京都渋谷区……というのはアメリケンジョークで!

 話を戻します。3月14日って、ホワイトデーであると同時に、ほしのあきさんのお誕生日でもあるんですよね。なぜ筆者が、ほしのあきさんのお誕生日を記憶しているかと申しますと、同い年だからです。ほしのあきさんが39歳を迎えた3日後に、追うようにして39歳になる筆者!

 毎年、誕生日が近付くたびに、ほしのあきさんに思いを馳せ、「同い年とは思えんなぁ。神様のイジワルッ!」と、どうにもならない駄々をこねております。ほしのあきさんのようなお顔やオッパイになるのは不可能ですが、30代最後の1年ですし、スキンケアを頑張ることにしました。というわけで、さっそく化粧品売り場へGO! 最近は色んなスキンケア商品が出回っているのだなぁと感心しつつ、ふと筆者の目に止まったのは「フェイスパック」でした。

 そういえば私、フェイスパックを買ったことがない!

 フェイスパックをやったことがないわけではありません。フェイスパックを買ったことがなかったのです。では、どこでフェイスパックを入手していたかと申しますと、ラブホテルです!

フェイスパックで余韻に浸る

 ラブホテルって、「これでもかっ!」ってくらい、色んなスキンケアグッズが用意されていますよね。コットンだとか、あぶら取り紙だとか、綿棒だとか。でも、それらを使う女性って、ほとんどいないのでは? だってラブホテルには、セックスをするために行くのであって、スキンケアをするために行くわけじゃないです。

 殿方と二人きりの空間で、スキンケアに没頭するなど失礼の極み! そりゃ、乾燥肌の女性なら、お風呂上がりにちゃちゃっと化粧水をつけることはあるでしょうけど、さすがにフェイスパックまでしないでしょ?

 だのに何故、ラブホテル側はフェイスパックを常設しているのか?

 筆者にとっては、都市伝説レベルの謎でございます。そんなこんなで、ラブホテルのスキンケアグッズには一切手を出さない筆者なのですが。とあるチェックアウト時、男性から「せっかくだからフェイスパック持って帰ったら?」と提言されたことがありました。30代前半の頃だったでしょうか。

 元々スキンケアに無頓着な筆者は、フェイスパック処女でございました。三十を越えるまで、一度もフェイスパックやったことがなかったって、オンナ失格どころか、チ○ポが生えてくるレベルですよね。それはさておき、言われるがまま持ち帰り、自宅でフェイスパックを試したところ……すっげえ気持ち良い! セックスより気持ち良いとは言いませんが、肌が悦びの声をあげているという実感がありました。

 それ以来、ラブホテルを利用するたび、フェイスパックを持ち帰るようになった筆者。フェイスパックの良さを実感したのなら、自腹で購入せよとツッコミが入りそうですが、なにせ元がスキンケア無頓着キャラでございますからね。フェイスパックは、ラブホテルを利用した直後だけの「お楽しみ」という位置づけになったのです。

 先週、男性が泊まりに来た翌日、炭酸の抜けた缶チューハイを飲んで、「昨日セックスした余韻に浸る」という話を書きましたが、フェイスパックも然り。「昨夜の私はラブホテルでセックスしたのだなぁ」と、のっぺらぼうのような顔で余韻に浸るのです。

 そう考えると、30代最後の1年はスキンケアに力を入れると決意したものの、フェイスパックはラブホテル利用後だけでいいやと、手にとった50枚入り980円のフェイスパックを、そっと棚に戻したのでした。
追伸:そのぶんちゃんと、14000円の美白乳液買いましたからね!

Text/菊池美佳子

AM Answerが公式にオープン!

 友達とはシェアしづらい性や恋愛ネタを大喜利形式で話せる、AM Answerが公式にオープンしました!

 菊池美佳子さんにも
「セフレに言われた嬉しいひと言は?」
「酔っ払って送信した恥ずかしいLINEの内容は?」
「お相手のペニスを褒める際のキラーワードは?」
「男は年上に限る!」と再認識する瞬間は?
などお題を出して頂きました!ぜひ答えてみてくださいね!

【AM Answerはこちら!】

関連キーワード

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

AM調べ!全国の恋愛を大調査!!

皆さん、いま世の中の女性はどんな気持ちで恋愛しているのか、自分と同じ考えの人ってどれくらいいるのか考えたことありますか? そんな疑問に答えるため世の中の恋愛事情・セックス事情などがどうなっているか大調査を実施中。 素敵なプレゼントも差し上げているのでぜひアンケートに回答してください。

アンケートはこちら