• sex
  • 2016.01.25

「セックスはしても彼女ヅラにはイラッとくる」男友達をつくって残酷な男心を知ろう

男は残酷な生き物。それを知っておかないと恋愛で無駄に哀しい思いをさせられます。じゃあ、どうやって知ったらいいんでしょうか? 答えは男友達の恋愛話にあります。ほんとうに幸せになりたかったら、だいしゅきホールドで子供作ってる暇もせっせと肉じゃが作ってる暇もないんですって!

 セックス淑女の皆様、こんばんは! 今日は25日ですね。今日が、2016年最初の給料日という人も多いでしょう。1ヶ月間汗水流して働いた自分へのご褒美に、電マを新調するなり、出張ホストを呼ぶなり、出会いを求めて深夜の繁華街へ繰り出すための軍資金にするなり……いずれにせよ有効なお金の遣い方をしたいものですね。

 因みに筆者は、下着を買いに行く予定です。毎月、お給料日後に(正確に言うと原稿料の振込日で、20日だったり25日だったり31日だったり、バラバラなのですが)、下着を2組ずつ購入するのがMy恒例行事となっておりまして。下着はセックスの戦闘服ですからね。下着を新調すると、「早く誰かに見せたい!」と、セックス意欲が高まります。それなりにお金をかけることで、「スポーツジムの更衣室で同性に見せてもしゃーない。殿方に見せてこそなんぼ!」と、さらに情熱が漲ります。

一緒にお祝いやセックスをしても…

メイン2
©Sigfrid Lundberg

 給料日の話はこれくらいにして、1月最後のお題は、「○○作りのすゝめ」です。「子作り」ではありません。射精直前に男性の胴体をカニ挟みし、膣内発射を促す、通称・だいしゅきホールドなんぞやっても、そこに真の幸せはないでしょうから。また、「肉じゃが作り」などの料理系でもございません。料理の腕を磨くことは尊いですが、それが素敵セックスに直結するわけではないですからね。筆者が推奨したいのは、男友達作りです。

 筆者の男友達の中に、A君というキュートボーイがおります。ボーイといっても、もう三十半ばなんですけどね。ですがA君は、年齢を感じさせない可愛らしい顔をしています。童顔ってやつですね。それでいて、背は高いです。性格も良く、話も面白いです。仕事もできます。友人として、非常に「いいヤツ」です。

 A君は一人暮らしをしておりまして、そこにちょくちょく遊びに来る、B子ちゃんという女の子がおります。A君とB子ちゃんは、セックスをする関係です。セックスをするだけでなく、たとえばA君にとっての大きな仕事が終わった直後には、お祝いというニュアンスで、ちょっといいレストランへ食事に行くような関係性です。ですが二人は、付き合っているわけではありません。

 少し前にA君と飲んでいる際、B子ちゃんの話題が出ました。A君いわく、「ごくたまに、カノジョづらされることにイラッと来る」とのこと。筆者は、B子ちゃんとは面識がないうえ、A君と友人関係の立場ですから、その場ではA君に同調します。ですが腹の中では、カノジョづらしたくなるB子ちゃんの乙女心に激しく同意していました。

 家に出入りしてセックスをし、めでたいことがあれば共に祝う仲なのですから、そりゃB子ちゃんがカノジョづらしたくなるのも当然のこと。ましてや、A君にはほかに女性の影はありません。A君がヤリチンキャラで、B子ちゃんのほかに何人もの女性と交遊関係があるならまだしも、とりあえずはB子ちゃんが暫定1位のポジションなのですから。

男性を知ることで期待しない

「カノジョづらされることにイラッと来る」というA君の発言に、憤慨してらっしゃる人も多いでしょう。ですが、友人として肩を持つと、A君は本当に「いいヤツ」なのです。逆から考えると、どれだけ「いいヤツ」でも、自分が「セックス対象としては見られるが、恋人としては見られない女性」に対しては、こんなにも残酷な言葉が吐けるものなのだなぁと、痛感させられました。

 A君が特別残酷なわけではなく、人は誰でも、残酷な一面を持っているのだと思います。ポイントは、その残酷な一面を、「酷い!」と否定するのではなく、「人は誰でも、残酷な一面を持っている」という事実を、情報として認識すること。そのためにも、男友達の存在は必要不可欠なのです。A君という男友達がいたからこそ、筆者は「どれだけいいヤツでも、こういう一面もあるのだ」という実感が持てました。この学びがあったからこそ、筆者に対して異性として接近してくる男性たちを、「男とは所詮、残酷な生き物である」と、達観した姿勢で迎えることができるのだと思います。

 残酷発言に限らず、男友達を作ることで、男という生き物の生態系を知ることができます。そこで得た情報を、己の色恋にじゃんじゃん応用していくと、哀しい思いをさせられる機会がぐんと減りますよ。

Text/菊池美佳子

AM Answerが公式にオープン!

 友達とはシェアしづらい性や恋愛ネタを大喜利形式で話せる、AM Answerが公式にオープンしました!

 菊池美佳子さんにも
「セフレに言われた嬉しいひと言は?」
「酔っ払って送信した恥ずかしいLINEの内容は?」
「お相手のペニスを褒める際のキラーワードは?」
「男は年上に限る!」と再認識する瞬間は?
などお題を出して頂きました!ぜひ答えてみてくださいね!

【AM Answerはこちら!】    

ライタープロフィール

菊池美佳子
文筆業・占い師。著書『着けちゃうぞ!大人の保健体育』『テレフォンセックス裏物語』『Sの妹Mの彼女』など

今月の特集

AMのこぼれ話

アンケート

AM読者の金銭感覚を調査中!

20代~30代のみなさん、自身の収入を何に使っていますか?交際費、美容、趣味…などなど女性が一番お金をかけているものは何なのでしょうか!?ぜひご意見聞かせてください!

アンケートはこちら